もの書きチーム「ふみ屋」の作品をご紹介!

源内TOP

源内妖変図譜  

原作:大沼弘幸・わたなべぢゅんいち  

脚本:大沼弘幸  

 2005年と2006年に発売されたCDドラマシリーズの台本――ではあるのですが、実は1993年と1994年にメディアワークス刊の電撃文庫で発売された「大江戸乱学事始」シリーズ「源内化け猫暴き」と「おいてけ堀の怪」のストレートな続編だったりします。
 実生活の上では10数年の時を経て書かれた続編なのですが、物語の中では2年しか時間が経過していません。
 CDドラマだけを聞いても充分内容は理解できるように書かれていますが、「おいてけ堀の怪」のゲスト主役だった日和がこのCDドラマ版では源内グループの一員としてレギュラーメンバー化しているなど、小説のほうを知っているとより楽しめる構成になっています。

雷電霹靂の夜  


わたなべぢゅんいちについて  


[check]「大江戸乱学事始」シリーズ
 小説版のほうも機会があればぜひともお読みいただきたいと思います。

powered by Quick Homepage Maker 3.30
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional