もの書きチーム「ふみ屋」の作品をご紹介!

バスポリ11-3

バスターポリス 百花繚乱!  

第11話 決意の銃弾  

ACT 3  

(ME)テーマ曲、盛り上がってから、FO。

小桃「葵、まだ部屋から出てこない?」
瞳「うん。今も声かけてきたんだけど、返事はなかった」
小桃「そりゃ、ショックだよね。模擬戦闘が得意な葵が、ゼロポイントだったんだから」
瞳「そうだよなー」
小桃「しかも、よりによってゴンに倒されちゃったわけでしょ。あたしだって、ゴンに撃たれたらショックだもん」
ゴン「どういう意味よ、それ!」
小桃「ましてや、射撃の腕はバスターポリス候補生の中でナンバーワンっていう葵だもんね。熱出して寝込むぐらいですめば、めっけもんよ。ったく、なんてことするのよ、ゴン!」
ゴン「だってー、しょうがないじゃない! 狙って撃ったわけじゃないし」
瞳「狙わなかったからこそ、当たったわけだけどね」
小桃「明日も別パターンの模擬戦闘なんでしょ。葵、大丈夫かな?」
瞳「葵のことだから、このまま部屋にこもりっ放しってことはないと思うんだけどね……」

(ME)緊迫感に満ちたブリッジ。

九十九教官「本日の模擬戦闘訓練は、チーム単位で行動し、メンバー同士が協力し合いながら敵と戦うというものだ。敵は、他のチーム、及び、わたしだ。わたしは手強いぞ。一切容赦しないからな。そのつもりで行動しろ」
小桃「ウワッ! 九十九教官が敵になるんだ!」
ゴン「絶対にかないっこないよ! チラッとでも姿が見えたら、すぐに逃げよ」
瞳「最初から、そんなこと言っててどうするの! たとえ九十九教官でも、真正面からぶち当たっていく覚悟がなくちゃ! ね、そうでしょ、葵」
葵「(暗い声で)う、うん」
九十九教官「よし、それでは訓練開始だ! 全員、即座に移動せよ!」

(SE)草をかき分けて進む。

瞳「もう! ゴンと小桃、また遅れてるんだから! (葵に)あんまり気にするなよ、葵。ゴンに撃たれたことなんて」
葵「ううん、それはいいの。ゴンに撃たれたのは、戦闘中によけいなことを考えてたわたしが悪いんだから」
瞳「だったら……」
葵「わたしが気にしてるのは、別のこと。実を言うとね」
瞳「うん」
葵「わたし、あのとき、引き金がどうしても引けなかったの。何度も瞳を撃とうとしたんだけど、どうしても撃てなかった……」
瞳「それで、反撃してこなかったのか。でも、どうして……?」
葵「わかんない、自分でも。考えられるとすれば、瞳が仲間だから……」
瞳「仲間だから撃てなかった……!?」
葵「わたしは今まで、仲間と呼べる存在がいなかった。だから、平気で銃が撃てていたのかもしれない。でも、バスポリ養成所に入って、瞳、ゴン、小桃っていう仲間ができた。自分にとっては初めての大切な仲間だから、心の奥底で引き金を引くことを拒絶してるのかもしれない」
瞳「そうか……。でもさ、それなら、問題ないよ。昨日みたいな模擬戦闘ならともかく、実際の戦闘で、わたしやゴンや小桃に銃を向けるってことは絶対にありえないんだからね」
葵「そうだよね。わたしが瞳たちを撃つことなんて、絶対にあるはずないよね!」

(SE)ガサガサ!

瞳「ウグッ!」
葵「瞳!」
九十九教官「フッ。話に夢中になって、周囲に注意を向けるのを怠っていたようだな。動くな、瞳! ヘタに抵抗すると腕が折れるぞ!」
瞳「イテテテ……」
九十九教官「さすがだな、葵。一瞬にして銃を構えたか。だが、おまえが引き金を引く前に、わたしは瞳の頭に突きつけたこの銃の引き金を引くぞ。さあ、どうする。銃を捨てるか、それとも、わたしを狙ってみるか」
葵(M)「クッ! さすが、九十九教官! 人質に取った瞳の身体で、自分の急所をすべてカバーしている。これじゃ、瞳に当たらないように、教官を撃つことはできない。といって、一撃で仕留めなければ、瞳は殺されてしまうし。どうすればいい? どうすれば……」

(ME)緊迫した音楽、盛り上がってから、FO。



powered by Quick Homepage Maker 3.30
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional