はじめに

YOUNGMAN鯖では5月より隔週金曜日LeMans Series 8th Seasonと題したシリーズ戦を行います
一応シリーズ戦という形をとってはいますがマナーを守って走れる方ならどなたでも大歓迎です(^^
なお、今回は有志の皆様から頂いたチームスキンパックver1.2を使いますのでお忘れなく導入をお願いします。
                                                                                                                                                    y-kaku

使用するカーMOD

  rFactor :v1.255Fを使用
 MOD: Endurance Series SP1.1 クラスALL + ES_NewTeamsPack 1.2  2/9リリース!
        +GT2コルベットMOD & P2ローラMOD & Panoz MOD +α

 
導入については以下をご覧ください。
  http://www6.atpages.jp/repg/lms_series.htm


サーバ設定
・火曜日のレース終了後〜レース当日まで1日中建っていますのでお気軽に練習してください。
・本番のプラクティスに入る10分前に一旦サーバを落とし、事前に告知した設定どおりにして再起動します。

Tire :  x 2 ←注意
Fuel :  x 2 ←注意
Mech Failures :  Normal
Flag Rule :  Black Only 
Damage :  30% ←注意
レース開始時刻:  Roundによって変更します。
時間経過 :  x10
Server :  YOUNGMAN Japan / パスワード 光をローマ字で入力
アシスト :  TCS(3), ABS(無), AT, Clutch
予選

・GTクラス 10分間 → Pクラス 10分間
・鯖は25分間で建てます。最後の5分間は遅れてJOINされた方のための1アタック枠です。

スタート方式: セルフ式ローリング
・鯖はスタンディングの設定で建てます。先頭は最高110km/h程度で走行お願いします。
・後続は出来る限り2列縦隊で走行してください。
フィニッシュラインまで目測5車身〜フィニッシュラインまでの好きなタイミング
で先頭の車は 加速可能とします。
(レース開始のイニシアチブを握る意味)
2位以降の車は自車がフィニッシュラインを超えるまでは1つ順位が上のマシン(斜め前)の追い抜き・ 追い越しは禁止です。(事故の場合はこの限りではありません)
・当然のことながら最終コーナーを全開で立ち上がるのはNGです!

PクラスとGTクラスはスタートのタイミングをある程度ずらすようにしてください。GTクラスPPの方は車間調整をよろしくお願いします。
その他ルール: 周回遅れの車に Blue Flag が振られることがありますがドライバーに注意を促すのみでペナルティが科されることはありません。
また、速度差の大きい周回遅れへの適度なパッシング(ライトのON/OFF)は行って構いません。
P1/P2クラスの方が予選でミスしたりアタックできなかった場合
後方でGTクラスに挟まれたり最後尾に配置されますがGTクラスのバトルの邪魔をしてしまうことになりかねません。
ローリング周でGTクラスの方は後ろにいるPクラスの方を安全に先に行かせる様に協力してください (ただしPクラスの方がスピン等ですぐに戻ってこれない場合はこの限りではありません)
 P1/P2クラスでアタックをミスした方はPクラス(総合)の最後尾まで上がっていただきそこからローリングを継続してください。
 

☆強制ピットストップルールです。
2周目(ローリング1ラップ→レース1ラップ目の直前まで消化)以降に必ず1回以上「ピットストップ」をしてください
・ピットでの作業は任意で行ってください(給油・タイヤ交換・修理はしなくてもOK)
・ピットスルーではダメです

レース開催スケジュール
5月13日(金)開幕戦を開催します。
以降は 隔週金曜日 22:30〜サーバオープンとなります。
☆6/10にルマン2.4時間耐久レースを開催する予定のためRound3は翌週に開催となります。

・全6ラウンドで開催します。 レースは45分間です。
※トップのクルマが45分を超えてフィニッシュラインをまたいだラップがファイナルラップとなります。そのタイミングによっては走行時間が多少増える可能性があります。燃料切れにはくれぐれもご注意ください。 

・プラクティスはサーバオープンより40分間とし、23:10頃から25分間の予選を行います。
 その後5分間のウォームアップを挟み、23:40頃からレースを開始します。
 
予選について
・予選は最大で2アタックです。※INLAP→ATTACK1→ATTACK2→OUTLAP(省略可)とした場合
GTクラスが先にアタックし、10分後にPクラスがアタックしてください。規定の時間が過ぎたときにアタックに入っている場合は有効となります。
・画面にチェッカーフラッグマークが出てから1周してしまうとDQになってしまいます。
INLAP中にESCでピットに戻ってしまうとLAPがカウントされて1度もアタックできない可能性がありますので注意してください。
・アタックしている間はライトを付けておくと他車にアピールできていいかもです。(強制ではありません)


クラス違いのマシンのブロックについて

【対象マシンと同一周回のとき】
  P1 と   P2クラス同士 のブロックOK!

GT1 と GT2クラス同士 のブロックOK!

【全クラス必読!】
GTクラスがPクラスに抜かれる場合のそれぞれの心得以下の点に注意しながら走行してください!
  Pクラスの心得  
   「GTクラスが進路を譲ることを前提にして走ること無く、車のパフォーマンスと自らのテクニックで抜いていくこと

   なお、GTクラス同士が直接バトルしている最中にオーバーテイクする場合は細心の注意を払ってください。
  GTクラスの心得
   
Pクラスにスムーズに抜かれるために
   
「微妙にアクセルを緩めたり、コーナーでインを開けて相手に飛び込みやすくする程度でOK。GTクラス同士が直接バトルしている場合はそちら優先」


・コースによって安全に抜ける場所(長い直線など)・抜くのが困難な箇所があります。Pクラスで走る経験の少ない方は上級者がGTクラスをどこで抜くか・どこで我慢しているかを参考にしていただき、強引なオーバーテイクは極力しないようにお願いします。

・ラップダウン自体もオーバーテイク(レース)であり、無理にレコードラインを譲る必要はありません。(それでも上手くラップダウンされなかったならそれは仕方ないことです)

・PクラスがGTをラップダウンするのに手間取れば不利になりますが無理は禁物です。混走レースで全員が同じ条件なので運不運はレースの一部として受け入れましょう。

・・初級者やGTクラスはコース外に待避し自分のレースを捨ててまで譲る必要はありません。 上手くラップダウンされる自信がなければ急激なライン変更をしないでレコードラインを安全に走行しましょう。

*Pクラスに不利なことばかりですが、前方が見える追い越し側に注意してもらいたいと思います。
  
 
【ブルーフラッグが出た場合】
 レコードラインを開けて速やかに先に行ってもらうこと。


その他注意事項
・レース参加の前に最低1周はコースアウトせずに走行できるように練習しておいてください。
・レースに参加しているプレイヤーの大多数が不快に感じると思われるチャットを入れた時点で鯖缶が問答無用でBANします。不適切な発言は慎みましょう。厳しいと思われるかもしれませんが大多数の皆様が気持ちよく楽しめるための措置ですのでどうぞご理解くださいませ。
・ピットスルーorストップペナの消化や給油などピットでの作業は可能です。
・ゴール時に「手荒い歓迎」で大暴れをしてコースやピット周辺を逆走してしまうと失格扱いになってしまう可能性があります。(ほどほどにお願いしますw)
・各ラウンドのプラクティス時に致命的な問題(鯖FPS落ちなど)が発生した場合は前ラウンドと同じ設定でもう一度開催し、該当ラウンドはキャンセルとします。

コース・カーMODのバージョンアップについて
・レース当日の18時ごろまでにアップデートがあった場合は該当コース・カーMOD共に最新版を使用します。

開催スケジュール & チャンピオンシップ・ポイント
 こちらをご覧下さい。
・チャンピオンシップポイントは以下の計算を基にしてドライバーズポイントを出します。
クラス別ポイントはyashimaさんが集計してくださるそうです。THXです!
レースごとにクラスや車種を変えても問題ありません。また、好きな車種にこだわり続けるのもGoodだと思います。
・ポイントは一応つけますがそれにこだわりすぎず楽しくクールなバトルができればOKと考えています。
[より速いクラス] P1 > P2 > GT1 > GT2  [より遅いクラス]  という前提でボーナスポイントをつけました。
・全車種総合でのレース結果が24位以内の場合、その順位に応じた「車種別ポイント」が獲得できます。 ※車種毎の順位ではありません。
・全6戦でもっとも獲得したポイントの多かったドライバーがドライバーズチャンピオン となります。

P1&P2クラスのポイントについて
GTクラストップのマシンより後ろでフィニッシュした場合、該当順位のポイントは獲得できないものとします。
極端な例を挙げると仮にGTクラスのマシンが総合優勝した場合、Pクラスのポイントはすべてノーポイントとなります。
※上記に該当するケースがある場合でも空位となった順位を詰めることはしません。

例)優勝 P1クラス / 2位 P2クラス / 3位 GT2クラス / 4位 P2クラス / 5位 GT1クラス  の場合、獲得ポイントは下の表に当てはめると次のようになります。
       24 ポイント   /  25  ポイント  /  34  ポイント   /  0ポイント      / 28ポイント 

ドライバーズポイント表
出場するクラスにより獲得できるポイントが異なります。

P1
順位 獲得ポイント Bonus
優勝 24ポイント 0
2位 23ポイント 0
3位 22ポイント 0
4位 21ポイント 0
5位 20ポイント 0
6位 19ポイント 0
7位 18ポイント 0
8位 17ポイント 0
9位 16ポイント 0
10位 15ポイント 0
11位 14ポイント 0
12位 13ポイント 0
13位 12ポイント 0
14位 11ポイント 0
15位 10ポイント 0
16位  9ポイント 0
17位  8ポイント 0
18位  7ポイント 0
19位  6ポイント 0
20位  5ポイント 0
21位  4ポイント 0
22位  3ポイント 0
23位  2ポイント 0
24位  1ポイント 0
25位以下&DNF  0ポイント  
P2
順位 獲得ポイント Bonus
優勝 27ポイント +3
2位 26ポイント +3
3位 25ポイント +3
4位 24ポイント +3
5位 23ポイント +3
6位 22ポイント +3
7位 21ポイント +3
8位 20ポイント +3
9位 19ポイント +3
10位 18ポイント +3
11位 17ポイント +3
12位 16ポイント +3
13位 15ポイント +3
14位 14ポイント +3
15位 13ポイント +3
16位 12ポイント +3
17位 11ポイント +3
18位 10ポイント +3
19位  9ポイント +3
20位  8ポイント +3
21位  7ポイント +3
22位  6ポイント +3
23位  5ポイント +3
24位  4ポイント +3
25位以下&DNF  0ポイント  
GT1
順位 獲得ポイント Bonus
優勝 32ポイント +8
2位 31ポイント +8
3位 30ポイント +8
4位 29ポイント +8
5位 28ポイント +8
6位 27ポイント +8
7位 26ポイント +8
8位 25ポイント +8
9位 24ポイント +8
10位 23ポイント +8
11位 22ポイント +8
12位 21ポイント +8
13位 20ポイント +8
14位 19ポイント +8
15位 18ポイント +8
16位 17ポイント +8
17位 16ポイント +8
18位 15ポイント +8
19位 14ポイント +8
20位 13ポイント +8
21位 12ポイント +8
22位 11ポイント +8
23位 10ポイント +8
24位  9ポイント +8
25位以下&DNF  0ポイント  
GT2
順位 獲得ポイント Bonus
優勝 36ポイント +12
2位 35ポイント +12
3位 34ポイント +12
4位 33ポイント +12
5位 32ポイント +12
6位 31ポイント +12
7位 30ポイント +12
8位 29ポイント +12
9位 28ポイント +12
10位 27ポイント +12
11位 26ポイント +12
12位 25ポイント +12
13位 24ポイント +12
14位 23ポイント +12
15位 22ポイント +12
16位 21ポイント +12
17位 20ポイント +12
18位 19ポイント +12
19位 18ポイント +12
20位 17ポイント +12
21位 16ポイント +12
22位 15ポイント +12
23位 14ポイント +12
24位 13ポイント +12
25位以下&DNF  0ポイント  


参考:イン側における縁石付近の走行についてのy-kaku的見解
下記に反した行動だからといって非難されたり主催者がペナをつけるというわけではありません。あくまでrFactorのカットペナルティ判定に従ってください。

Q1 イン側の縁石が広い場合は四輪とも縁石に乗っても良いですか?
 A1 車幅以上の縁石ということですね?そういう状況があれば全部タイヤを乗せると思いますのでOKだと思います。

Q2 イン側の縁石幅が狭い場合、コース内の前後2輪がアスファルト上に残れば他の前後輪は縁石外のダートにはみ出ても良いですか?
 A2 自分はあまりしませんがOKではないでしょうか。

Q3 コース内の前後2輪が縁石上に残っていれば他の前後輪は縁石外の硬質マットに乗っても良いですか?
 A3 前後2輪をアスファルトに残そうと努力していますがこの状況になってしまうことも多いのでこれはグレーですかね(^^;

Q4 極端な走り方をすれば全車輪が硬質マット上に出る事も可能ですが?
 A4 これはNGだと思います。

Q5 コース内の前後2輪が縁石上に残っていれば他の前後輪は縁石外の芝やダートに出ても良い。
 A5 これもNGだと思います。

そのほか何かご意見はありますか?
・アウト側に関しては硬質マットはコースと同じように使ってもOKだと思います。
・不測の事態で大幅にカットしてしまった場合は速度を緩めるなどの配慮が必要じゃないかなとも思います。(ピットペナがつかない場合)

カウンター