ラオス旅行記

トップページ -> ラオス旅行記 -> ラオス世界遺産

チャムパサクの文化的景観の中にあるワット・プーおよび関連する古代居住地

ワット・プー本殿

本殿からの眺め

本殿に刻まれた女性像

概略

アンコール・ワットを建設したアンコール朝が12世紀に建造した寺院。
現在は仏像が飾ってあるが元はバラモン教寺院であった。

登録:2001年 分類:文化遺産 (iii) (iv) (vi)

個人的な感想

チャンパーサック村からオンボロ自転車で田舎道を走る事約40分、やっと到着する。
のどかな所。
遺跡の保存状態は悪い。
しかし、所々にあるレリーフはなかなかである。
現在修復工事中なので少しずつ良くなる事を期待したい。

トップページ -> ラオス旅行記 -> ラオス世界遺産