盛岡のキハ52

撮影日:2006年3日28月〜2007年3月16日


山田線上米内駅

52のみで重連を組むことも日常的な風景でした。
1段式の窓に改造されているのが盛岡車の特徴です。


盛岡駅花輪線直通(?)

4両という長めの編成で来ることもありました。


IGRとの並び

IGR/花輪線の改札は独立していましたが車両の並び自体はよく見られました。
IGR開業以前は山田線専用だったらしいです。


松尾八幡平駅

春も近いこの日は爽やかな青空に包まれていました。
対向列車がやってくるまでのしばらくの間、撮影に興じました。


大館駅

いかにも鉄道の街といったところです。
当時は小坂鉄道もありましたが、時間が合わず諦めました。


鹿角花輪駅

交換待ちの時間は長めに取ってあるようでローカル線らしさを感じさせます。


IGRとの並びその2

雪がちらつくこの日も定刻でやってきました。


キハ58(盛)+キハ52(盛)

やはり別形式なので屋根の高さも違いますし、他にもいろいろな差を見つけることができます。


東北本線運用

一部の列車は間合い運用として盛岡以南への運転もしていました。
列車番号から気動車であることは分かりますがキハ110もいたので注意が必要でした。


Copyright(C) 2008 終端駅 -terminal-. All rights reserved.