Back to motorcycle


2009.9.5-6 野反湖でキャンプ

第1日目

第2日目へ

ちょっと突発気味に。
ニトロちゃん[email protected]君,濱ちゃんと。

Yahoo!ドライブでルートを見る


気温は20℃程と,気持ちよい。

5:11,出発でごんす。

 

白い道>K47>K46

海老名にて。
写真に写る電車は相模線です。JRです。単線です。

 

K46>K51>白い道

K51から座架依大橋までは,(ツーマ上で)白い道をゆきます。
もっと良いルートがありそうなもんだけど,途中出ている看板に従って,なんとなくいつもこれ。

相模川の向こうに丹沢山塊。
(デジカメのCCDにホコリが乗っているのか,画像に黒いシミができるなぁ。)

 

白い道>K42>(座架依大橋)>R129

厚木方面から八王子方面へ,神奈川県の中央を南北に射抜く様に通じるR129はなんの面白みもない道ですが,まぁ,そういう道が便利な道である場合も多々あるわけで。

つべこべ言わず淡々と行きますよ。

 

R129>八王子BP>R16>(拝島)>R16>K44>K28

八王子BPは250円だったっけ?
昔,某Fと北海道を目指して走っていたときに,この料金所で財布にしまっていた大切な金券(ビール券)を風で飛ばされて悔しい思いをしたのを思いだした。

R16拝島付近,大きな橋(拝島橋)の上で,緑と白(だったと思う)の小さなカラー・コーンと,黒いコードの付いた灰色の小箱2つをしっかり見つけられたのにもかかわらず,一瞬減速が間に合わなかった…。ちょっとボーッとしてたな。

速度は並。でも車列先頭を切っていたから,まぁ,それなりの速度。規制+20程か。
そばに立ってた「私服のおじさん」とバシバシッと目があったけど,まだ光電ビーム発射前だったらしく,未測定セーフだった模様。軽〜く冷や汗かいた。

早起きは三文の徳とはよく言ったもので…。

青梅街道を横切りったら,米軍横田基地(福生)から北西へ進路をとり,県道を飯能方面へ。

 

K28>K70(チョイ)>白い道>R299

チョイ早めだけど,集合前に給油しときます。

14.7km/L 燃費悪いのぅ。

待ち合わせ場所は東吾野のサンクス。

おにぎり食べ終わった頃,予定通りニトロちゃん登場。
(いえ,ま,モーニングコールを入れておいたのですけれども。)

二日酔いは大丈夫?
今日は良い天気だね〜。

しばらくして[email protected]君登場。(お初にお目にかかります)

うわー,他のGPZ900Rと走るの(自車がGPZ900Rとなってからは)初めてだよ。

またしばらくして,濱ちゃん[email protected]君のお友達)も登場!
濱ちゃんのバイクのGPZ900Rは故障中(フロントフォークオイル漏れ)とのことで,奥さん所有車のホンダFTRで参加。

この雑多なバイクの停め方がなんともイイ感じ(笑)。

んだば,行きますか。

 

R299

 

R299>奥武蔵グリーンライン

R299の流れがイマイチで,後ろを走るニトロちゃんにハンドサインで,

shin:「右折してグリーンラインで行く?」 と問えば,

nitro:(右手を出して)「いきましょー!!」

とのこと。

んじゃ,さっそくの変態ルート,グリーンラインで。
排気量225ccの濱ちゃんはグリーンラインで隊列から離脱した模様。

(後で問えばニトロちゃんの右手挙げは,「え?右?!」という疑問形のサインだったそうで…許してちょんまげ。)

奥武蔵グリーンライン>(芦ヶ久保)>R299>白い道>R140>K209

秩父の街は暑かった。

 

K209>K43>K209

二日酔いで寝不足らしいニトロちゃんは信号待ちでさっそく居眠り。さすがに睡眠してはいないと思うけど…。
ピッ!と警笛を鳴らすと「ビクッ!」として面白い。

 

K209>R299

んで,なぜかオイル消費の激しいニトロ号にオイルを補給するべく,R299沿いのホムセンへ。

SJ級,10W-40のモーターサイクル用エンジンオイル1L(emitブランド)を入手してご満悦のニトロさん。
Zep750は丸々一本1Lを綺麗に飲み込んでやっとオイルレベルが出た。(笑)

R299>K37>K71

K71は好きな道。
[email protected]さん速くて,付いていくのが大変。
というか,付いていけない(笑)。

晴れたな〜。

セーフティーにビュンビュン行きます。

まだ夏,かな。

グリコのポーズのニトロちゃん。

 

K71>R462

R462も快調。
行楽車は主要国道に流れているらしい。一本入り込んだ道を行けば,快適至極。

もうじきR299との合流。
この辺りは視界が広く開けている割に山の存在感が大きく,バイクで走っていると「移動感」が大きい。

 

 

R462>R299

各人バイクにカメラが付いていたり,写真をパシャパシャ撮ったりする人たちなので,時々前後のポジションチェンジなどしつつ。

秩父から下仁田方面へ。

 

R299>K45

外車っぽくてスポーツカーっぽい車が前に。
マッハ1?とエンブレムが付いている。後で調べてみたら,70年前後のフォードのマスタングらしい。

下仁田をダラッと。

下仁田の街では給油のワン・ストップ。

ニトロちゃんは謎の電話作業中。

 

K45>R254

妙義山方面へ。

 

R254>K51

国道を外れて県道。

 

K51>K196

どことなく秋の気配だなぁ。暑いけど。

ホイホイホイ!

妙義山のてっぺんパーキングに到着。

ここで後続してるはずの濱ちゃんと待ち合わせの段取り。

待ち時間でニトロちゃんはキャブレーターのスロージェット交換。
[email protected]君は煎餅菓子を食い,自分はパピコ(氷菓子)を食う。

んで,さっそく記念写真。

しばらく木陰でくつろいでいたら,スパパパパパー!と軽快な単気筒バイクの近づく音。
お!さっそく濱ちゃん到着?!と思って道に注目。しかしオレンジ色のガソリンタンクのそのバイクはキョロキョロと左右を見渡しつつ「トトトトトー!」と軽快な音と共に通り過ぎてしまった!(笑)

ありゃ,通り過ぎちゃったの[email protected]君が携帯電話でメール&通話。
どうやら麓の道の駅まで行ってしまったよう。んじゃそこで落ち合おう!ってんでのんびりと出発。

荷物が重いな〜。

[email protected]君と妙義山。

なんとも変わった形のお山です。

「道の駅みょうぎ」にて濱ちゃんと無事合流。

ここで昼食とした。
(月見蕎麦を食ったんだけど,写真取り忘れた。普通に旨かった。)

 

K196

またしばらく4台で。
先頭から,ニトロちゃん(銀ヘル),濱ちゃん(白ヘル)[email protected]君(黒ヘル)。

 

K196>K51

下仁田IC付近。

 

K51>R18(チョイ)>K33

相変わらずR18からK33へ入る路地が分かり難く,ちょっと通り過ぎてUターン。皆さんゴメン。

てか,ニトロちゃんの撮ってくれた写真を良く見ると…,ここ右折禁止なのね。
Uターンで正解,か。

K33も好きな道。
コンディション良く軽快に走行できたためか,以前より短く感じた。

途中,工事規制の信号待ちにて。

地蔵峠でミニ・ストップ。

後続の濱ちゃんをカメラに納めようと,全員でパパラッチ!!

地蔵峠。

(注:パノラマ写真,サイズ大。クリック後,横スクロールで雰囲気でます。)

K33>R406

倉渕でR406に。
ちょっと早めだけど,本日最後になるであろう給油〜。

14.9km/L

R406に飛び乗ろうと狙いを定める濱ちゃん。

午後の日差しの中を行きます。

この辺,地味に良い所だよなぁ。

流れも良し。眠くなりそうでならない,絶妙な感じ。

緑とも黄色ともつかない,穂が色づく前の美しい田んぼを横目に行きます。

草津街道をサクサクと。

スムースに。

[email protected]君,まってくれぇ〜。

峠を越えると草津口へ出る。

八ツ場ダム関連施設の一つであろう,見事な二連橋を渡る。

ニトロちゃんは眠たそう。

R406>R145(チョイ)>R292

草津口から六合村方面へ。
ダンプとその荷台からの落とし物多し。

山深くなってまいりました。

夕立などにも軽く見舞われつつ。

「道の駅六合」で濱ちゃんと再び合流して,小休止。
少し国道を草津口側へ戻ったところにあるAコープへ買い出しへ出掛ける。

晩飯,何にする?

Aコープの少し下にある酒屋にてビール等も調達。
目的地野反湖を目指す。

 

R292>R405

勾配はそれほどきつくないけど,ずーっと登り。

待ってくれ〜〜。(笑)

六合村から20Km弱は走ったかな?
野反湖に到着。

ちょっと雲多いねぇ。

湖畔でミニストップ。

ここで各人がオートバイをとっかえっこ。
自分はニトロ号に乗車。

野反湖。

野反湖キャンプ場に到着。

テント一張1300円,入場料300円,合計1600円@各人というのは,単純に高いのもそうだけど,各々バイクに自分の寝床を積んで走ってくるツーリングライダーには嬉しくないシステム。
所場代節約のために,4人用テントに4人寝ようか?などというバカなアイデアもあったけど,「それを強いられるぐらいなら1300円払うのは惜しくない!」という至極真っ当な意見が出た。

(ここらのキャンプ場の所場代は総じて高いようで,志賀高原方面まで出た方が安いみたい。)

ここはテントサイト付近への車両の乗り入れが禁じられているので,駐車場からはリヤカーで移動。

肩の荷が降りたバイク達。
ここから荷物は人力で運びます。10分ぐらい。ちょっと汗をかく。

サイトに到着して,さっそく幕営。

[email protected]テント

濱テント

shinハウス

日が暮れて,夕食。

晩飯はロコモコ!(ただし,温泉卵を欠く。)
これはお手軽で美味いな〜!

[email protected]君はイス中心の生活。彼が使用するイスは,ディレクターチェア型のドリンクホルダーまで付いてる大型で立派なもの。

着替えも食事も,全てイスの上。
そのうちイスに屋根を付けて,テント持たずにキャンプするんじゃないか?という勢い。
よって,2009年ベスト・チェアーイストに勝手に選定。

濱ちゃんはノン・アルコール主義。そしてこの日一番美味い飯を炊いたベスト・ハンゴーイスト。
ホント,米を生かすも殺すも焚き手だよなぁ。(反省)

食後は焼きソーセージなどをつまみつつ。

冷えてきた。

自分のキャンドルランタン。きっと使っているキャンドルが悪いのだろう。芯が短いため炎が小さく,とてもとても暗い。
うーむ,無印良品製もイマイチじゃ。なかなかこれといったキャンドルに巡り会わない。
やっぱ1個100円ぐらいのじゃなきゃダメか。でも専用品は高くてね。

Kt@君と濱ちゃんのオイルド・キャンドル・ランタン。安定してるし炎のサイズも調整できるそうで。
これ,良いね〜。

さて,日没頃からグッと冷えてきて,しっとりと露に濡れるような日だったんだけど,ビールの軽やかな酔いが引けてくると同時に,さらに寒さを感じるようになってきた。
パーカーの上にダウンベストを羽織ってたんだけど,それでもつい「寒〜」という声が出る感じ。

就寝前,人の寝床の工夫が気になります。

[email protected]君,ダウンハガーだ!いいなー!とか言ってる,の図。

雲が出てしまったため,満月の夜の割に辺りは暗かった。

寝支度の後,チョロッとウイスキーでトドメを刺して,22時頃就寝。

おやすみなさい。

 

本日の走行:不明(記録忘れ。だいたい300kmぐらい?)
平均速度:不明


第2日目へ


Back to motorcycle