Back to motorcycle


2009.3.28 富士宮〜甲府周遊

高速道路の休日1000円の初日の日。
富士宮神社に参拝した後に中央道で名古屋へ帰るというプランのがらさんと。富士宮から甲府までをデュオで。

数日前まで暖かかった陽気が後戻りしちゃって,少し寒さの戻った一日でした。

2008.3.28作成

Yahoo!ドライブでルートを見る

待ち合わせは,富士宮の浅間大社に朝8時。

5時には動き出したいと思っていたけど,ちょっと遅れて5:13分。
出発でごんす。

冬型の気圧配置となり寒気が入った。
出発時の気温は7度。(あとから思えば,このぐらいは暖かい方だった)


R134>西湘BP無料区間>大磯西IC>R1>K709>やまゆりライン

自分の定番コース(R246用)で。
空はすっかり白んだけど,なんだか雲が多いね。暖かくなると良いんだけど。

写真,一番高い峰は丹沢山塊の顔,大山。

ここらでは桜(山桜?)がほぼ満開だった。
やまゆりライン展望広場付近。


やまゆりライン>K77>R246>R469

ハンカバ付けてるから寒さはそれほど堪えるということはないんだけど,これだけ冷え込みが強いと路面の状態が常に気になる。
御殿場から富士宮市街へは富士山スカイラインで行けば一本だけど,富士山スカイラインは1500メートル級の高所を通る道路。さすがに今朝はヤバそうだ,ということで御殿場からも国道を選択。それでも塩カルが頼りという状態。

バックミラーに,朝日に輝く雲をまとった箱根山塊が綺麗だったので,コンビニでパンとコーヒー。
それと,手ぬぐいを忘れてきたのでハンドタオルを300円ほどで購入。

ここまで車列の最後尾で淡々と。気温は,手元の温度計で1℃。ということは,すなわち,実勢は氷点下ということ。
道理で,途中チラチラと雪が舞っていた。

停車して地図チェック。

手前の交差点の道はK72。富士IC.へ至る。
奥の交差点が,これから進むべきK158。


R469>K158

標高を下げるにつれて寒さが緩んでくるのが嬉しい。
眼下に富士宮の街が見えてきたよ〜。


K158>K397>R139(チョイ)>K76

7:30
富士宮神社に到着ナリ!

がらさんは既着。相変わらずこの人は朝が早い(笑)。

到着後,電装系の補修を試みていたそう。

ここは有料駐車場らしく,係りのおばちゃんに「あっちに停めてチョ」というようなことを言われ,後に移動。

がらさんからお土産を頂いてしまいました!
これがほんとの名古屋銘菓だそう。『ういろ』と『ないろ』!!
ありがとうございます!

自分は手ぶらできました…。恐縮です,あいすいません。

K180

参拝のため,西門まで移動しました。


がらさん,一家の主の真剣なる祈祷。

境内の桜。

お札を求めて。
これを家に持ち帰るのが,がらさんの本日一番の目的。

バイクは西門で待つ。


K180>K76

さて,んだば行きましょ〜。

鉄橋を渡ります。
んふふふふ〜。


K76>K10

桜はちらほら。
今日はたまたま寒いけど,やっぱり春はちゃんと来てる。

スイスイと。


K10>K190>R469(チョイ)>K10

R52の対岸の道で富士川沿いを北上。

ビャーッと走れます。

日なたは暖かい。

沿道には桜が多く,何とも楽しい。

南アルプスには残雪。
綺麗だなぁ。

身延町角打で給油。
15.5km/L 

スタンドの方曰く,今日は寒いって。
やっぱり(笑)。


K10>K9

がらさんは無給油。TDMは足が長い。


K9>R300

本栖道(R300)の登りは楽しいワインディング。
もうちょっと眺望を楽しみながら走った方が良かったかな??

本栖湖に到着しました。
そういえばR300ではオートバイと1台もすれ違ってない。まだ時間が早いからかな?
ここでハンカバを脱着してバッグに収納。

旧五千円札の富士山は顔を出してくれず終い。残念!がらさん,是非リベンジを。

(注:パノラマ写真 サイズ大)

(注:パノラマ写真 サイズ大)


R300>R139

精進湖方面へ。
寒いけど,まぁ,それなりの寒さに留まってる感じで,苦痛はなし。

ん?フラッシュ焚けちゃった?


R139>K706>R358

この辺りでの路傍寒暖計は1℃を表示していました。
ま,これ以上寒くはならないと思えばどうってことない。
別に,やせ我慢ではありません(笑)。


R358>K36

ここは全線を通して景勝の変化が多く,バイク乗りの旅情をかき立てる県道ベスト100に入る!と勝手に思ってるK36。
がらさんに先行してもらいました。がらさんにこの道はどう映ったかな。

シュイーンと。

満開の花の下を通ったよ!

この後,視界が一気に開け甲府盆地が眼下に広がって,しかも周囲には桜が咲き乱れてたりしたんだけど…。
カメラ不調で写真なし(涙)。


K36>金川曽根広域農道

時間と位置とを勘案して。
温泉に入ろう!ということになりました。

今日は八ヶ岳が綺麗に見えた。
途中,眺めの良い場所でパチリ。

親バカ的記念写真も収録!


お風呂は『みたまの湯』に立ち寄り。

夜は煌めく夜景、昼は甲府盆地の街並み。
その向こうには南アルプスから奥多摩の山々の大パノラマが広がるみはらしの丘。
その絶景を眼下にした癒しの温泉『みたまの湯』
太古の植物から溶け出した天然有機物を含む、透明感のある茶褐色の温泉は、八つの効能を持つ良質なアルカリ性単純温泉です。
お食事、特産物のお買い物、
小宴会にもご利用頂ける施設も充実しています。

〜みたまの湯,ホームページより〜

まさにこの説明の通りの施設でした。
お湯は茶色で,濁りなく澄んでいるものだから,まるでラーメンスープのよう(笑)。

少々値段は高いけど(¥750),良泉と感じたし,施設充実で,のんびり過ごすにはとてもイイ感じ。
(休憩室もあったよ。でも持込みは不可。これは保健所の指導かな。)

入浴後に,館内の食事どころで昼食。

甲州地鶏親子重,¥1000ナリ〜。なかなか美味しかった!

がらさんはカツ重。
「男はやっぱりカツ!」だそう。けだし名言です。

食事どころ,『見晴らし亭』
諏訪の『登美』程じゃないけど,窓際は眺めヨシ。

ぼちぼち帰り支度です。
がらさんは,「お湯でまだ体が暖まっているので着込むと暑い!」ようでしたが,この後に控えた高速道路走行250キロに備え,完全に着込んでいました。

がらさん,オバパン装着中。


金川曽根広域農道>K29

この後,中央高速道・甲府南I.C.でがらさんとお別れ。

ありがとうございました!
どうぞお気をつけて。


K29>R358>K308

自分も帰路に。
といっても,適当に散策しつつ。


K308>金川曽根広域農道

この時期の甲府盆地は花が咲き乱れ,文字通り桃源郷の様相を呈します。
山並みは,写真左より八ヶ岳,茅ヶ岳,金峰山,小栖山かな。


金川曽根広域農道>K34>R20

高速1000円に釣られて自動車がみんなそっちに行ったのか,国道が異常に空いていました。

笹子トンネル入り口。この後,トンネル出口まで1台も車に追いつかず!(驚)
左は『道の駅甲斐大和』

笹子トンネル以東の甲州街道沿いの桜はまだ0分咲き。
山の表情なども,まだ春が来てない感じ。


R20>K712>K705>R139>K35(秋山みち)>K517>K76>K517>K518>R413(チョイ)>K64

初狩からは主に県道を繋いで。
ビャーッと走って宮ヶ瀬『鳥居原ふれあいの館』まで。
思えば『みたまの湯」からここまでノンストップだった。

雲が多く,日差しがないとちょっと寒い。
ハンドさんは居なかった。残念。

缶コーヒーを一本飲む。

K64

あとは淡々と帰るだけ。
この分なら十分日が暮れるまでに家に着けそうですナ。


K64>K60>R412>R129

厚木で鏡面車の後ろに付けた!

こういう風に映っている時の写真を一度撮ってみたかったのだ!

R129>K47>白い道

門沢橋を渡ってからは,ALL白い道のマニアック・ルートで自宅まで。

うん,たまには早帰りも良いもんだ!
でもがらさんの方が少し早く帰宅されたようで,携帯電話を見たら既に帰宅した旨のメールが届いていた。

富士宮へお誘いいただいたがらさん,ありがとうございました〜。
(本日のお参りの御利益があることを願っております。)

走行 349km
平均時速 33km/h

Back to motorcycle