Back to motorcycle


2009.03.15 伊豆,北西部

goofyさん,m4bさん,やすさん,ビュエルさん,ともさん,と。
およその目的地目星だけつけて,行き先未定で集合〜って感じで。

2009.03.17作成


◆他の人の記録

Yahoo!ドライブでルートを見る 


今朝はちょっと冷え込みました。

起床して,早速アメダスチェック。うーむ,結構気温が低いな〜。

上:長袖下着+Tシャツ,ナイロン長T,フリース,革
下:パッチ,革 といういでたちで。

ハンカバ付けて,6:40,出発でごんす。
(出発時ODD,49344km。写真,間違って消しちゃった。)
気温はメーター読みで3℃。でも意外と寒さを感じないのが不思議。


R134>大磯東I.C.>西湘BP(無料区間)>大磯西I.C>白い道>K63

発進してしばらく,水温計の針が動き出す頃に突然エンジン出力がドロップ!
1気筒死んでるか,キャブへの燃料供給が足りてないときの症状に似ている。

下手なところでエンコこいたら押して帰るのが大変なので,ひとまずビーチの7-11まで何とかもたせてたどり着く。またプラグか,それとも…。。。嫌な気分でエンジンを停止。
祈りつつ再始動を試みた結果,呆気なくスムースにアイドリング。いったい何がどうしたというのだろう。IGNスイッチ廻りの接触がゴニョゴニョなのかな?少なくともエンジンその物には異常は無いようだな。
しかし,始動してしばらくのタイミングでの不調が多いなぁ。

さてさて,一応エンジンも大丈夫そうなので気も楽になりました。
履きたての新品タイヤの皮むきも兼ねて,ちょっと遠回りです。


K63>白い道

富士山と丹沢山塊が綺麗にみえたので記念写真。
場所はこの辺。(GoogleMap)

注:パノラマ写真,サイズ大

 

白い道>K71>K77>白い道>小田原中井広域農道(やまゆりライン)>白い道

やまゆりラインから一歩外れて。ここからは箱根山塊と富士山が,小田原越しに綺麗。
場所はこの辺(GoogleMap)。

注:パノラマ写真,サイズ大


白い道>K72>R1

時間が迫ってきたのでボチボチと移動。
途中のコンビニで朝飯のパンを買い込んで,ハンカバを脱いだ。

小田原突き当たり。ここ,いったい何度通ったろう?
突き当たり方向を真っ直ぐ進んだところに小田原城があるよ。

R1>R135

早川を過ぎて海沿い。
いつ来てもここは"これから箱根"という気分にさせてくれますナ。


R135>R135(旧旧道)>R135>白い道>オレンジライン>K75(椿ライン)

椿ラインは一気に標高を上げる道だから,進むにつれてどんどん気温が下がる下がる。
到着した頃はちょうど雲で日が陰ってしまっていて,寒さ倍増。

でも晴れ予報に誘い出されたオートバイ多数。

ともさん,goofyさん,m4bさんは既着。
やすさんとビュエルさんも程なく到着。

富士山はまだ寝ぼけ顔。
でも,今日は気温が上がって雲が晴れるよ!って雰囲気ばっちり。


K75

何となく行き先を西伊豆に定めて。10:00を目処に出発。

ともさんとは大観山でお別れ。

途中で見た寒暖計は3℃と表示していました。


K75>箱根新道(無料区間)>R1(チョイ)>K20>伊豆スカイライン

伊豆スカを韮山までね!

ペースカーの引率でしばらく走行。
富士山が顔をだしたよ〜。

塩カルもバッチリ効いてるよ〜ん。

うむ,なかなか良いんでないかい?ね?

今日も順調に富士ビュー道路です!

お!goofyさん,聖火ランナーのポーズ!

流れはボチボチ。
目を三角にして走っちゃったら景色を楽しめないし,ちょうど良いや。

んふふふふ〜。


伊豆スカイライン>山伏峠I.C>K80

韮山峠手前で気が変わって,山伏峠まで進行。
静岡県の誇るスーパー県道(勝手に命名)80号線で南進します!

県道80号はいくつかの山里を大らかに繋ぐ大好きな道の一つ。

暖かくなってきた!

修善寺駅前。R414との交差点にて。


K80>R414(チョイ)>K18

K18もスムース。今日は車が少ないな〜。

達磨山高原レストハウスで一服つきます。
気温も上がって雲が散り,富士が綺麗に出てくれました。快晴!!

注:パノラマ写真,サイズ大

そこにいただれもが富士山に釘付け。

オートバイで来る人と,車で来る人,半々ぐらいかな。


K18

もうじき昼時ってことで,まずは腹ごなしに戸田の町まで降りましょ。


魚重食堂で昼食。
ちょうど上手い具合に,6人掛けのテーブルに着けた。

ここ,土休日に来たのは始めてたけど,オートバイで来る人多数。そんなに人気だったのか…。
深海魚も面白可笑しく美味しいですが,実はイカの塩辛が秀逸です。(写真に写ってないな。)

食堂の外に列びも出て込み合っていたので早々に退散,河岸を移して漁港で一服〜。

goofyさんは画面奥のヤマザキ・デイリーストアでお風呂セットを購入。

やすさんは一人たそがれ,日本の将来を憂います。

m4bさんに聞いたら「まだ走り足りない。」ってことで再びお山に上がってから南下することに。そしてその前に給油のリクエスト。自分もついでに給油。

14.2km/L 燃費悪いね…。

m4bさん,ビュエルさん給油です。
ここのGSはものすごく対応が速く,デキるGSでした。急ぎのピットインには嬉しい。


K18(戻る)

再び達磨山へ。登坂。

ばっちり晴れたな〜。

m4bさんを後ろから撮ったりしながら。
戸田峠の登りはアクセルが明けやすい勾配と曲率で,大型バイクに楽しい登り道。

S字カーブの量では伊豆屈指かも。日差しが強くなってきてポカポカ陽気。少し汗をかいた。


K18>K127(西伊豆スカイライン)

さて,メインディッシュ(?)の西伊豆スカを行きます。

ちょっと先回りして皆さんを撮ってみたけど,どの写真もシャッター切るのが早すぎるなぁ。
しかしオートバイって速いね。

ビュエルさん@ビューエル

m4bさん@GSF1200Sと,goofyさん@FZ-1

やすさん@CB750

自分のGPZ900R。
西伊豆良いとこ一度はおいで。(南伊豆も良いよ!)

注:パノラマ写真,サイズ大

西伊豆スカイラインをそのまま南行してK411を仁科峠に向かう道も捨てがたいけど,今日は土肥峠で稜線から降りてゆきます。

左折してスカイラインにオサラバ。

真っ直ぐ行けば仁科峠。夜中は動物注意。


K127(西伊豆スカイライン)>(土肥峠)>R136(旧道)

ここでやすさんとビュエルさんが離脱。
また会う日まで。帰り道もご安全に〜。


R136(旧道>R136(新道)>白い道>K17

さて,残留組は入湯です!
土肥温泉,弁天の湯

みなさん写真撮影に余念がありません。

共同浴場と名の付く割に,けっこう広いお風呂でした。
軟らかいお湯でなかなかグッド!
湯上がりにロビーの長椅子で一息つけるのもバイク乗りにゃ嬉しい。

良く見たら,ちょっと離れたところに駐車場があったみたい。

建物の直ぐ横に停めたんだけど…,駐車場あるのを知らなかったからって,お隣の弁天様のバチは当たらないかな?


K17

ボチボチと何となく帰路につきましょか。

でも慌てずのんびりです。
海沿いで行きましょってことに。

K17はメリハリのある道。

地味な道と言えますが,この道も大好き。
利便性の低い道なので通行量も少な目。

はぁ〜,もう,天国だよなぁ。

井田・煌めきの丘で小休止。

ここでも富士山ハントです!

古墳群の上にあるパーキング・スペース。
ハイキングも楽しそう。

注:パノラマ写真,サイズ大

またしても親バカ。

みなさんも親バカ中。(残念。写真の富士山,白く飛んじゃった。)

そして再び,海岸線をウネウネと進みます。淡々としたペースが心地よい。

おっと!センター割っちゃダメよ。

視界の先にチラチラと富士山を見ながら。

それまで西岸の絶壁にへばり付くように蛇行していた道も,大瀬崎を過ぎ北岸の道になる頃から一気に標高を下げ,海水面の近くを這うように進むようになります。

さて,ミニ・ストップをして,またまた富士山ハントです。

注:パノラマ写真,サイズ大

だいぶ日が傾いてきた。でもこんなに暖かい西日は今年初めてかも。

この後しばらくgoofyさんのバイク(FZ-1)ととっかえっこ。
最新型のオートバイを公道で乗れる機会なんてそうそうないからやっぱり貴重な体験です。感謝!

そして,goofyさんにも貴重な体験だったかも…。(ナニこのGPZ?ブレーキ効かない!的な意味で(笑))

FZ-1は座位置が高くてスポーティー。でも不思議と足着き良し。風防もしっかり効いてなんとも良い感じ。パワーは…ちゃんと放り出さなかったからよく分からないや。低速走行を強いられる区間だったけど,グリッと曲がるその鋭いハンドリングを垣間見た気が?!
タンデムも良さそうだし,軽量感も適度な重量感もあって,ツーリングに良しスポーツするに良し。そしてなによりコンパクトでポジションの自由度高し。さすがフェザーの皮を被ったR1です。ヤマハは良いなぁ。
なんとも欲張りなバイクで,やっぱりこれは反則バイクですナ(笑)。


K17>K130

三津で駿河湾に別れを告げて東進,内陸へ。

この少し後でgoofyさんの車両が走行5000kmを迎え記念撮影してました。


K130>R414>K134

このエリアの道は分かり難いな〜。今後の課題。

K134長塚橋にて。


K134>R136

なんとか迷わずに国道に出れば,景色は雑多で賑やかに。

富士にも西日が当たってら。

ライダーにも西日。
日暮れ後は冷え込みそうですね。


R136>R1

R136は裏道を行くべきだったなぁ。

三島から箱根方面のR1は流れ良し。ネズミも無し。

夕焼けに輝く下界の景色をチラチラと横目で見ながら進んでゆきます。

もうじき暮れちゃうね。

トワイライトR1。

富士が赤く染まっていた。


R1

それまではこの上なく順調な交通だったのに,宮ノ下から酷い渋滞につかまりました。
宮ノ下ローソンで小休止。

m4bさんとgoofyさんはパンを食べてた。自分はデミタス缶コーヒーで気付け。
さすがにオナカ空きましたね。


R1>白い道

晩飯に迷って,どうにかたどり着いたのは箱根湯本のラーメン屋,日清亭
座敷に通され,嬉しいような悲しいよな。

ワンタンメン¥700
うん。美味い。広細麺で,切りがとても長く,とても一息に啜り込めない。モグモグと麺を噛み切りながら食べ進む必要があります。
だいぶ待たされたのと(麺打ってた?),量が物足りなかったのが残念だけど,空腹も手伝って,スープまで完食してしまいました。

ちょっと観光地チックな店構え。
二階席が座敷になっています。

出前もやってるのかな。


白い道>R1>箱根口I.C>西湘B.P

あとは安全に帰るだけ。寂しいもんですナ。
箱根湯本を過ぎれば交通はスイスイ。

橘P.Aにて最後のミニ・ストップ。

ここにいた全車がセンスタ装備だったので,お願いしてセンスタ立てた写真撮らせてもらいました。
あ〜センスタって良いよ〜。(変?)

注:パノラマ写真,サイズ大


西湘B.P.>大磯東I.C>R134

R134の先で離脱。
スルスルっと走って帰宅でごんす。

別離後,m4bさんとgoofyさんはR1で更に渋滞に捕まっちゃったそうでしたが,無事帰着されたようでなによりでした。
(遅くまでありがとうございました。)

ご一緒させていただいた皆さん,ありがとうございました〜。

走行 327km
平均時速 22.1km/h

Back to motorcycle