Back to motorcycle


2008.07.11 愛知・岐阜,ウロチョロでビュー

第1日目

 岐阜県の"ひるがの高原"で開催されたキャンプ会に参加。
 良い機会だから初訪エリアをあちこち見て回ろう。

第1日目
第2日目
第3日目

2008.07.18公開


朝,4:30。

ちょうど夜明けの頃。出発でごんす。

スグソコのGSでさっそく給油。(理由は,近隣で最安値だから(貧))

14.7km/l んー,燃費悪いぞ?大丈夫かな。

 

R134>西湘BP(無料区間)

日の出ですな。淡々と行きますよ。

 

西湘BP(無料区間)>大磯西IC>R1下り>K709>K77>広域農道(やまゆりライン)>K77

なんだか最近は,こんなルートでR246もしくは東名太井松田ICへアクセスするというのがお気に入り。流れが良いのよね。それなりに距離は走らされるけど,渋滞や信号ストップよりは100万倍マシ。

K77で松田の街並みが見えてくる。天気が良ければ正面に富士山なんだけどなぁ〜。あいにくの朝霞。

 

K77>R246>K23>K152>K180

R246は少々流れが悪かった。特大トレーラー等と混走だからやむなし。といってもまぁ,60km/hぐらいでは流れてるのだから,これといって特別なロスになるわけじゃない。

R246のぐみ沢丸太を富士山方面へ右折して富士山スカイラインを行けば,あとはそのまま由比までずーっと道なりに進むだけでR1(旧道)に出る。(ホント!)

んー,ちょっとオネムかも。

ヨイヨイヨイのヨイヨイヨイ,

 

やぁ!富士山が顔をだしたか!

今朝もフラレるだろうと,期待してなかっただけにうれしさもひとしお。
旅の安全を祈りました。

天候は曇り〜霧雨,といった風情。路面はウェット。

長距離トラックが数台。
こんな所を通るのは,時間調整と通行料節約なのかな?

ゆっくり走るのはそんなにイヤじゃないけど,タイヤからの水しぶきでヘルメット・シールドが汚れるのがイヤン。

夏ならこういう状況は,悪くないよね?

坂道をダラダラ下って,富士吉田に出る。

 

K180>K76

朝食は桜エビが良いなぁと,思い始めたところ。天そば食いたいゾ…。

由比町。

 

K76>R1

看板見つけて漁港に寄ってみたんだけど,見事に開店前の6:59。残念。
http://www.jf-net.ne.jp/soyuikougyokyo/ 10時開店のようですナ。それも土日のみの営業のようで。)

由比漁港。また来ましょ。

 

R1

スムースな流れに任せて進みます。

 

R1静清BP

思えば,ツーリングの時にしか通ったことないけど,案外と度々通ってる道。
この道がロハになって良かった。有料の頃は朝から気分悪かったもんなぁ。気が付きゃいつの間にか乗ってるし,割と値段が高かった。

通勤車に紛れて淡々と進みます。(ぜんぜん紛れてないけど。)

 

いくつか長めの立派なトンネルをくぐるけど,中は猛烈に暑い。否,熱い。

 

R1藤枝BP>旗指IC

渋滞区間のすり抜けにも飽きてきて,さすがにハラが減ったので大井川を渡る手前でバイパスを下ります。

 

R1・BP>(旗指IC)>白い道>K381

島田高校の向かいのコンビニで朝食を仕入れました。
おにぎり2個とヨーグルト(プッチンプリンと迷う)とお茶。

橋の手前で左折して。

河原で食べましょ!

土手下の砂利道をしばらく行けば,マレットトゴルフ場か,はたまた,ゲートボール場か?
兎にも角にも立派な芝面。

 

草むらを越えて,護岸まで出ました。
この景色が朝ご飯のスパイス。

風は涼しいけど,日差しが「今日は暑くなるよ」と告げている。

左手には東海道線の鉄橋。
朝食中に旅客車2本。貨物車1本を見物できた。

長〜い橋をゴーゴーと賑やかに通ってゆきます。

日陰に停めるという,そういういやらしさが,いつの間にか自然と身に付きました。

K381大井川橋。

立派な鉄橋です。けっこう揺れるよ。

 

K381>R473

大井川橋を渡った先で右折。R473をちょっと北上して,

 

R473>K81

朝食を摂りながら地図を見て見つけた道を行きます。そこここに茶の香が漂う。

K81の奥の方はちょっとヌタった道でした。

2速でアクセル全閉,ダラッと下ってただけの約25km/hで見事にドリフト走行を強いられました。
しかも,フロントタイヤの直進とグリップに全神経を注いで滑り降りてる最中に対向車が来るし(笑)。

「冷や汗かいてね〜。涼しくなるよ!」って険道の神に軽いジャブをお見舞いされた気分。
まぁそんな神がいるかどうかはわからないですけれども。

路面なんて信用しちゃダメ。

 

↓の写真は進行方向から撮ったもの。パッと見は良くある県道風情でしょ?
しかし,道路中央付近と路肩付近にうっすらと粘土が堆積していて,これがヌタヌタとどえりゃー滑ります。まるで北海道の道道で馬糞か牛糞を踏んでヌルーっとスリップした時の感覚。

路面が濡れているところの入り口からずーっと長く続くスリップ痕,見えるかな。緩い下り坂です。

続いて反対側から。さすがに小転倒を覚悟したけど,持ちこたえられて良かった。荷物満載だったのが幸いしたのかどうなのか。

 

そそ。のんびりダラーっと行きましょう。

図らずも,第二東名沿いのルートだったようで,あちこちで橋梁の工事中。

 

K81>K39>(迷う)>K269>K40

この一帯を走っていると,製茶工場が多く,お茶を蒸しているなんとも良い香りがしばしば香ってきます。
あーバイクで良かったなぁと思う瞬間の一つ。

 

K40

天竜川に出て,天竜大橋が見えてきたよ!

 

K40>天竜大橋>(迷う)>K45>R152/362

鹿島橋の所のGSで給油。
17.4km/L @186円!覚悟してたけど,ガソリン高いな〜。

 

R152/362>K9

 

K9を行きます。

基本的に,とても走りやすい川沿いの道。
だんだんと山深くなってきた印象。

 

K9>(迷う)>K47

地図上でK9とK47を見間違えて,すっかり迷う。
復帰を期して進入したK47は狭道区間が多く,神経を使う。

探険したら楽しそうですよ?

渋川の町に出ました。何となく,ほっと一息。

 

ここからのK47は2車線対面の広い道。

のぼせ気味の体。夏はアイスで鎮めましょ。

はぁ〜。

 

K47>R257(北上)

恵那・鳳来寺山方面へ向かいます。

 

R257>(長篠)>K32

もー,なんか,どの道も交通の流れが良くて笑っちゃいます。空いてるなぁ。

 

鳳来寺山パークウェイの下まで来ました。

百名道の一つだけど,走らずパスしてしまったのは,有料道路だと思いこんでいたから。
地図は良く読みましょうね…(涙)。

 

という事で,引き続きK32を進みます。

んふふふふー。

 

K32

K32を走っていたら幅広の小さな滝が見えたので小ストップ。

県道からよく見える。

なんだか写真では位置関係がちょっと分かりづらいなぁ。

という事で,パノラマ写真を掲載。分かるかなぁ。

滝のすぐ上に橋が架かっていて,その名もズバリ「瀧上橋」。
(後で調べたら,この辺は滝上という地域のようです。)

 

また少し県道を行ったところに"千枚田入り口"の看板を見つける。

へぇーこんな所に。という事で寄り道寄り道。場所はこの辺

 

説明書きを見ると,なかなか悲しい経緯もあるようです。

この景観は,なんとも迫力のある美しさ。

稲がずんずん伸びる,青の美しい時。良いときに来ました。秋もきれいだろうなぁ。

白く見える小径には立ち入ることも許されているようです。

もういっちょ,パノラマ。

ばいく用の駐車場があるなんて!うーむ,ありがたや〜。

K32>稲目トンネル>R257

暑いんで,今期初の半袖モード。
標高の割に暑い。これならメッシュ着てきても良かったなぁ。

でも全部脱いで半袖で走るとやっぱりちょっと寒い。日焼けも怖い。

淡々と行きましょう。

飛ばすでもなく,流すでもなく。

快適な道だな〜。

 

R257>道の駅・アグリステーションなぐら

ちょうど昼時。

 

五平餅,一枚定食。(他に2枚定食もある。そちらは250円増し)

うどんかそば,五平餅の味噌ダレはゴマかピーナツから選ぶことが出来て,コレでなんと驚きのワンコイン¥500!!普通に考えて,商売になるの…?!って値段。厨房ではおばちゃん達が元気に五平餅焼いてました。ありがたや〜。

おいしいうどんは具だくさんだし,小鉢は付くし,五平餅もそれなりのボリュームだし。こりゃ食わなきゃソンってもんです。

そしてこれが,我が人生初の,目出度く五平餅デビューを飾った一本。(大げさ)
想像以上に美味しかったです。

 

R257>K507

食後にコーヒーで一服ついた後,有名な(?)茶臼山高原道路を行きます。

ここも百名道だったなぁ。最近無料化したそうで,なんとも良いタイミング。

山の稜線付近を繋ぐ道路で,中速コーナーが楽しい。

路面の状況は様々で,一見さんの自分にはなかなかタフなコースだなぁという印象。

少し霞がかってしまっていたのが残念だったけど,見通しのきくときは眺望も良さそう。

頂上付近にて。ほぉ,スキー場があるのね。

鳥がぴーちくパーチク,カエルがガーガーと,とにかく賑やかなこと賑やかなこと。

楽しいところです。

 

K507>白い道>K46

時間は午後2時少し前。ぼちぼち今夜の寝床を探すとします。

あー,良い所だなぁ。

見晴らしの良いところでは,親バカ写真を。

こんな高所を(1000m超)源流に持ってるのね。

 

事前に調べていたキャンプ場(白樺高原キャンプ場)というのがK46沿いにあって,そこも涼しくて良さそうだなぁと思っていたんだけど,いざ現地に着いてみると,まるっきり県道沿いのロケーション。

管理棟の前のスペースにバイクを停めてしばし思案。
オフシーズンだから管理人さんも居ないし,金曜日って事で,コトによっては酷く賑やかになる(道がね)かなぁなどと思っていたところ…,

ぶーん!と警戒音響かせてやって来ました。

オオスズメバチ様です。

黒く大きな誰かさんのバイクは天敵の熊そっくりに見えるらしく,スズメバチに大人気。よって,その場では写真を撮ることもままならず,急いでそそくさと撤退,撤退。

 

K46>R418(売木)>K447

この辺は広く明るい山間。

その地域の深い理解(?)には,地図チェックが必要です。

 

K447>R151

細かく乗り継ぎますよ。

 

R151>K74>K446

お!看板発見!!

 

さて,看板に導かれてなかなか良さげなキャンプ場に着きましたが,オフシーズンですから当然のように管理人さんは不在。で,不在時連絡先(村役場の観光課)が掲げてある。掲げてあるにはあるのですが,しかしながらそこは携帯電話の電波ナッシング・エリア。

仕方ないので県道をさらに先に進み,小集落の電波がありそうな所まで。

ここらでアンテナ一本立ちました。どうにか通話可能。

足下のおたまじゃくしを眺めながら役場の人と交渉。先ずは幕営OKとのことで一安心。

 

大河内森林公園

キャンプ場へ戻って,

サクッとテント張りーの,

ひとまず試しに横になってみて,寝心地をチェック。

割引料金(通常\500の¥100引き)で利用できるという,こちらの温泉で汗を流します。(おきよめの湯

ここでも受付の人は役場と連絡を取ってくれたり,細やかに対応してくれました。
天龍村,良い所だら〜。(←使い方あってる?)

アルカリ性単純泉という割に,入浴感のある湯で。

ヌルヌル系の湯は湯上がりサッパリだから,さらりと行きたい夏場にはありがたいです。

うーむ。かなり見所が多そう…。この周辺は遊べそうだなぁ。

でも残念ながら,一方の国道は崩落で通行止めのまま。

本当に」というフレーズが,お馬鹿なチャレンジャーの腰を砕くに十分な説得力がありますね…。

さて,正直なところ,夕食のことがちょっとめんどくさくなってきて,この施設の食堂で済ませるかなぁとも思ったりしましたが,まぁ,時間もあることだし,せっかくなのだから買い出しに行きましょう。

 

R418>R151

道の駅・信州新野千石平にて,携帯チェックと天気予報確認。

道の駅の近くのスーパーで買物。

明日に備えて,チョイ早めの給油。

16.5km/h。@187円で,最高値を更新。

さて,戻りましょー。

R151

夕方の風情。

 

キャンプ場に戻ってみると,役場から連絡を受けた管理人さんが軽トラに乗って来てくれていました。

県道の街灯が故障していて暗かろうと,電灯を引っ張り出してくれている最中でしたが,こちとら暗い分には構いませんし,飯場には入切可能な蛍光灯もあるのを確認済でしたから,電灯は仕舞ってもらいました。

ショバ代(一張1000円)を支払って,一通りの説明を受けます。なんとも気さくな管理人さんで,ともて親切に対応してくれました。

 

キャンプ場の駐車場にて。今日も一日,調子良く走ってくれました。

さて,こちらのキャンプ場,フリーサイトとされるエリアは沢沿いで湿気が少々多めですが,非常に清潔に維持管理されているので,沢沿いのサイトが好きな向きにはオススメです。(オートキャンプ・サイトは県道を隔てた山側にあり,そちらの方が比較的風通し良く明るいサイトです。ちなみに価格は一区画2000円と,オーキャン場にしてはかなり安い。)ヤブ蚊を僅かに見かけましたが,対策出来ないほどではありません。ちなみに,下草はコケです。

なによりも,夜にホタルが舞っていたのが嬉しかった。

メシ炊き中。やっぱり無駄に格好良く片手鍋が撮れるなぁ。

今夜のメインディッシュはホルモン・ピーマン炒め。

ザクッと炒めちゃうよ〜。

んで,ぶっかけて熱いところを食います。

あ,ビール写すの忘れた!

食後の片づけが済んだら,もう一本缶ビールを開けて,それを片手にその辺をウロウロしたり,歌を歌ってみたり。貸切り状態でしたから,気楽なもんです。

さて,後は寝るだけ。

ごちゃごちゃながら,居心地の良い我が天幕。

 

 

就寝前,再び管理人さんが軽トラでやって来て,「おられるー?」
テントから顔をだしてみれば,その手にはビニール袋。

「田舎の野菜だで,うまいよ。食って。」と,ミニ・マヨネーズ付でキュウリを頂戴しました。

もー!管理人さん,ラヴッ!!

でも,今日はもうおなか一杯。
キュウリは明朝頂くことにして,お休みなさい。

 


本日の走行:392km
平均速度:約30.7km/h

第1日目
第2日目
第3日目


Back to motorcycle