Back to motorcycle


2008.03.09 西伊豆2008春定食

 ニトロと。
 「いつもの」と注文して出てくるメニューをまた食べた,って感じの伊豆。でも全然飽きないなぁ。
 ビバ!西伊豆!

Ver1.0 2008.03.14.


 4:17 出発です。
 集合後,5時出発なので,この時間に出れば何か飲み食いできるだろうと,ちょっと早めの行動開始。

 んが,けっこー寒い!

 

K30

 待ち合わせ場所の某マック。あいにく,ドライブスルー営業のみであり,店外での待機を余儀なくされる。
 むー,朝マック,食べたかったのに。

 車両を引き回しをしたときに妙な重さを感じたのが気になっていたので,原因を究明しようと,待ってるついで,マックの駐輪場を拝借して確認作業。
 ヨイショとフォークを持ち上げて前輪を回すと,ジワワとした重さを持って回る。こりゃどこかが異常だな。そしてキャリパー外して前輪を回すと,はたして…,スムースに回るではないか。
 診断。右キャリパーのピストン戻り不良のようです。こないだ揉み出したばっかりなのにな〜。整備メニューがまたしても増えました。あー,めんどくさ。OHしなきゃだめかなぁ。

 ↓マックでキャリパー外れてます,の図。

 

4:59

 さて,待てども,ニトロが来ず。

 けっこう寒いので,給油ついでにすぐ近くのGSにて待機することとした。

 14.5km/L チョイ乗りとチョーク使用は燃費の敵。

 

K30>R134>西湘BP

 5:20になってもニトロは来ず。電話するも呼び出し音が鳴るだけで,走行中のようだ。起床していることは既に確認できてるから,バイパス下りた後は旧道で海っぺりを行く旨をメールして先に出発。(ユーキは確定的に来るとも言ってなかったから,来ないだろうと判断。)

 さて,走り出すとやっぱり結構寒くて,さっそく西湘PAでちょっとサボる。
 はい,今日も来ました夜明けでごんす。この時間のこの場所は好き。

 

西湘BP>早川IC>R135>R135(旧道)

 PAでカップのドリップ・コーヒーすすりながら携帯電話をみてみれば,5:22にニトロからの受信・着信あり。曰く,「数分遅れで先行された」とのこと。あー,ニアミスだったんだなぁ。
 まぁここ(西湘PA)で待ってれば寄ってくれるだろうと,高をくくってカップコーヒーをさらに三口すすったその刹那,下り線に甲高いモリワキ・モナカのサウンドが!そう,はたして彼はやってきた!が…。

 まんまと通過しやがった(笑)。
 しゃーない。そこそこの速攻で追います。
 
(アブナイからワープは使用せず。リミッターがジャマなり。)

 そうこうして,ビンボー道路で日の出を迎えました。

 

なんか,変な写真。

 

R135(旧々道)>(真鶴)>R135>

 今日は新品タイヤが装着されてるので,根府川からの旧々道で少しづつペースを探って。真鶴出る頃には皮むきがだいたい終了。

 熱海では,西湘PAで一言二言言葉を交わしてほぼ同時出発となったW650の方に追いつく。あちらは真鶴道路と熱海ビーチラインのブルジョアコースをご利用だったのだろう。どこかで抜かれたらしい。美しい車両で,ライダーのライディングも余裕を感じる華麗なものでした。

 W650は良さそうなバイクだなぁ。

 

ありゃ,どことってんの?

 

R136

 下多賀付近のファミリーマートの駐車場にニトロを発見!(K30始点付近)

 「お…,オハヨーゴザイマス!」

 朝飯のパンとスープと缶コーヒーを遠慮せずに頂戴しました。
 ニトロちゃん,ごちそーさま!また遅刻して,また奢ってね!

 

R135>K80>K135

 K135は初めて。東岸の南熱海・下多賀から韮山・伊豆長岡方面へ抜けるのには便利なルートと判明。
 沢沿いの道を富士見パークウェイまで登り,なんとものどかな良道。いわゆるフツーの田舎道。

 放射冷却現象で,田んぼや畑や原っぱは,一面が霜で真っ白。この時間は寒いけど,この調子なら今日は暖かくなるぞ〜。

 

 ニトロは体内に電熱線を仕込んで走行中。

 

 霜,おりまくり。

 

 地図確認の際にパチリ。ふもとからちょっと進むと,もう一車線。

 

 さらに進み林間部にはこんな施設がありました。地図チェック!
 グリーンランド大仁。残念ながらキャンプ場はないみたい。でも,穴場感高し!

 

 今日は後方写真のコントロールが悪いな…。

 

K135>富士見パークウェイ>K136

 富士見パークウェイはウワサ通り良好な路面の快適道。比較的コーナーが少な目の峠道で,韮山方面から坂を登る方が走りは楽しめそう。楽しめる道だけど,ゴルフ場などの間を通っているため,意外に交差点多し。路傍には除雪の雪溜まりが残っていたけど,難なく走破。東岸や伊豆スカから中伊豆へのルーティングに役立つ便利な道だねこりゃ。サスガ,元・有料道路。

 峠からだーっと下って韮山の市街地に降りてきました。イチゴ農園がたくさんあるようです。ちょっと狩ってく?

 

K136>R136(チョイ)>K不明

 どんどん西進。狩野川を渡ります。右手には富士が霞の中にぼんやり。

 

 後方は韮山駅方面。ニトロは気分良いらしく,ニヤケ中。

 

K不明>R414(チョイ)>K17

 伊豆西岸に出ました。

 駿河湾だぜ!

 

K17

 海っぺりをびゃーっと走る。この時間は血栓スロー車皆無。スムースなことこの上なし。

 井田の駐車場でぷくいつ。

 

 菜の花文字。ここの名物ですね。

 

 富士山,だんだんはっきり見えるようになってきました。

 

 HG・ニトロ。

 

 撮影者ニトロ。センチメンタリストなんです。(HGだけど)

 

K17

 井田のPでしばらくすると小用をもよおしたので,トイレのある夕映えの丘まで移動。

 ここもいい眺めです。

 HG・富士山。

 

 親バカ・富士山。

 

 

 ここからは戸田の湾が一望できます。西伊豆にはこういった湾の地形が多い。海流の影響らしい。黒潮?

 

 さてさて,走りましょう,そうしましょう。

 

K17>R136

 飽きない道です。

 

途中,富士山を望めるコーナーがあったので撮影会。

 HGコーナー。(富士山,白飛びしちゃった。ゴメン!残念!)

 

 発進準備中。

 

 駄目人間・富士山。(撮影者,ニトロ)

 

 どこ撮ってんだか,パート2。

 

 パート3…。

 

時々車の後ろに付いて休憩。一日は長いし,こういうときぐらいしか写真が撮れない(笑)。

ゆっくり行くよ〜。

 

 9時を回って,旅館から出発した車が少しずつ増えてきたなー。

 

 これ,パート5ぐらい?

 

R136>(松崎)>R136

 松崎で昼食にしたいと思ってたけど時刻はまだ10時。ちょっと時間があるので,雲見の露天風呂ででひとっ風呂浴びようとの算段で先に進みます。

 松崎を過ぎて雲見を過ぎるまではR136の狭道区間。しかし,狭いながらよく整備された道で,眺めもスバラシイ!実はかなりの断崖を縫う区間でもあります。

YouTubeで動画をみる

 

 あの岬を過ぎれば岩地。その先の△の岬は雲見。

 

 ガードレールのあちら側は断崖絶壁で,ストンと海。

 

 雲見の露天風呂に到着。国道から降りる小径を行きます。

 

 見えてきた。この入り江にあるのよ〜。

 

 むふふ。期待に胸が高鳴るぜぃ。

 

 近づくにつれ,ポンプ室のモーターが唸る音が聞こえてきます。

 

 ダメになるまで,3分前。

 

 しかし残念。お湯を抜いた状態でした。(お湯は出てるので,溜めること自体は可能)

 まぁ,夏期以外は指定シーズン外だから,仕方ないというか,これが本来の状態といえばそうだからなぁ。残念なことには変わりないけど。最近抜いたのかな?近頃は何かと物騒なんだろうか。

 

 仕方ない。次に訪れるときのための掃除をすることにします。

 といってもこの湯船,結構デカイので二人ぐらいが生半可にやったぐらいじゃ筒底ラチがあかないから,底面をザッと,側面の一部分だけをワシャワシャ磨いて30分程で切り上げました。
 本気でお湯を張りたいと思うグループは,5人以上で,下半身裸で作業すると良いかも。あと,汚れをすすぐためのバケツなり何なりが必要。また,お湯の量はそれなりに出てますが,風呂として入れるほどに湯が溜まるにはかなりの時間を要するでしょう。

 なにはともあれ,こういった施設をそれなりに維持するのはとても大変なこと。雲見観光協会には最敬礼だな〜と思った次第。また来よう。

 

R136(戻る)>(松崎)

 丁度良い時間になったので松崎へ戻り昼食とします。
 ハイ!ととやでショー!

 ホイ!ボタンエビちゃん,どーん!

 

 こちらはニトロに嫁いだボタンエビちゃん。どことなくキュートだぜ!

 

 これは…,カワハギちゃんだったはず。二カンで¥157の皿。美味いよ!

 

 ニトロは生ガキさんも囲いました。
 しかも生ガキ2号さんまで囲いました。失楽園です。甲斐性あるな〜。

 

 ニトロ,生ガキを愛撫中。

 

 恍惚のニトロ。

 

 そして,2号さんも彼の餌食に。

 

 はー食った〜。(でも,残念ながらちょっと味落ちてた。挽回に期待したい。)

 

 さて,この二台。別にライディングスポットから荷台のスポンサードされてるわけではありませんよ,念のため。
 ととやを出発する前に,ニトロ号に付いてるカメラ・ホルダーをGPZの荷台に移設。前から後ろ向きに撮れるようにした。さて,どんな絵が撮れるかな〜。

 

R136

 松崎の町中で,ちょっと早めですが給油しときます。

 17.3km/l
 単価が高くてメンタマ飛び出た!?

 

 それを見ていたニトロは自分撮り。

 

 さて,ビャーッと行きますよ,ビャーッと。

 

R136>K16

 (せっかくカメラつけたのに,ナゼか後方ムービーは撮れておらず…。順調に走った区間だったから良い絵が撮れてそうだったのに…。二人ともかなりがっかり。残念ナリ。)

 

 あいあい岬でクールダウン。アロエ果肉入り乳酸飲料を飲んだぜ!
(西伊豆はアロエの名産地です)

 

K16(戻る)>R136(下田方面)

 河津桜が満開!

 

 写れー!

 

 何とか収まった?今日はコントロール悪いな。

 

R136>K16

 再びのK16。半島南部を右回りでぐるっと回る形に。

 菜の花も咲き乱れ中。

 

 K16は素敵な道。

 

 この絵もムービーで撮れてるはずだったんだけどねぇ…。

 

 K16,海辺の道。ここいらは海抜ゼロ!

 

 あー,もう,たまらん。

 

K16

 YouTubeで動画をみる

 

K16>R136(上り)

 R136をみたび北上。夕陽丘展望台にて小休止。少しヘバってきたかナ。休憩が増えてきた。

 

 売店のおばちゃんに,「うちのソフトは美味しいよ〜」とナゼか強力に勧められて,ソフトクリーム摂取!300円ナリ。

 

 ソフト食いつつ,タイヤチェック。

 

 こちらがフロント。わりと減ってる感じがするなぁ。

 

R136(北上)>(宇久須)>K410>(仁科峠)>K411>K127(西伊豆スカイライン)

 (既にビミョーに家路についてます,ハイ。)

 西伊豆スカイラインに入ると,正面で富士山がお出迎え!
 しかし標高上げるとサスガに寒いな〜。

 路傍には雪ですよ。はぁ。

15:43

 

 まぁこんなトコロ走るんだから,ちょっと寒いぐらいはあたり前。

 

 ビバ!西伊豆!

 

 展望広場でパチリ。

 

 雲が増えてきた。

 

 もう,夕方の気配。

 

K127>K18

 だるま山高原Pにて,お茶タイムとします。やっぱり寒いと草臥れるね。

 

 駿河湾越しに,雲の上に富士山が顔を出す。

 

 もう春は来たのか?

 

 コーヒー沸かし中。提供はニトロ。献立は「HG・カプチーノ。」

 

 あー,帰るのだるいな〜。

 

 ごちそうさまでした!>ニトロちゃん

 

 そう,けっこう寒かったよね…。

 

 さて,行きますか。富士山,またね。

 

K18>R414>(修善寺)>K80>(下多賀)>R135

 サクサク走って,再びの東岸。

 

 もうじき夕暮れですな。

 

R135

 湯河原でちょっと早めの給油。ニトロはトイレへ駆け込んだ。

 16.2km/l 燃費悪いな〜。

 

R135>R135(旧々道)>可愛い子犬道路>真鶴道路>R135(旧々道)>R135>R1

 渋滞を極力避けるため,変態ルートで行く。

 晩飯はガストと達磨とラーメンとで悩んで,小田原界隈をフラフラ。結局,小田原駅近くの適当なラーメン屋へ。
 「くっちゃいな」つけざる¥650(w/おじや¥100)

 

R1>(橘IC)>西湘BP>R134にて帰宅。

 ニトロはR1でおかしな女性が運転するハイビーム車に煽られてた(笑)。ああいうのがある意味一番怖い…。春だしさ,気をつけてちょんまげ。
 R1国府津で流れ解散。ニトロは東名秦野中井ICより帰宅したようだ。R134の渋滞は並。出発が早かったこともあって,比較的早く帰れたかな?

20:19

走行:420km
平均時速:26.21km/h
燃料代:\4765
通行料:¥200(西湘BP下り)

 暖かかったり寒かったり,海だったり山だったりと,なにかと変化に富む道をあちこち走って案外とへろへろだったりもしますが,まぁこれがイイんだなぁ。好日に恵まれ,なんとも楽しいシーズン・インとなりました。同行のニトロちゃん,あんがとね〜。


Back to motorcycle