Back to motorcycle


2005.11.13 紅葉・蕎麦・温泉

新蕎麦を食おう。
温泉に浸かろう。
紅葉はグッドタイミングのハズだ!

移動は高速道路で楽をしちゃえ!


朝六時過ぎ。
出発。

案外と暖かい。

環七>R254>環八

高速道路に乗るのでひとまず給油。
13.1Km/L

なんとも劣悪な燃費を記録。
チョーク引く時間が長くなったし、街乗りばっかりだったからなぁ。
番を拾って出発。

環八>R20>調布IC>中央道

集合場所は談合坂SA。
八王子から事故渋滞だったけど混雑を見越した時間に出たため4分前に到着、という我ながら天晴れなメイキング。ドンピシャ賞が或る訳じゃないけどさ。

29さんとSENさんが既に到着されていた。
食堂のバイキングを狙ってたみたいだけど混雑のため見送ったらしい。

SENさんのセロー。
なんとビックリ、座敷カモシカである。

作戦会議。
SENさんは未だとんぼ返りのつもりだったらしい。結構寒いしさ。

29さんが写真を撮ってくれた。動画も。
高速道路のタンデム利用可の恩恵は計り知れない。
急がず快適なスピードで移動する。
(気分良くて、実は私、かなりの大声で歌唱中デス)

番は脇見しまくりなのでビューポイントにさしかかる度に教えてくれる。
いい眺めを取るか前方注視を取るか、それが問題…、当然チラチラと脇見。

びゅーん

SENさんもびゅーん。

まるでヤマハの回し者みたいな気持ちよさ気なライディングです。

八ヶ岳PAでチョト休憩。
ここまで寒さはそれほどでもなかった。

八ヶ岳は冠雪。
写真には写ってないけど麓が完全に紅葉しており、その色づき方はダイナミックの一言。

中央道>岡谷JC>長野道>豊科IC

驚くほど寒い!
意外と湿度が高いので、放射冷却が収まっていないようだ。
停車して日向にいればポカポカである。

豊科IC>県道(?)>K321>K306>K327

アルプスの山々。安曇野だなぁ。

K327かな。秋はイイよな。
これがあるからツーリングは堪りません。

とっとと目的地に到着。
見込みより15分ほどの遅れ。
よっしゃ、ナイス・メイク。(←何を狙ってるわけじゃないけど、ちょっと嬉しい)

かなりの人気店らしく20分ほど行列する。
神社の鳥居の真横が店舗である。

先ずはもつ煮を頂く。

お嬢さん方、
お銚子何本付けましょうか?

番は「酒呑みて〜」とグッと我慢の左手のようです。

フッフッフ。
日向は暖かいゼィ。

蕎麦が出される。
写真は二人前のざる。
結構なボリュームがある。値段は丁度二倍。

6:4かな?もうちょっと割合は低いかも知れない。
個人的にはざるよりかけの方が美味しく頂けるような気がする。
粉っぽさのないのどごしの良いソバ。香りは強くない。
自分もコシには拘りがない。
歯ごたえはある意味秩父系の蕎麦に近い気がする。

こういう薬味の盛り方は嬉しいね。
その分値段は上がるけど、足りないよりは正直に嬉しい。
ガツガツと頂くのがここの流儀なんだね。ざっくばらんな気取らない感じが良い。

そば湯を飲んだ印象はサッパリとした印象であるも香りは主張あり。
これは好き嫌いがあるだろうなぁ。

駐車場に戻ると…、
トンボ君、轢かれないようにしてね。

ルーティング・プランを裏の隊長(?)に提示する自分。
初ルートばかりなので交通状況判らず、オッケイが出てしまった。

K327(戻る)>K306>K275>K51>K274

以前、別件で安曇野の東側の山中に来るまで連れてきてもらった時のことをすっかり忘れていた。K274はその時通ったような林道的な細い道。40Km程移動しないと行けないのだが大幅なタイムロスとなる。

まぁ、裏山達が鮮やかに色づいているのが間近に見れたから良しとしよう。
(同行諸氏、予想外の険道で失礼しました)

記念写真撮っとく?

K274>K55>R403

日曜日なのでことごとくGSが休店中。
久々にトリップ300Km近くまで引っ張った。

麻績のGSにて給油。
18.8Km/L

GSで給油してくれたアルバイトらしき女性に「今日は暖かい方ですよね?今夜は冷えるでしょうか?」と聞いてみたところ、「今日はとても暖かいですよ〜。今日は良く晴れてるんで、残念ながら夜は冷えそうです…」とのお答え。うーむ。寒くなりそうだなぁ。

R403>町の名も無き道達

何度かズンドコ未遂をするも、松代温泉・一陽館に到着。

お湯〜。

一陽館の親父さんが最初にガス抜き漕の説明などをオリエンテーションをしてくれる。露天風呂のシステムなどは聞いておかないと初めて来た女性は入れないだろう。水着等着用可。今回は支度がないので女性陣は内風呂のみの入湯。露天は体温プラスαの温度で半日ぐらい浸かってられそうだ。

とても濃いお湯(親父さんは「比熱がとても高い」と言っていた)である。
こりゃ、湯当たり注意報ものである。ズン、と来るお湯。とても気持がよい。

写真は浴場棟。

かつては宿泊も受けていたようだ。
きれいな建物。
日暮れ時、名残惜しいが駄目化している余裕が無い。
冷え込みそうだ。夕日が美しい。

 

K35>(地蔵峠)>K35>R144>上田菅平IC>上信越道>横川SA

横川SAにて休憩。
寒すぎる…。

「もう動きたくない」症候群になる。
29さんはそんな人たちを後目に「時間があるので…」ということで一足先の出発。さすがだ…。ひとしきりウダウダして半ば諦めて再出発。冬だな。途中見た寒暖計は摂氏5度だった。もうちょっと冷えてるところもあったのだよ…。

下仁田IC>R254>K45>R299>(秩父)

秩父のお山も寒かった。
根性無いのでくじけた。
途中見た族予備軍のおにーちゃん達などスウェットで乗っていたのに…。

所沢で最後の給油。
19.2Km/L

>R463>R254>環七

途中コンビニで暖を取りつつ帰宅。
意外とヘロヘロだ〜。


Back to motorcycle