Back to archives


日光仮面は磐梯山を望んだか?

筑波山なら望んだらしい。

更新日2005.9.13

二日目へ


さて、なぜか気合い十分の自分。
そう、天気予報は晴れ!(悲劇を招くが…)
最高のツーリングにしようぜ!GPZ君よ。
4:33自宅前。

環七>目白通り

一回目の給油。
14.6Km/L

空気圧もチェックしたけど、
スタンドにあるゲージ使ったんでいつもよりちょっと高めになってしまった。
(これもあとでプチ悲劇を招く)

練馬I.C>関越道

まだほとんど夜ですね。
料金所先で通過チケットをしっかり格納。

寄居P.A(だったと思う…)にて朝飯のサンドイッチを摂取。

ぽつぽつとバイクがいました。
新車の慣らしらしき人も。ループ者かな。

5:21

関越道>高崎J.C>北関東道>伊勢崎I.C

自分の持ってるツーリングマップルに北関東道の記載はありません…。
存在すら最近まで知らなかったです。取り残された感満載です。

それにしても空いてます。貸し切り状態です。
今日も無事に朝がやってきました。気持良い。。
真っ直ぐで退屈といえば退屈だけどゆっくり走ります。初めて見る景色だしね。

伊勢崎I.C>R17>K73

R17とK73の交差点にて。右折して大間々方面へ。

K73

空いてて走りやすい。
大型スクーターにロッドケースを搭載した人としばしランデブー。

信号待ちにて。 聞けば、「大間々のちょっと先にフライを振れるところがあるんですよ〜」
とのこと。
釣りもバイクもグッドラックで。

K73>大間々>R122

R122も時間が早かったせいか、2、3のペース・カーがあっただけで快走できました。
ライディングはスランプ気味なので調子に乗らずほどほどのスピード。
足尾付近は初めて見る景色。(写真撮ってないな)

田中正造を思い出しました。

R122>R120

上記交差点である細尾交差点(たぶん)よりR120方面を望む。。
男体山が見えてきました。

R120

後方にCB1300ボルドール。
新車っぽかったです。(←新機種だから当たり前)

いろは坂を登り切った所にあるレストハウスにて。
CBXとCB400SFのコンビがいました。なんだかCBづいてるなぁ。
CB者は朝に強いのか?

なんだい?
なんたいさん。

ケーブルカーのワイヤーが写真的にはジャマですね。

中禅寺湖にでました。
15年ぶりぐらいかなぁ。

ちょっと寄り道して華厳の滝。
先の台風の影響か、水量大盛りで大サービス中でした。
それともいつもこの調子なんだろうか?

風向きが良くてくっきり見えた。
呟いたね、思わず。おぉー。

別角度から。
水煙で虹が出てたんだけど、写真だとちょっと解りづらいなぁ。残念。

R120

木々の中を進みます。
観光車が多いけど、気持の良い状況です。
木漏れ日ってきれいだな。

図らずもセルフショットになってしまった。
なんでカメラ目線なんだい、自分よ。

戦場ヶ原。
思いっきりのんびり通過。

バイクで走り抜けちゃうと案外とすぐに終わっちゃいます。
途中の駐車場で一息入れれば良かったなぁ。 ちょっと後悔。

R120>奥鬼怒林道(山王林道)

川俣温泉方面を目指します。

うーん、木漏れ日。
結構暑い。そして眩しい。

お茶の時間にします。
ヤマヤマをバックに親バカ写真。

ちょっと先にて。
この碑はなんだろな?

ここでも台風の影響か?
落ち葉や落ち枝が多いので運転は気が抜けません。
どうがも撮ってみましたがどうがしょう?

奥鬼怒林道>K23

川俣にでました。
良い感じの突き当たり。

釣り人が橋を横断中。

K23

この直前、小さな橋の進入で後輪が滑って転けそうになりました。
左コーナーです。ヤレヤレ。
縦方向の段差+空気圧高すぎ+荷重抜け等々が原因でしょう。
危ないところでした。さらに気を引き締めてGO!です。

K23 川俣ダム付近にて給油。

休憩時に電圧計を見ようとして間違ってトリップリセットしてしまった…。
それは良いんだけど(オッドがあるから)、おまけに給油時レシートを紛失…。
よって燃費不明。

K23は川治温泉に近づくにつれだんだん快適ロードになります。
ま、県道の常識通りです。
変わった川岸だったのでパチリ。鬼怒川です。

K23>R121

R121にでました。
田島・川治方面へ

 

川治温泉には24時間いつでも頂ける温泉があるようなのですが、
まだ午前中なのでパスしました。
川治ダムに立ち寄ります。

げ…。
結構でかくて高いのね。
この上通ってきたんだなぁ。
ダムの駐車場でツーリングマップルを関東版から東北版へ 切り替えました。
東北版、久々だなぁ。

R121に戻り、突き当たるまでひたすら北上。

あまりにキレイだったんで、ハイ、親バカ。

山間の快適な道(信号なんてほとんど無い)をひたすら。

セローのツーリストと一緒になりました。
二人とものんびり走ってます。

ハイ、パチリ。
メーター読みでは制限速度オーバーですが、
これよりゆっくりだと車(ペースカー)においていかれます。

R121>R289

おぉ、造り酒屋。

R289もこれまた快適道。のんびり走ってて気持が良い!
付近にはキャンプ場もいくつかあるようです。

峠をひとつ越えて下り中。お山がきれいだイエィ。

R289は南郷村役場付近で右に折れ北上します。
12:00。ここらでお昼を。

ざる蕎麦大盛り。

雲がきれい。
ちっちゃい写真では分かり難いですが、朝顔がきれいに咲いてました。
とうもろこしもウマそー。

ちなみに南郷村の名産はトマトのようです。
そこかしこで”これでもかっ”ってぐらい売りまくってます。
一つ買って食べれば良かった。お蕎麦で満腹しちゃったんだよなぁ。

R289>K153

どれどれ、ここらの県道はどうじゃろな?

うーん、イメージ通りの美しい日本の村落があります。
福島って良いところだなぁ…。
思わず歌っちゃうね、メローディーになってないけど。

なだらかな山の中の道を静かに進みます。

きれいだなぁ。
小さい秋もあるな。

たんぼ。
美しい。

天気のお陰もあるけど、こういう道も最高に気持が良い。

濁りのない実り。
この棚は台風の被害が無かったようです。
たんぼってきれいだなぁ。ゲージュツだ。

K153>R252

突き当たり。R252にでました。
合図若松方面へ。

ここらでもういっちょどうがでもどうがしょう?


こんなどうがもどうがしょう?

湯倉温泉へ立ち寄ります。

R252からはこの橋を渡って来た対岸に湯倉温泉はあります。

橋の上からパチリ。
風がないので水面に映るお山は2倍増量サービス中。

湯倉温泉の共同浴場です。

同温泉のポンプです。
ここから共同湯とすぐそばの民宿へ配管されていました。

お邪魔します。

男女別の更衣室ですが、浴場は一つです。

写真奥の壁沿いに湯道が引かれており、
途中の切り込みから湯船に分水されてます。
分水量は置いてあるタオルで調整。
そのタオルは温泉成分で真っ茶色に着色されてます。

濁り湯ですが、空気と触れあい濁りが生じるようです。
かなり熱め(推定摂氏48度以上)ですが、
湯船の中に流れのないお湯なので、一度浸かっちゃえば動かない限り耐えられます。

非常に欲暖まる、お濃い湯です。

いっちょ上がりの駄目人間。
すっかり放心してます。

R252>会津川口>R400>K237

沼沢湖畔キャンプ場。

まだ3時前ですが、その辺を散策でもしようかなと思い早めのテント設営としました。
買い出しもしないといけないし。
1000円(一張り)と300円(管理料)チョイ高いけど、きれいにされているキャンプ場です。

すぐそこに椎名誠写真美術館(?)があります。
入場料が設定されてたので見なかった。ちょっと見たかったな。
シーナの石碑もあったなぁ。

テントを張っていると上空から「ごー」という音が…。
そう、雷さまです。

普段はあまり張らないフライシートのテンションコードですが、
雨と冷えに備えて設置しました。

サイトはこんなところ。
ナイス・ビューでしょ?
雨が降り始めました。

キャンプ場の管理人さんに買い出し候補地を聞くとやはり川口の集落とのことだったので、
習った道で向かいます。

雨は土砂降りになりました…。

こちらの商店で味付ラム肉@140円を200g購入。
店主のおばちゃんと少し喋りましたが、お互い30%ぐらいしか意味が通じません(笑)。
ニュートラル状態だと、この辺りは結構訛が強いようです。

お店向かいに停車したところ、排水溝の金網蓋で滑って…。本日2度目。
滑るかもなぁという未必の故意でしたが、いざ滑ると焦ります。
豪快に滑るし…。

国道沿いのGSにて給油。
18.6Km/L
15:39

キャンプ場に戻る頃には雨は小雨に。
今のウチにメシ、メシ!

アブナイ雲行きだなぁ…。
こりゃいつまた来てもおかしくないよ。

今夜の食卓。
シンプルすぎる羊丼。ビールは奮発の500ml!

旨いぞ、イエェイ。

とうとう降ってきました。
土砂降りです。

少しテント内に浸水してきました。
グラウンドシートからではなく、地面に当たった雨粒が跳ねて壁面へ当たっているため、
グラウンドシートとの境目から浸水です。
ヤレヤレ、 浸水はいつぞやの台風以来だなぁ。

雷がゴロゴロ言ってるのですることもなく、適当に寝ます。
こんな日は何が起こるかわからないからあまり深酒できないのが残念。
雷がぴかぴか光って眩しい…。酔いすぎたのか?

おやすみなさい。

午後11:00頃、目が覚めてしまった。
蒸し暑い。

雨は峠を越えたようなので一安心して追っかけの一杯。
地酒の栄川(ワンカップだけど)

愛用のキャンドルランタン。

これを焚くとテント内に溜まりに溜まった湿気が強制排気されて幾分か気持がよいです。
火の気がないとこういう日の湿気は何をやっても逃げません。
外は適度に涼しいので暖房効果もちょうど良い感じ。
起きたついでにブルーシート被ってトイレにも行きました。

これはお土産用に買い求めたワンカップ。
Dr.野口カップ。

イカしてるぅ!

酔っぱらって寝ました。
虫集きがここちよい。


二日目へ


Back to archives