Back to archives


2005.5.21 大井川へ (1/2日目)

大井川を遡上して赤石温泉を再訪するのだ!
湯を満喫するために、走るぞ、自分!! (2/2日目へ)


毎度おなじみ、ちり紙交換車でございます。
出発前の運行前点検ね。
各部良好!(こんな時は空気圧チョイ高めね。)

朝4:30出発の予定だったけど、荷物を積んだ後にシート下に工具を入れ忘れたのに気づいて、もう一度荷物を積み直し。(工具はあとで大活躍ね…残念ながら。)

結局4:40分のご出発。

環七>R254

今日も新しい朝が来てます。
非常に順調です。(朝霞付近)

R254>浦所街道>R463>R299>正丸峠>県53>R411

奥多摩〜。
僕は周遊道路より、大菩薩ラインの方が好きです。
朝練とおぼしき黄色いドカティに置いていかれる。
お先にドーゾ。

似たようなペースのオートバイが三台連なっちゃった。
ミラーに映る彼は右コーナーで転びそうになってたんで、
刺激しないペースで適当に走ってます。

順調に柳沢峠。
写真ではトビ気味だけど、富士山がきれい。
(写真の人物はたぶん先ほどのドカティ氏)

R411で塩山入り。
駅前の辻を南に入ったら思いっきり古くからの住宅街。
アドマチックな散策(路地を入っても葡萄畑がいっぱい)をしながらR411へ復帰。

R411>R20>県140

この道好きです。

ワイン飲みたい。

いつもいつも、毎度ながらこの辺りは迷う。

迷ったついでにお寺見物。

福光園寺

県36に出て、精進湖方面を目指します。

ストレートアヘッド!

鶯宿の茶屋"隠れ茶屋"に立ち寄り。

値段は¥1000ですが、内容を考えればリーズナブルよ、マジで。

お茶と漬け物・和え物を最初に出してくれます。

和え物(菜の花っぽい何か。不明。えぐみなし)
漬け物(キャベツ、山椒←ヤバウマ)

おかぁさんが薬味と天ぷらの材料を摘んでくれています。
グッと来ますね。

店内。

いよいよおそばとご対面!
見よ!きしめんも真っ青なこの太切りをっ!!

ワケギは、さっき表で摘まれたばかりのこれ以上ない新鮮さ!
天ぷら(名称失念の葉、フキの葉、山椒の葉)も摘み立て!

蕎麦は親指よりも全然太いです。
厚みはフィットチーネぐらい。

6:4かそのぐらいの蕎麦かな?
香り立ちは、柔らかめの、しかししっかりしたものです。
見れば分かりますが、当然100%手打ちです。
つゆは甘口。

ボリュームは無いですが、贅沢な天ぷらです。
薫り高く、ウマいんだこれが。

お店の前の橋の上から。
おじさんが中州の草を刈っていました。
何に使うのかな?

隠れ茶屋のおかぁさんに戴いたあめ玉をしゃぶりながら県36を進みます。
川沿いの気持ちの良い道。

県36>R358>県36

県36>県409

四尾連湖に立ち寄ろう。
ぐんぐん登っていい眺め。

県414>県9 下部方面へ。

蕎麦畑!

食いて〜。

近所の人。
いつもいい蕎麦をありがとう!

橋を渡らないと行けない家、です。

R300にチョイ乗り。

R52に出ました。
富士川を渡ります。

再び川を渡って身延駅方面へエスケープ。
県10へ乗り換えます。
写真は無いですが、この後ハプニングがポロリ。

ぬわわぐらいで気持ちよく走っていたら、
ビシビシッと背中を二カ所、蜂に刺されました。

暑かったんで、ジャケットの首の所を開いて風を入れてたら、
風と一緒に入ったらしい。ハチ君、君は風かね?

のけぞって停車。一人寂しくもんどり打って痛みに耐えました。

 

県10>県190>R52>県75

昼下がりの眠気が襲ってきて写真をサボり始めた頃。
既に清水市に入ってますね。

県75大向付近。
興津川では鮎の囮釣りをやってました。鮎、ウマそー。

昼寝を試みましたが、暑くてダメでした。

河中付近にあった謎の建造物。
徳利?

第二東名の高架橋(建築中)の近くです。

県75がいつの間にか無くなって、野生のカンでどうにかR1へ。

東清BPで羽鳥ICまでR1。>R362にて千頭を目指します。

R352

新茶の季節。旨そう…。



橋の上は風通しが良く、涼しいので一服。

それにしてもデカイです。

高いです。
欄干が低いです。
コワイです。

千頭に到着。
川根大橋から大井川。

県77をちょっと北上して、本日のキャンプ場、
八木キャンプ場です。

我がサイト。

荷を下ろして先ずはお風呂ね。
キャンプ場の近所です。

ナトリウム-炭酸水素塩泉
神経や筋肉に効くそうで、バイク乗りにゃぴったりです。
入湯料¥500

風呂上がりに千頭の街へ出て買い出しです。
ツマミとビール、予備(?)でウイスキー。

御飯を炊く前に先ず一服。
お手軽だけど、落としたコーヒーは旨い!

地物の野菜。安くて旨い。

お焦げも輝かしく、
久しぶりの割に上手に炊けました。
チョイ堅めだったんで、水を足して追い炊き。
こんなもんです。

このぐらい日が明るいうちなら
まだ蚊は飛んできませんでした。

食卓。
いわゆるひとつのボンカレー。
カルビ焼きと悩んだんだけど、
コストパフォーマンス重視。

保温マットに巻いて置いたんで、まだまだキリリと冷えてます。
イェイ!

日が暮れる前に火を入れて。

お!月夜ですな。

だんだん昇ってきます。

夜が来ました。

ダメ人間、いっちょあがり。
はよ寝なさい。


  (2/2日目へ)


Back to archives