空気読めなくて恐竜滅んだ
エレキのポカムス10月

トップでお茶を

----10/31
夢のあごひげ男爵●
 心残りになっちゃいけないので、朝からずーっと難航してた曲を作りました。
 出来たとして、ライブじゃしにくい曲だなあ。でも気に入った曲なので、早速MP3にして道中で歌固めをしよう。

 昨日メールが来ました。
 (※要約)
 「はじめまして、大変恐縮なのですが(mixiの)プロフィール写真のヒゲ紳士はどなたでしょうか?」

(※こんな写真)

 えーっと、画像自体は拾い物なのですが、私もかつては主に福岡地方であごひげ男爵さん(笑)と名が知れていたほどのヒゲ通です。こうなったら調べてみようではありませんか。
 まず面白ヒゲといえば「世界あごひげ選手権」。
 http://www.worldbeardchampionships.com/
 (クラクラするくらいあごひげ男爵たちの写真がいっぱいです、超オススメ)
 この中にあるのではないかと仮定しますが、見つかりません。

 このあごひげ選手権、1990年からの開始なのです。
 画像を見ると少し古い感じがします。古い写真のスキャン風か。見ているうちに、不思議と記憶の片隅に刺さった何かが浮かびました。
 何か、軍人か何かを調べてる最中に、これを見た記憶が・・・。
 早速ググってみます。

 「ヒゲ自慢 軍人 戦前」

 ・・・あったあ!!
 長岡外史さん
 http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/gyosei/koho/fureyama/backnumber/2005-02/html/09_sittyoru01.htm

 プロペラヒゲ!!
 確か、QMAに出てきた「スキーを初めて広めた日本人」を調べてたときに発見したんだ。

 画像の石像は山口県下松市らしい。

 メッセージ頂いた方に丁重に調査結果報告。
 大変喜んでいらっしゃった。
----10/29
旅に出ようと思う●
 出るかどうかすら決めていないけれども。
 行く先の条件付きで嫁のOKが出たっぽい。
 厳島にお参りに行くという話ならいいらしい。
 いや、出るかどうかもまだ決めていない。

 先ほど森さんと会話。こういうときに本当に持つべきものは、理解者だと思う。
 堕天使の話をする。

 12月、自分主催で「宇宙サービスレコ発!」企画でいこうと発案。
 1バンドと2個人に軽く、話をしているので5バンド+1、上等じゃない。
 これで、死ぬ気で音源作らねばと思うような状況になってくれたらいいけれど。


 「このままずっと家でぐだぐだしてたって、埒があかないじゃない」
 本当に嫁、わかってらっしゃる。 
----10/28
万策尽きる●
 期待していた案件がパーに。
 ちょっと運がなかった様子。

 深刻な顔で別の手続きを済ませ、何とか次に繋がるよう手を打ちにいく。
 どうころんでも深刻だが、何もしないわけにはいかない。



 家に帰ったら、嫁がいつものように寝っころがってゲーム中。
 疲れがどっと出た。
----10/27
ダンヌンツィオに夢中●
 最近筒井康隆の「ダンヌンツィオに夢中」という本が欲しくて探しているんだけれど、一向に見つからない。

 ダンヌンツィオの話は非常に面白い。
 イタリアの裕福な生まれ、10代で文壇の寵児に。20〜30台で離婚、破綻などを繰り返す。不惑の頃から国会議員に、のち愛国者となり従軍。第一次大戦で敵地に煽動ビラをまく武勲を立て、最前線で戦い、片目を失う。
 その後、「未回収のイタリア」と呼ばれ、領土問題で国際紛争になっていた飛地の港町・フィウメ(現在ユーゴスラビア)を私兵4000人を引き連れ占領。髑髏のアップリケをした黒いシャツに身を固めた連中は、スポーツカーで行軍したという。

 占領には成功、その戦果をイタリアに差し出したものの、本国はこれを「愚か者の所業」と裁定、無視を決め込んだ。この戦果を高く評価したのがレーニン。そして彼の取り巻きは無政府主義者、社会主義者などが集まっていたようで、彼らはたいそう熱狂したそうな。保守的な人間にはたまらないだろう。現にレーニンからは祝辞が来たらしい。

 しょうがないのでダンヌンツィオはフィウメの独立を勝手に宣言。「国家の最高原理は音楽」と定め、「政治家・芸術家・音楽家・(あと三つくらい何かあったが最後の一つがこれ→)・超人」をヒエラルキートップに構え、その下に労働階級を置くといった近代ファシスト政権の卵のようなものを作った。
 もちろん最高原理は音楽なので、毎日夜にはコンサートが開かれた。
 ダンヌンツィオさんは国民的文化人だったので、財閥からも寄付金がたくさん寄せられたという。

 毎日延々と続く、終わらないお祭り。

 …いや、そんな史実の話を筒井康隆が三島由紀夫論として取り上げており、是非読んでみたいと思っているんだけれども。いまだに使ったことがない(本当)、アマゾンを利用すべきか。
----10/26
音源制作中●
 のんびり作ってたら、15曲くらいに膨らんでいます。
 分けて出そうか1枚にするか。
 まるで民主党の2011年度概算要求です。

 3曲ばっかし、オケがまだできてない。
 ・・・最後のやつなんてまだ歌詞しか出来てねえ(苦笑)。
 歌入れはスタジオを借りようと思っています。楽しみ。
 ・・・誰に聴かせる?今から考えます!!出せば景気がよくなるはずです!!

***

 鳩山総理の所信演説で、「経済合理性や経済成長率に偏った評価軸で経済をとらえるのはやめよう」という言葉があったらしい。
 この言葉自体は非常によい言葉だと思う。実際そう思う言葉ではあるが、このグローバリゼーションが幅を利かせまくった状況での、国際競争下の日本で軽々しく言う言葉ではないのだ。
 美しい言葉に酔いしれて、現実の競争から降りる行為なんざろくなことがねえ。

 ・・・でも、それでも本当にユートピアに連れて行ってくれるのかい?
 その一言を待っている悪魔がこちらをちらちら見ている。
----10/24
大耳で2曲披露●
 久々に、大耳で歌固め。
 「Ghorem Ashole」「25%削減のうた」をやってきました。

 終わったあとに感想を聞いたところ「このボーカルとこのトラックでなんであんな歌詞なんだ」というしてやったりの反応が次々と帰ってきて、おれの心の中のタイガーウッズはガッツポーズして「ガッ!!」と言いっ放しです。

 欠点も指摘してもらって大いに助かる。
 アフターミスドで外山氏が現れてびっくり。
 CDの帯を書いてもらう約束をしました。今度こそ。

 帰りがけ、車内で探し物をしていたら車外に内容物をぶちまける事態が発生。あわてて全てを拾い上げ、帰宅・・・も。家で確認したら外付けのHDDが見つからない!!あわてて引き返し、駐車場周辺を探すも見当たらず。
 まだだべって残っていた高祖君、ジプシーさん、鹿児島君が色めき立つも、自分はがっくり肩を落として「まあ、しょうがないよ・・・」とつぶやくばかり。


 ・・・家に帰って。


 もう一度かばんを調べたら、探したはずの別のポケットの端っこに申し訳なさそうな感じで挟まっていましたーーー!!!!
 心配かけて、本当に3人には申し訳ない!!
----10/22
ポカムスというバンド●
 藤田さんが弾き語っているのを大耳で始めて観た時、歌詞の危うさばかりに目をとられて過小評価をしてしまった。大耳って場所だったからかなのもしれない。

 この落ち度はその後、ポカムスを生で見ることと相成った瞬間、とてつもない衝撃を生む下地となる。いや、ぶったまげてしまったのだ。大耳で見る藤田さんは、ともすれば一書生の手習いのギター弾きのたたずまい。ポカムスが見せるステージアクトはまったく似ても似つかないのだ。
 マッチョなドラムスとパーカッショニスト、難しい顔をして弾いてると想像するしかない常に後ろ向きのベーシスト。そして本当に難しい顔で弾いているハモンドオルガン奏者兼ギタリスト…の真ん中。その暑苦しい面子の真ん中で、藤田さんは飄々と、しかし自分の持っているぎらつくナイフのような歌詞世界を存分に歌い上げる。

 そういえばライブも見れてないうちに最初に買った音源(ジャイアンシチュー)は確かオルガンなどが入ってなかった記憶がある。
 この編成に至るまでのポカムス青春ストーリーを想像すると、凄く羨ましい。

 このバンドの「原始大陸パンゲア」という曲はなんかコード進行が心の琴線に触れるらしく、いつも涙ぐみそうになる。(その曲の動画もあるんだけれど残念ながら音と映像がずれていてね…それでもいいっちゃいいんだけど)
----10/21
一銭めしやとポカムス●
 観に行ってきた。
 ポカムスの藤田さんがなぜかラムちゃんとらんまのTシャツを着ていた。
 ポカムスは実験音楽ナイトがあまりに強烈だったから、あれと比較しちゃうのは酷だけれども、ちょっと藤田さんの気負いすぎ(苦笑)が映ってしまった。それでも凄いライブでした。


 一銭めしやの演奏は恐ろしいくらい隙がなく、見ていて身震いがするほどだった。
 初めて対バンしたときを思い出す。あの時と同じバンドかってくらいの音になっていた。


 本当にいい物を見た。最近ずーっと自分の日記をまとめながら「おれ、何してきたんだろう月間」の今日この頃なんですが、まあ自分もそろそろちゃんとやることはやってたよって成果を見せなきゃいけない。金曜の大耳で新曲をちょっと披露しようかなと思っているので、今からまた練習。

***

 産経新聞いいぞもっとやれ。
 http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/091021/plc0910210316001-n1.htm
 あたしゃ日本の社会集団のありかたは嫌いだが、日本が何故繁栄しているか、自分が何故生かされているかはよくわかってるつもり。
 内患外憂の時代で革命をなしたい気持ちは、わかるんだけどね…。
----10/20
アントキの俺、アントニオ小俺●
 ホームページ整理ついでにここ5年分くらいの日記を整理整頓。
 mixi分もぶち込んだ。
 いろいろあった。

 ずーっと連続で読むにつれ、もう後半は痛々しくて読めないんだけれど(特に芝居時代・苦笑)、公開日記を残しておくことの意義っつーかね。チラシの裏でありオープンな文章であるってとこの線引きの難しさと、それとの苦闘とか。たまーに面白いこと書いたつもりでしてやったりだったり、駄々滑ったりとか。まあいろいろ考えさせられます。

 今、月毎の表題を考えるのが楽しい(2005/7〜2007/2までまだ未作成)。
 2007年7月の「一銭めしや」縛りの表題作りながら、今日夜ライブじゃんってことを思い出した。嫁の了承をもらったので、張り切ってはせ参じます。

 …タイトルは面白いこと書いたつもりで駄々すべり。
----10/17
じぶんをみつめなおす●
 凄い勢いで日記を整理しました。
 最初は「期間限定クイズ」のデータ整理が発端だったのだけれど、そこのゲートウェイをまず整えようと思ってたらそのまま日記の整理のほうに夢中になってしまった。2009年分と2008年6月・5月はまだ果たせず。
 膨大な自日記を読みふけって思った。
 今の自分に足りないのは「勘違いが生み出すモチベーション」だなあ。

 しかし、過去の自分を見つめなおすっていうのはキツイ作業だ。
 こうして日記って形という正のベクトルで生み出された形式になってると気分的に助かる。どう間違ってるか、まだなんとか受け入れられるから。しかしそれでもやっぱキッツイね。

 それよりもし、何かの拍子で「匿名掲示板でいままで自分が発言してきた内容をまとめ読みさせられる刑」に処されることがあったとしたら、マジで恐怖!!まあそんなことはありえないけれど、名無しで書き散らす文章の醜さと切なさと心弱さは、後々読み返すほど心にグッサリと刺さりそうだ。そういう技術が生まれないことを切に願いたい!!
----10/16
HDDファイル掘り●
 デスクトップに「sangoku.txt」なるファイルがあった。
 覚えがないなあ、何だこれ?

 (以下内容)

… 無念 Name としあき 09/09/29(火)00:31:21 No.80148187 del
>そういや三国志で一番好きな人物だけど自分は
ホウ統
… 無念 Name としあき 09/09/29(火)00:35:42 No.80149099 del
>ホウ統
「飯を食い
やがて死ぬでしょう」
って面接で言いたいと思いつつ絶対言えない
… 無念 Name としあき 09/09/29(火)00:42:12 No.80150345 del
>って面接で言いたいと思いつつ絶対言えない
この会社を真に帰ることの出来る者、それは君と余だ!
と人事部長に
… 無念 Name としあき 09/09/29(火)00:43:47 No.80150669 del
>この会社を真に帰ることの出来る者、それは君と余だ!
>と人事部長に
なにそれ雷こわい
… 無念 Name としあき 09/09/29(火)00:45:47 No.80151023 del
>この会社を真に帰ることの出来る者、それは君と余だ!
>と人事部長に
その時突然雷鳴が!
… 無念 Name としあき 09/09/29(火)00:50:27 No.80151939 del
>>って面接で言いたいと思いつつ絶対言えない
>この会社を真に帰ることの出来る者、それは君と余だ!
「人事部長は墓守、開発主任は門番、営業部長は文章の読み上げ、広報課長は太鼓叩き、警備部長は牛馬の番人、副社長は辞令の
読み上げ、経理課長は書類の伝令、専務は刀鍛冶、常務は酒粕喰らいが適任だ。企画部長は左官屋、総務部長は肉屋。秘書は五体
満足、支社長は銭取り太守、あとはただ服を着て飯を食っているだけの連中だ!」
… 無念 Name としあき 09/09/29(火)00:46:45 No.80151232 del
その日以来
としあきは病と称して
出社しなくなった
… 無念 Name としあき 09/09/29(火)00:47:57 No.80151457 del
>その日以来
>としあきは病と称して
>出社しなくなった
見舞いに行ってみるとしあき
… 無念 Name としあき 09/09/29(火)00:49:50 No.80151822 del
>>出社しなくなった
>見舞いに行ってみるとしあき
課長「出社せんと家に火をつけるぞ!」
としあき「玄関を土嚢で固めるのじゃ!!」

 (ここまで)

 おれいつの間にこんなの保存したんだ・・・と思ったら日付見て愕然。
 「09/09/29(火)00:49:50」
 先月末じゃねーか!!
----10/13
セッションは殺し合い●
 大耳の松永さん、それから先日のラウンジサウンズで度肝抜かれた荒木ひよう君とセッションしてきました。

 うん、殺す気のギターノイズとサックスに囲まれて、真剣抜いた感じ。
 大耳ではなかなかやれない殺す気のノイズが出せて満足でありました。
 もう、出す音のバリエーションはいくつかで固定にしたほうがいいな。
 最近とみにそう感じる。

 ちょっとのどを痛めているっぽくて、あまり声が出せなかったのが残念。

 終わったあとのひよう君とのトークは面白かったなあ。
 廃墟に興味があるというので、大将やカジ君たちと気が合いそうだねえ。
 いやあ、楽しかったです。

***

 ちょっと帰りにQMA。魔力がまだ伸びる。
 久々にたかと氏とあたり、1〜4位まで1点差の状況で優勝はどう考えてもまぐれ。

***

 芸能通のMVP発表を、ちょっと某所に持っていく書類を捜したり「島原の乱」のネット記事を読みふけってる間にすっかり忘れる失態。なんかぼんやりしちゃいかんですね、本当に。
----10/12
アンサー大会●
 行ってきました。予選負け。
 決勝進出寸前に見知らぬ強豪に当たってしまいました。

 しかも自分の出番を見切りミスってアイス食ってる最中に呼び出しがかかる失態。相手も気を悪くしたろうなあ。
 まあ、相手の肩書きが「難問早押しトップ100」だったので、まあ負けてもしゃーないと割り切り。ミミズさんとも当たったけど、早押しの分岐なしがミミズさんに吉、分岐ありが俺に凶と出たマッチ。しゃーないなあ、流れ流れ。

 待ち時間でQMAやってたら、魔力が4000をようやく越えました。
 魔力の九州ランキング、4〜5月はおおよそ20〜30位をキープしてたなあ。調べてみるとその辺、4300位・・・。まだ伸ばせると考えるか。
 QMAは大会で勝つとかまで考えると他の趣味、ひいては生活を壊すんだが(ゆえに回収は止めよう、が最近のテーマ。つまり自分がもっとガツガツしてた頃は・・・ってことね)、こういう数値目標くらいなら楽しい。

 しかしミミズさんから聞いたQMAの人の愚痴には笑ってしまった。あれ、相変わらずなんだねえ。

***

 明日はスタジオセッション。楽しみ。
 気に入ったら今度、そこのスタジオ借りようかなあ。
----10/11
ジマオの風は不敗の風よ!!●
 大耳に行って来ました。
 バカみたいに気合を入れたら、自分の普段の鍛錬不足が出たでござる。腹筋が足らんすね。ガンバリマス。
 いろんな人に話していた通り、シャウトしすぎで声潰すんじゃないかと思ったくらいやったんだけれど、今日全くその気配なし(!!)・・・不敗の風よ!!
 拓ちゃんと山上以来の対決、やっぱ楽しい。進化を明らかにしている。いま、宇宙サービスの音源製作中なんだけど、一部手直しか何かを頼もうと思う。

 20代の子から「あんだけ叫んで大丈夫ですか?」といわれ「まだまだいけるよ」と言っちゃった手前、やったろうじゃねえかと思ってやりすぎる辺り、おれも若いつもりすぎて嫌気が差すわい。

 帰りがけ、駐車券のスタンプ押しがてらパピヨンプラザによったら一発押しさんとみのさんに遭遇。日曜に博多のアンサーの大会があって、そのお誘いをうける。そりゃあ、ミミズさんが来るって聞いてるから行かない理由がありません!!

***

 いろんな人と相談したり対話して、色々光明を見出してみる。それが続く道かどうかは自分次第だ、と思うようになったら少し気楽になる。あくまで少しだけ。

***

 月曜日、先日のラウンジサウンズ実験音楽ナイトでみた荒木ひよう君とスタジオセッション出来ることに。
 楽しみだなあ。
 おれのセッティングは5分以内で済ませられるようがんばろう!!
----10/8
青天の霹靂●
 同世代の友人が、痛ましいことに遭ってしまった。
 何もしてあげられることはなく、無力さに身を捩じらせてしまう。

 その友人はいわゆるライバルだ。
 根っこは一緒で、思想も方法論も生活スタイルも何もかも、対極の位置にいる。
 なおかつ、同じくらいのラインで併走して走っている好敵手だ。いや、おれがゲームなんかにうつつを抜かしている間に、今は向こうのほうが先を行っている。そのうちまた彼奴に追いつかなきゃいけない。なーに追いいついてやるさ、やつに失礼だ。
 そんな戦友のような存在だ。

 彼に今日、こう声をかけた。泣きながら。
 「何でかのう、ワシらがこんな目にあわなあかんのかのう!」
 ・・・なぜか広島弁になっていた(なぜだ?)。

 少し間をおいて、照れ隠しに
 「ワシなんで広島弁になっとるんかのう!これ何弁なのかのう!!」
 友人はさびしく、しかしおれの気持ちを察して笑って
 「ジマオ弁じゃないかのう」

 生きることは無常だ。
 今日仕事の納品が済んで、祝い酒になるはずだったビールが冷蔵庫に入っている。
 多分、とても苦く感じられるだろう。
----10/6
安心院はややはずれ●
  
 日曜に出かけてきました。
 写真で見るとおり、大分のバス停でオードリー完成。
 収穫は今ひとつ。
 しかも変な操作をしたらしく、いくつかの写真がボケボケでガッカリ。
 嫁に「若林」のバス停を見せたら「キャ〜!」と嬌声を上げやがった。
 なんだかガッカリだ!!


 そうそう、日出生線の旧道をちょっと歩いてみました。
 「砥石谷」「上宇戸」付近が物凄い自然回帰を起こしていて、バス停の痕跡があったらよかったのになあ。おそらく昨今の災害でやられたがままではないかと。
 とても写真を撮る気になれず。

 帰りがけに日田のゲーセンに寄ったら、アンサーがQMAに化けていました。
 ポケットを探るとカードを忘れてたらしい。日田で新しいカード作って帰りました。
 物珍しさで満席になってて、ほほえましかったなあ。
 福岡じゃ「2クレじゃないと客が付かん!!」だもんねえ。
----10/3
床屋政談●
 今日、双葉の二次裏mayにて。

… 無念 Name としあき 09/10/03(土)11:26:54 No.80795373 del

首都圏の人は付近の高速無料にもならないし自動車税は上がるしで不平等もいいところだな
鳩政権はその辺のバランスを考慮する能力を持ってない気がする

… 無念 Name としあき 09/10/03(土)11:33:24 No.80796083 del

>首都圏の人は付近の高速無料にもならないし自動車税は上がるしで不平等もいいところだな
おいおい、地方の方が悲惨だぞ?
交通インフラ無いから移動手段は車しか無いってのに使わない高速道路のために増税だぜ?
無料化で誰が得するんだよ

… 無念 Name としあき 09/10/03(土)11:39:02 No.80796688 del

>無料化で誰が得するんだよ
道路公団がただひたすら得をします
「元を取るために〜」「使わなきゃ損」て言って高速乗りまくるのはアホ
無料化しても税金で回収されるので今までと同じ金額を高速に払ってるのと同じです

… 無念 Name としあき 09/10/03(土)11:43:27 No.80797148 del

>道路公団がただひたすら得をします
修繕費物凄いだろうなあ

… 無念 Name としあき 09/10/03(土)11:44:47 No.80797278 del

修繕費の3割はワイロで出来ています


… 無念 Name としあき 09/10/03(土)11:46:12 No.80797428 del

>修繕費の3割はワイロで出来ています
子供手当ても賄賂みたいなもんじゃん



 最後の一言の後、スレの進行がピシッと止まった。

 貰えないうちらにとっちゃあ、賄賂みたいなもんにしか見えんよ。
 使途限定の金券にでもされたら納得いくけれど、現ナマ支給じゃなあ。
 以前身内に近いとこに、児童手当をむしって遊興費に使う馬鹿がいたのだけれど、それを見てるとそいつ一人が馬鹿じゃなくて、ああいう底辺の文化的素地がそうさせてるって実感したのでね。
----10/2
携帯買いました●
 アドレス帳がものの見事にありませんので(苦笑)、わたくしの電話番号がメモリに入っておられる方々、「私に一本、電話を入れてくれ!!」(外山恒一の政見放送調で)

 月曜にいろんな関係者のところに行脚しないといけない、弱った。

 二日間、ヨドバシやらショップやらをぐるぐる回っていて、これはという携帯になかなかめぐり合わなかったもんでしたが…天神で分割額480円、カラーは金色という出色のものを発見。
 で、ショップの人との会話。

 「いやー、4回目なんですよ落としたの」
 「凄いですね、プロですね!!」
 「それで飯食えたらいいんですけどね。」
 「そうですね、落とした瞬間お客さんがわーって」
 「ぼんぼんおひねりが飛んできてですね」

 後ろの新米店員さんが笑いをこらえておりましたとさ。


 帰りがけにラウンドワン近寄ったらかるみんさん、なすきくんがQMAの店内対戦中。混ぜてもらうと・・・測ったように2プレー目からボロボロに!!素QMAは脳のエネルギーの消耗が早い。



 帰りがけ、警固公園を歩いてふとオヤジのことを思い出した。
 この公園とオヤジとはなかなか書くだけでエキサイティングな思い出があって、劇団GIGAいたときに菊ちゃんにその話をしたら「かっちょいいね、アツイねオヤジ」と感想が返ってきたのだが、詳しくは書かない。
 その破天荒かつ大迷惑なことをしてのけたオヤジ。
 …それを書ける日は、まだ来てほしくない。

筑紫野9月

春日で8月

原始大陸7月