ああっ!!ムウマ様っ!!
しかし家に帰るとドンの字2月分

現代怪奇トップ

----2/24
●SHINJI&BOGEY ふたりのビッグショー●
 ・・・てな訳で、シークレットオファー完了。3年ぶりの役者(チョイ役)でした。
 ショー自体面白かった!!
 いつもお世話になってます、ヨコチンレーベル・ボギー氏とワルツエレジー・コヤナギシンジ氏(プロフ見たが、とんでもない人です→http://www.waltz-elegy.net/enter.html)のツーマン弾き語りショー・・・だったはずなんだけど。
 ボギーさんの「北島サブちゃんショー見てさあ、アレは凄い。ああいうのやろう。演劇だよ!!」というひらめきで、また凝った寸劇が入っちゃって。
 で、チョイ役の役者で呼ばれたというわけでございます。

 「今こんなおもろいものあるけど見る?」的な、サブカルチャー色全開のアプローチでって、野心があった頃は自分が目指してたとこなんだけれどなあ。福岡じゃ無理かもなあと思ってたとこがあったんだけれど、これはすごい。見事にチープでいて見事に、これぞショー!!
 見事に自分の敬愛するそんなアプローチで、大衆演芸的な境地に持って行っていったあのショーは、「奇跡」(※観た人しかわからないね・苦笑)として語り継ぐしかあるまい!!

 次回があったらもっと変なことさせられそうだなあ・・・(苦笑)。

 シンジさんの歌がまたとんでもない。ストレートな歌詞を圧倒的な技術でぶっ飛ばしてくる剛速球野郎。こまっしゃくれた芸術論が風圧で吹き飛ぶような音楽で、正直泣けた。ピアノの弾き語りがまた素晴らしくて、もう。

 対するボギー氏はそれに気負わず全くのいつも通りのカラーをぶちかまし、あのおしゃれ会場(ビルボード天神、旧ブルーノート福岡)に響き渡る「うんこ」!!あの曲が凄く受けていて、あの段階で「ああ、こっから先あの流れになったら絶対盛り上がるぞ」と確信。

 で、自分の出番を終えて、こりゃあしばらく入れんわいと対面のゲーセンでQMA5のコナミ検定をやって(苦笑)、戻ってみると客は暖まりまくり。
 演技に感極まって号泣しながら歌うシンジさんがまた最高!!
 これはもう舞台マジック(GIGAの山田さんが言うところの)だったと思う。そして、そういう空気が確かにあった。

 そして爆笑、ベタなお約束、全てをくるめて大衆演芸ショー炸裂!!
 最後はカーテンコールで、みんなで兄弟船を歌って終了!!
 大成功でした!!

 客席には知った顔の人が数名いて、ごまかすのに苦労しましたよ。皆々一様に「びっくりしましたよ〜」「アレはないっすよ〜」と言葉を頂きました。
 いや、ライブが素晴らしかったから、ウチらチョイ役も胸を張れたって感じですか。本当にいいショーでした。

 ところでこのショーの模様は、JCOM福岡ケーブルテレビでご覧になれるそうでございます。インタビュー中、さりげなーく小道具の銃を持って後ろを横切ったやつ、使われるといいなあ。

 打ち上げ前にまたQMAやったら、初めて京都のレキ氏(アニ線マスター、雲上の人)を倒して優勝。そう、あの日はめっちゃついてる!!何をやっても笑いが止まらなかったのはボギーさんだけじゃなかったのですよ(苦笑)。

 打ち上げのビンゴラブの料理が絶品。カルボナーラが最高!!カルアミルクがまた絶品!!
 打ち上げではサブちゃんショーの話と次回につながりそうな話で持ちきり。・・・こりゃ、次回も招集されて役者やらされちゃうのかな?そして去年の11月の宇宙サービス観ていただいたというJCOMの方からも応援をいただき、なんかいい出会いばっかでほっこりしましたよ、ほっこり。

 あらためて誘っていただいたボギーさんシンジさん、ありがとうございました!!

 早朝家に帰ったらドンの字が凄く拗ねていました。
 今日帰りにミスドでも買っていくかな。
 
----2/23
●徹夜→QMA5→朝●
 一昨日は徹夜だった。
 朝7時に出かける上司達のための図面作成。なかなかいい出来映えだったので「さりけり、さりけり。われあはれなりて、今日は君休みとらまじ」とのこと。

 7時半から暇・・・8時から店開いてる天神にでも行くか?
 QMA5やれないか?
 もちろんQMA5はプレイしないと公言したので芸人的お約束に則って、早速ドンの字を電話で誘い出し朝からやってきました。
 

 その後ドンの字と合流プレイしてたら、流石に眠気がMAXになりました。
 平日の朝から、みんなホント暇だねーと思ってたら周りはみんな大学生風(1人は知った顔で大学の後輩だった)。大学生は休みだもんなあ、うらやましいなあ。未練を残して帰宅。

 帰宅後ぐったり寝て、起きて。ドンの字と一言二言言葉を交わし、どうも会話がかみ合わない。

 「ん?今日は土曜日じゃないっけ?」
 「金曜だよ!!」
 「金曜って・・・待て、今何時だ?」
 「夕方だよ!!」
 「朝じゃなかったのか!!」

 昨日はなんかどうにも二日分あったような気がしております。いまだに。
 「ふう・・・ごま豆乳鍋最高によかったわ」
 そしてけだるい朝を迎えた。
 GAME OVER
 
----2/20
●QMA5●
 心奪われっぱなし ぼくはダメな大人 ゲーマー
 職業欄にゲーマー・・・
 (nontroppo「ゲーマー」)

 足を折って仕事を失い、夕方からの芝居の稽古まで部屋に引きこもって荒んでいた4年前。
 多少の貯金をそうやって無為に過ごして食いつぶすしかない無力感をゲームにぶつけた頃を思い出す。もし、あの頃が今だったら、多分なあ。
 今日QMA5が出るらしい。
 スタートダッシュに夢中になって、死にものぐるいでやり倒してただろうなあ。
 ・・・破産かあ。破産だねえ。名前残して、全て失ってるねえ。

 荒んでる時って、こんな「言われなくてもわかるわい」的な話もぐっさりと刺さる。そして、あの頃があるから今があると思う。肝に銘じよう、二人暮らしが始まったばかりだ。

 5は最終的に九州100位以内くらいを目指すかな。
 程々が一番。・・・待て、それって程々かあ!?
 (4はまあ、多少夢中になりすぎた結果だったしね・苦笑)

 今日、自分の仕事は徹夜必至。そして、別にどうだっていいや(むしろ行きつけの所は4のままであって欲しい、混むから)。ゆったり出来る頃になってからやりたいなあ。
 家に帰って絶賛問題整理中のドンの字に「あんたはやりにいかんのか」と話したら、「金がかかるから」と返してきた。うーん、二人で暮らしたのがたった三日なのに、日々意識が変わってきてるのがわかる。
 ・・・とかいいながら明日、天神に行くらしいけどね。
 
----2/19
●引っ越して、出勤して初日●
 遅く帰った。
 ドンの字が、うどんを作って待っていた。
 ドンだけに。
 あわただしく話し込んでたぎらせたり下の住人が留学生だったり公共料金の話をしたりで時間は過ぎた。

 キッチンの真ん中にQMAのドンさまのカードを置き、「こりゃあもう使えんなあ」。そういわれたらこのゲームのおかげで燃え上がった感じがありありだ。そしてようやくここまでこぎ着けた。ありがとうドンさま、マラリヤ、そしてアニゲ線。
 引き継ぎに「ロシヤのパン」というカードを作ってたら絶賛無くしました。
 QMA5は今一番好きなバンドの名前をつけたカードでやろうと思ってますが、平日のプレイ頻度は減るでしょう。
 今は家に帰る方が楽しいことに気付きました。

 mixiを携帯で覗いたら、とんでもない(苦笑)内緒のチョイオファーが!!
 何時かも内緒。いい出会いがありそうです!!

 今週末、仕事がグロりそう。実家作業は無理かなあ・・・。
 
----2/16
●本棚をスクラップ&スクラップ●
 さっきまで本棚二つを分解してました。
 今はただ、スクラップ&スクラップ。あげる相手が相手だけに。タハハ、上手いね。

 …そうです。相手は近所に越してきた、あの人ですよ。
 人間椅子のお札を貼ったまま里子に出します。

 ほのかな嫌がらせ(苦笑)のために、外山氏には「ドンさま(仮名)からもらった」と記してもらうことにしよう。
 そんで、明日は外山氏に会えるということで、最近研究してるとあるテーマ(「オタクのヤンキー化とその文化の変容」)について少し考えをまとめたい。

●おらが家に有名人さやってきただ●
 さっき総統が本棚を持って車に積んで帰りました。

 妹親子がやってきて写真とサインをもらってました。
 妹の子供は今年中学校ですが、総統閣下の住んでるとこのすぐ傍です。
 あの学校の学校裏サイト(苦笑)がもし出来たなら、ぜひ彼には手出しをしないこと。総統を敵に回すぞお!!(小市民な反応です)

 さてそれはさておき、外山氏とは近いうちに会話をラジオ録音でもしたいくらいのテーマがあって、自分が「オタク」という芸風を考えたときに「いまどきのオタク」とはどういう動きをしているのかをもう一度見つめなおしたくQMAコミュニティを覗いてみた話をさわりだけする。宮下君も交えて話がしたいなあ、これ。以前にも書いたけど。
 詳しい話はぜひ実現したときに。次の選挙があるらしいので4月以降かなあ・・・。

 帰りがけ、オフクロが有名人と雰囲気で察したらしく「ありゃまあどうもどうも」と丁重に挨拶していたが、反応がギガの菊ちゃんを迎えたときと一緒だった(苦笑)。
----2/15
●しづこころなく仕事立て込む●
 仕事が立て込んでます。
 「引っ越しを控えてるっちゅーねん」ということを全く度外視されております。
 「こっちも仕事の締切を控えとるちゅーねん」でございます。

 どちらを度外視するか考えたらそりゃあ後者です。
 DIOの側についたホルホースの気持ちがよくわかります。

 部屋は絶望的に手つかずです。
 会社の人にそれを告げて一昨日10時に帰ろうとしたら
 「いい身分やのう」
 とのんきに言われたので仕事せざるを得ません。

 文章にすると凄いパワーハラスメントライクな表現ですが、自分の職場を知ってる約一名の女史にはわかってくれると思いますが、あの公家のような雰囲気の上司が、あまりににこやかにひさかたの春ののどけき感じで「しづ心なく、引っ越しするらむ」。

 われあはれなりて「・・・まあ、いっか」と流れで行ってしまう、ここは恐ろしい職場です。
 
----2/13
●ちょこっと回顧●
 今日は水曜。うわあ、そうか、今度の日曜は引っ越しなのかあ。

 自分は「異常に遠回りした人生」だと思う。普通の人が見られない景色をいっぱい見て、普通の人には会えない人々に会ってと非日常をひたすら歩いてきてなーんか、よくわからないとこにたどり着いたと思う。

 バカテクノユニット。サブカル集団。アングラ劇団。現代劇。名うてのバンドマン達。毛色の変わったパフォーマー。一風変わったイベンター。自称革命家。一流ゲーマー集団。大河ドラマに出た新進気鋭の役者。賞を取った演出家。自作がアニメになった漫画家。

 自分の番は自由の利くうちは来なかったが、たくさんの人を世間の壇上まで見送ったり、また壇上の上から声をかけられて驚かされたりしたものだった。
 他人に言わせれば夢見て馬鹿を見た人生だったろうか。

 しかし、その無駄の積み重ねの間、ちびちびと地味なスキルを磨いてたもののほうで食えてる現状を考えると、まあ無駄な事ってのは本当にないもんだね、と思う。

 出会った皆さんに本当にありがとうと思う。
 全ての、ではないけれどね。
 今になって結婚したバンドの相方、水沢が俺に「いつまでも夢見てんじゃねえよ!!」と猛烈に怒った気持ちが結構、わかるんだよねー(苦笑)。

 あたしゃ別に、何もかもを止めるつもりなんて無いけれど、こっから先は守るものも増えるしねえ。まあ、慎重にがんばります。
 
----2/12
●(昔の)ボーイ・ミーツ・(遠い昔の)ガール●
 会社近くのもう、今から昼食わないと間に合わない時間。
 寒空の中、電柱にもたれたばあさんが道を尋ねてきた。
 うっかり路地を外れてとんでもないところに出てしまったらしい。

 辛そうだったので、手を引いて連れて行った。
 マンションの中まで見送った。
 か細い声で感謝をされたが、大丈夫だったろうか。

 あんまり辛そうだったのでおぶっていきましょう、と肩を貸そうとしたら、
 「あたしゃ重かけん悪か、よかです。気にせんでください」
 何度も固辞し続けた。

 ・・・心は乙女だな、となぜか思った。
 なんかなぜか、悪いな、とばかりにどきどきしてしまった。


 昼飯は10秒チャージだった。
 もうすぐキープが切れそうだ。
 
----2/11
●感謝雨あられ●
 お越しいただいた方々本当にありがとう。
 自分的にはPA環境が一寸・・・な現場で四苦八苦しましたし、音楽的な観点だと不出来の部類に入るライブだったのですが、自分的にはすっげー満足です。

 1月の2本のライブで持っているべき失ってたものを物凄く思い出させてもらったというかね、なんか吹っ切れたとかそういうものでもなくって、結成当時の自分を取り戻したなー、って感じですか。

 新曲の「クイズ俺ックアカデミー」がマジでいい感じです。
 ステージ上で生まれました。

(セットリスト)
1宇宙サービス
2渦猫(つるやMIX)
3starfish
4いい大人
5アンユースレスガバキック
6クイズ俺ックアカデミー(新曲)
7Mr.Jのウハウハ金塊大作戦
8シベリアへの道

 みんな突っ込んでましたが今日の編成は大マジでてっちゃんは照明ブースでオペ。コーラスが照明ブースから来るという凄さでした。
 やっぱ、自分が今客として面白いな、と思うことをその瞬間瞬間でやれなきゃいかんという基本を忘れちゃったらおしまいですね。

 次回の宇宙サービスの予定は今んとこ考えてません。
 新しいアイディアがわいてきてるので、そっちも楽しみです。
 
----2/8
●近況色々●
 引っ越しの準備が全くやれてません。絶賛仕事炎上中。
 10時に帰って「今日は早く終わったなあ」な時期なので仕方ないか。
 そういえばQMA、5が出るそうですね。ドンの字のQMA熱は未だに下がりません。
 引っ越して俺がぐったり寝ててもこいつ、電車乗ってやりに行ったりしそうだな・・・。

 そういや博多駅ヨドバシでかるみん氏に会いました。後ろで観てたが相変わらず凄い。

 ***

 最近マイブームがチャンピオン巻末の「現代怪奇絵巻」。
 あるあるネタの調理方法とアオリ文が卑怯な気がする位の安定した完成度。
 先日仕事用のノートにこの絵柄をまねてドンの字が玄関から出てくる絵を描き
 「家に帰るとドンの字」
 (アオリ文)「ドンと来い!怪奇発見!」
 としたためて写メにしてドンの字に送ったら怒られた。

 ***

 実家の近所に外山恒一が引っ越してきました。
 なんか持って挨拶に行かなきゃいかんなあ。

 ***(以降重い日記)

 とある方から相談を受ける。詳しくは全く書かないが、どうも困ったちゃんにネット上・リアルで迷惑を受けているとのこと。
 まだ容疑者レベルというが、それが自分の知っていた人間(しかも絶賛疎遠)なのでその人間の人となりを聞かれる。まあ詳しくは彼のことは知らないが、(これは陰口ともとれる表現かも知れないけれど)まだ若くて底の浅い人となりだったので、まあ乗れる範囲で相談に乗ろうと確約。

 一応暴れてるとされるスレを見に行って、オタクになったヤンキー族だな、という見立てをする。中身が伴わないのにシーンの中心にいようとするタイプが多くて、結果人心がついてこないまま何となくあの手この手を使ってシーンの中心にへばりついているなあ、という感想。
 最近の宇宙サービスも自己研鑽を怠っていてね、無意識にこっちに近い立場になりかかってたなあと感じててね。反省・自制していた最中だったので、結構見てて堪えた。

 で、対処法は放置、荒療治なら現実的処遇で、が一番かと。

 以前自分がミニコミをやりたいが為にはじめたラジオのリスナーサークルをやってたときに、「単純に出会い系サークルにしたい」と称した感じのオタヤンキーが入ってきて迷惑をかけたことがあったのだが、分離独立後さんざっぱら敵味方を作ってちょっかいを出し続け、リスナーの囲い込みをやったりしてサークルをそこそこ盛況化させた後。その彼があっさりできちゃった結婚した後、そのサークルがどうなったかは俺たち友人界隈では誰も知らない、ネットでも検索不可能という話がある。方や生粋のオタク的動機で物事をはじめた俺たちは未だに手を変え品をかえ、形こそ変われど今でも存続しているような、そんな有様だ。

 本物のオタクは現実にもひるまずオタクを貫けるが、オタヤンキーには無理であるので、きっといつか続けてられなくなりますよ。自尊心を満たすためにやってるオタクはいつかボロが出るってものです。え?俺はって?ほらまあ、本当にオタクだから現実に苦しめられていろんな事を「もう止める!」と宣言してもなんかの形で続けているわけで・・・と自分ではそう思ってるんだが、結構同じ穴の狢かもしれんね。それを判断するのは他人だけれど、まあそれを批判してくるヤツはたいてい近親憎悪だって事も経験則でわかってるので、さほど気にしちゃだめかも知れない。
 
----2/5
●少年兵は当時17歳●
 ドンの字と、昔遺跡発掘のときにお世話になったご老人の家に行った。
 本当にお世話になり、会うたびに「はよう結婚せんね」と声をかけてくださった方だった。
 しかし一年前、交通事故にあったと聞いていて、その方の年齢を考えると安否を聞くのも憚られる様であったから、なかなか足が向かなかったのだが。
 何せ、ドンの字とこういう展開になっているわけであるし、どんな形でもいい。その人に報告がしたかった。その一心だった。

 チャイムを鳴らすと、その方の奥さんが応対。そして、表に出てきた。

 「どちらさまでしょうか?」
 「あの、ご主人と遺跡の関連でお世話になった…と申しまして」
 「ああ、ああ。お話は伺っておりました。」
 少しばかり自分とドンの字の人となりを話したところで、察する。ああ、あの人はここには元気な姿では現れないのだなと。しかし、話の流れで存命ということだけは察せられたところで頃合いを図り、思い立って聞く。
 「失礼ですが、ご主人は・・・」
 「ああ、事故に遭いましてねえ、そのまま意識が戻らんのです」
 少し目を潤ませた奥さんは、続けて
 「いつものように手を振って、行ってくるよって言ってね、それが最後でね」
 横のドンの字も涙目だ。
 「良かったら、上がっていかんですか」
 …誰が断るものか。

 ***

 しばし、ご夫人と話をした。
 あの偉大なる爺さんの発掘での武勇伝、そして休憩中にしていた昔話。

 爺さんは少年兵だった。
 戦時を極寒の豆満江で過ごした少年パイロットは、そこで終戦を迎える。
 迫り来るソ連軍、向かうは内地。ひたすら車を駆り、一夜の宿にした朝鮮のとある漁村。ここで換えの車と燃料と、軍需物資とを物々交換して南に向かえば、何とか逃げ切れるというところで。急に取引中止を言い出した相手が、彼をソ連軍に引き渡そう、そちらのほうが金になるとの裏切りをかけられそうになったという。
 「あんときゃ本当に生きた心地がせんだったけど、とっさにそこにおった年寄りにあたしゃ銃ば向けましてね。朝鮮人は年寄りば大事にしんしゃあですもんね。そんで取引ばもっかいさせて、そんまま車に乗り込んで逃げたとですよ。」
 その町にソ連軍は、その後一日もしないうちに押し寄せていた。間一髪だったという。

 あの爺さんがこんな話をしていた記憶をなぞるように、思い出し思い出ししながら昔話を続けた。ご婦人は嬉しそうにその話をまたなぞり、取りとめもなく身の上話をし、それはずっと続いた。
 あの人が人々の記憶から消えてしまわないように、少しでも人々の記憶の片隅に、元気なあの人が動いていますように。
 そして、動いているあの人のことを嬉しそうに話す俺やドンの字を、いとおしいものを見るように見つめていた。そんなご夫人の眼差しを、自分は一生忘れることはないだろう。

 二人して、報告に行ってよかったと思った。






 …とりあえず文章にしたためて思ったが、どこのドラマだよ!!!
 やっぱりドラマな日常だったんだね、これ。
 
----2/3
●【告知】「Fantasist@ vs Splash!!!」●
無差別級コスプレダンス&クラブイベント
「Fantasist@ vs Splash!!!」

日時・2007 2/10 13:00〜22:00(予定)

場所・天神ACB地下一階イベントスペースBUZZ(福岡県福岡市中央区天神3
ー6ー4)

>>福岡県福岡市地下鉄「天神」駅下車徒歩7分
>>西鉄天神大牟田線「福岡(天神)」駅徒歩10分
>>西鉄天神北バス停徒歩3分

値段
男性¥1500
女性¥1000

ジャンル
オールジャンル(アニソン、JーPOP、音ゲー、パラパラ、テクノ、ハウス、
トランス、ダンスポップ、ハッピーハードコア、HIーNRG(80sユーロビート)、etc...)

コスプレ可能(更衣室も用意してます)


DJs(1/26時点)
Special Guest DJ
MIKI二階堂(東京/TRICK・アニメガナイト実行委員会)

Guest Live
宇宙サービス

Dos-Ken(Fantasist@)
イオリ(Fantasist@)
みどりめ子(Fantasist@)
らび関根(Fantasist@)
zawa(DELTA POP)
びぃびぃ(FREE)
くぼやまっくす(STUDIO LIQUID BRAVE)
とも(FREE)
koo(FREE)

お問い合わせ(E-MAIL)

[email protected]


前回こちらで紹介されました『Splash!!!』以来のイベントは
クラブスタイルの『Splash!!!』と
アニソン・J-POP等が流れるいわゆるコスプレダンパスタイルの
『Fantasist@』との無差別級ガチンコ勝負でお送り致します!

ガチンコのクラブミュージックから普段クラブイベントでは流れない音楽まで
一切自重せずにガンガン流しますので皆様のご来場お待ちしております!

(以上コピペ)

 宇宙サービスは今日打ち合わせをしますが、脳内にあるのは「しばらくやれるかわかんないんだったら、次につながることやってやろうじゃん」でございます。
 死んだふりして死んでねえ、オタクとオヤジはくたばらねえ。
 どうあがいても俺くだらねえ。あ、これ歌詞にしようかな?

 無敵スター様へ、衣装の件で問い合わせしたいのでメールします。
 曲数は少なくなるかも知れないけど、多分濃い。


 そうそう引っ越しが17日に決定しました。
 玄関開けたらドンの字がいる生活・・・
 普通の人なら脳内の想像図は「ふたりエッチ」風で描かれてると思うのでしょうが、自分の脳内想像図は「現代怪奇絵巻」風です。
 

スーパームウマネットワーク1月分

ネオムウマ12月分

ムウマコンツェルン11月分