指折りもう8年
安酒の味も色も染み付いた6月

夜更けのトップ

----6/24
7/3絶頂天出演●

 7/3
 「Zecho-ten」
 デカダンデラックス(福岡市中央区舞鶴1−8−23−5F)
 19:30〜 1500円ワンドリンク
 出演:ニーハオ!(大阪)・宇宙サービス・マクマナマン・Tarjeeling・ruruxu/sinn

詳細:http://sound.jp/zecho-ten/

 デカダンデラックスのステージに立てることになりました。楽しみです。

 宇宙サービスはお客との目線が変わらない時の方が面白くて、いつもラウンジサウンズの時は客席から降りちゃうほうが安心するのですが、このハコはステージとの高低差がフラットなのでやっぱり楽しみです。

 このライブを持って退役するカラオケも多分出るかと思います。パソコン買って、新システム組もうかね。

----6/22
やるせない●
 http://www.nishinippon.co.jp/nnp/local/fukuoka/20070622/20070622_002.shtml
 この踏切はいつも通るところだ。そして通る予定だった、その日。
 助けてあげられなかったんだろうか。なんだかそんな後悔を感じる。一寸早く(しかも10分単位で)QMAを引き上げたら通りがかったかもしれないのになあ・・・。

 家庭で悩んで・・・なんて時期、自分にもあるからね。未だにトラウマとして引きずっているだけに、なお悔やまれる。

 こんな優しさを胸に抱いているが、ノーベル賞はもらえそうにない。

 謹んでご冥福をお祈りします。ショックです。
----6/21
荒木健太 「MSX TYPHOON」聴いた●
 最近「チップチューン」とか「ゲームトロニカ」とかの枠組みってのが嫌いで。結局「たかがファミコンじゃん」と一笑に付すような輩に対して、そりゃあ枠組やらたいそうなジャンル名が振りかざせるなら、そういう連中の持つような懐疑心を多少なりと持ったリスナーへの説得力は増す。でも、時間が経つにつれてその枠組みにべったりとなって、音楽性やステージアクトをおざなりにする。新しいジャンルとやらを始めて、そうやって腐っていったようなダメな人々なんて飽きるほど観てきた。そっから先なんだよね。

 テクノミュージシャンって本当にどっちかで、次々とそんな風に寄っかかるジャンルを変える人、ずーっと同じ事しかしない人。うちら?まあ、そのときの手持ちの機材でできることしかやらない派か。ステージアクトの方の修行に身を割いたこともあるし。前者じゃ機材に金がかかってしょうがないし、後者は説得力を持つほどのレベルまで、そのジャンルを深く長く掘り下げてゆかねばならない。ボクらは音楽的には、残念ながらそれはいまひとつ怠っているのだと思う。

 で、ハイコレで惜しくも見そびれたこの人のCD聴いて思った。この人はその、とびっきりの後者だ。MSXなんて今時動かしてるだけでもクレイジー。最盛期にはゲーム音楽で、ファルコムやコナミなんかが無茶をさせていた。だが彼らのやってた大半は「他ジャンルの音楽のMSXでの再現」にすぎなかった。今時、なんかじゃなくて、ここまでの時間をかけてここまでたどり着く境地というのがあるのかと驚かされた。それも、テクノというジャンルでね。

 次から次にとジャンルを綱渡りする小賢しさも、時折こんな愚直かつ強力な音楽に一発で敗れてしまうことがあるもんだねーと思った次第。自分もいろいろ考えてたけど、打ち込みのスタイルは変えないようにしよう、うん。
----6/17
堕天使無事終了●
 たくさんの方に来ていただいて本当にアリガトー。

 今回は自分色は出すまいとか、かなり弱ってたんですがなんとか着地させました。大将、森さん、風原君、てっちゃんほか来ていただいたたくさんのお客さまに本当にありがとう。それしか言葉が出ません。

 あ、で宇宙サービスはこんな感じ。

1 いい大人
2 Starfish(マシントラブルで中断・中止)
3 宇宙から来たたくあん
4〜9 ブルース5連発
10 シベリアへの旅

 ブルースがスゲー綱渡りでねえ…(苦笑)。
 うーん、どれもこれもMCの延長上のようなグダグダだったので3つに止めときゃいいと思ったよ、後悔先に立たず。でも反省はしていない。
 個人的には2のマシントラブルで水を刺されたのをすっと差し替えたのが隠れたファインプレー。こういうのはステージの経験則の差だな。ただだれたね。ゲームもそうだけど。押したもんなあ・・・。

 イベント全体としては不手際っぽい部分はいっぱいあったのですがまあ、楽しめたのではないでしょうか。

 とりあえず最後に登場して、一曲めで会場を凛とさせた切り取った耳って実はある意味、呼びそこなったあの人よりもいい人選だったなあとつくづく思った次第。なんか、最後の最後に大物が出てきた感抜群だったでしょ?いや、ボクがそう思ったので、みんなもそう・・・思ってくれてたらいいわね!

 打ち上げで大将が延々ダメ出し。昔はダメばかり言って思いやりなんてなかった印象があった彼も、そのダメに向かって子供みたいにキレまくってたおれも、お互いいい大人になったなあと思った(苦笑)。何かあったら次はオレが大将にダメ出しするだろうから覚悟するよろし。
----6/15
ヒゲの未亡人●
 今日はQMAらず、ハイコレ観に行ってきました。MSXで作ったエレクトロニカがどうしても観たかったのですが残念、果たせず。丁度入ると気になっていた「ヒゲの未亡人」がセッティング・・・というかトラブルで押してる最中。

 この押したのがよかった!!!!!
 最初から観られたから。

 いや、もうね、なんつうか。
 涙が出ました。大マジで。

 芝居と同じ、張り詰めた空気が会場に満たされてたのがわかりましたもん。雑多なライブハウスの空気を演劇に飢えた者どもが集う小劇場のそれに変え、食い入るように観させたそのショーはまさにブラボー!そして抱腹絶倒!!

 あのさ、ボクはここで暴露というかぶっちゃけで物をいう。
 宇宙サービスというバンドをやるにあたって僕は「表稼業の人には黙らない」というのを貫いていて、今の職場では嫌がらせ(苦笑)でたまに掛けられるような感じだ。
 実は去年あれがこうして…な職場のとき、「メンバーの女装ってのは公的秩序で云々」みたいな怪訝な顔をされ、そこからギグシャクとしたという話があったのだ。

 これを観た後、「んなもん、何が悪いんだ?」スゲー思った。オレ達は間違ってなかったよ、風原君、てっちゃん。このショーに負けないものをいつか作ろう、がんばろう。
----6/14
激動●
 会社との契約がちょっと大変になりました。
 遊んでられんなー(苦笑)。

 ってことか。

 やるべき事を一つ一つ丁寧にかたづけねば。ラジオの2週間たまったのはちゃんと考えて発表しないとね。地道に仕事してるなあ。

 てな訳で個人契約の身分になりました。一丁、宇宙サービスって名前の会社にしてデザイン系の下請け仕事とか受けよっかな?画像編集技術とか、イラストレーター+AUTOCADで変な使い道をいっぱい覚えてるからなあ。印刷屋の友人もできたし。

 今月サイトが犠牲になっちゃってたのはこの流れを作るためだったのかしらん?

 昨日はノントロッポのCDをやっと買いました。
 発売後に昼休み毎に買いに出かけてなかなか見つからないうちに会社をクビになったりしてね、なんか苦い思い出が走っちゃって。本当にそれだけでずっと買ってなかったんだけど(ボギーさんごめんね)、大阪〜ラウンジの流れで2回見て、すげー買いたくなって。
 音源化ということで変にこねくり回しもしなければ、逆にライブそのままの無骨な作りにもしていない、え、その中間?いや、どっちでもあるような気もするし。なんなんだろう?
 聴きながら仕事してたらはかどりはしたけど、眠気もなく進んだけれど。さて、今からその仕事を見直さなきゃいけない。眠気がさめた分くるくる踊らされて酔っぱらったような感覚。何だろうこの楽曲群は。猛烈に覚えてしまう妙に郷愁を覚えるメロディは、70年代歌謡のテイストでさあ。
 「テチチ」が入ってるやつも買おう。

 宇宙サービスも、ちゃんと音源作らないとなあと思うことはあれど、その方向性については考えてなかったんじゃないかね、とかぼんやりと、しかしはっきりとその先を見据えてみたくなった。これくらい・・・までは行かないかもしれないけれど今ある楽曲を、もっとクオリティを上げて音源化しておきたくなったです。うん。
----6/13
私は運が良かったです(ユリシィ語で)●
■都知事選の落選候補、反則金納付を拒否し逮捕…鹿児島(読売新聞 - 06月12日 20:52)

 今度の土曜、つましいライブイベントをやるのだが・・・旧知と言うことと近年のブレイク(苦笑)で是非弾き語りやんね?とオファーを投げていた。快諾されていた。
 しかし先月から急に電話が通じなかったりで、全く連絡がつかなくなって断腸の思いで出演者を変更したりしたんだが、ひょっとして外山さん、これを見越してたのか?

 いずれにせよ、私は運が良かったです。
 こんなことあった後にライブ出れてもあのハコじゃ、入りきれなかったであろうよ・・・!
 外山さんには是非「裁判パフォーマンス2」を期待。今度はどんな事してくれるんだろうか。
----6/12
遅れてきた年度末地獄●

 3月を過ぎたらのんびりと・・・が私のライフスタイルですがまさかこの時期にこれが来るとは!10年に一辺の作業だそうですよ、何でも。

 本当にいろんなものが遅延したりしてすんません(じまラジとかね)。もう、一日中PC向ったあと家に帰って重いPCで・・・ってやれなくなってきたあるよ(弱音)。うーん、なんとかしなきゃ、うーん。

 とかいいながら実は8月末に、ドンの字と東京にいこっか?なんて話をしています。無論旅行で。みなさん、迎え撃っていただけますでしょうか?(さすがにここんとこの体たらくで平に頭を下げつつ)


金的三番街●
解散するらしい。結構ショックだ。
CD聴いて衝撃を受けたくらいだ。
年齢から考えると人生の分岐点にいる時期だから、まあしょうがないけれど。むしろ応援したいくらいだが、問題は彼らの代わりになるようなバンドなんて居ないんじゃないか?ってくらいの彼らしかあり得ない音楽性を持ったバンドだったので、本当に残念。

福岡のアングラって本当に「代わりが居ない」バンドが多いね。7/3の対バンで久しぶりに見られると思ってわくわくしてたのになあ・・・。まあ、重ね重ね言うけれどむしろ、そこから先に進むための決断なのでしょう。メンバー各々の未来に幸あれ。そして「あんた"達"いかれてんのよ」。ウワーッ!
----6/11
会社近況●
 先日会社に来たプリンターの営業マンの着メロが鳴った。
 それが、よくわからないが多分3大テノール。
 静かなオフィスに広がるビブラートのきいたド迫力の「Ah〜〜〜〜〜〜〜〜」という歌声が響きわたる。そいつをはしゃぎながら子供っぽく爆笑するような人間はこの職場にはいまいち居ないのだが、その代わり目を見合わせて笑いをこらえるタイプの心は子供のいい大人ばかり。しばらく隣の人間と目を合わせて苦笑、苦笑。

 しばらく3大がテノールでカレーラスな歌声を聞くたびに思い出してしまいそうだ。しかも、その営業さんが演歌辺りが似合う感じの親父さんだったのであるよ。そのギャップが、また。
----6/9
最近この街では、暴走族が増えている●
 さっきから家の周りを暴走族が走っている。こんな真昼ま王に。おかげでバイクをバイク屋に持っていかなきゃならんのを思い出してみた。

 さてじまラジの更新がどうも遅れるのが日常ちゃめしごと(なぜか変換できない)になっていていかんのですが、編集に5倍手間がかかる上に仕事が忙しいんじゃねえ。つくづく個人活動は、やる気がいっちゃん大事です。

 少し鬱がひどくなったので(多分とある症状が出てるぽい)、QMAのドンさまをしばらく身代わりに立てようかなと思います。しばらく別カードでやってると思いますがそういう事情ということで、別に他意はありません。
 いや、毎年何かしらを失うので、厄除けに。まあ1週間弱くらいだと思いますが。

 「ニコニコブックマーク」のニュースを見て、なんかこの風潮が肯定的に受け止められるならば、サイトを閉じたほうがよいかなとかぼんやり思っています。

 現状のネット上のツッコミ文化の行き着く究極の目的地は「一億総受け手」です。作り手文化を食い荒らしてすべてがなくなるまでむさぼり尽くしてるに過ぎない気がします。

 いうなれば芝居中に観客が舞台に次々と登って「オレはこう思うぞー」「筋なんて変えちゃえー」なんて大声で叫び始めたら、至らない客は面白がるかもしれないけれどそれはもはや舞台じゃない。演出家の意図、役者の技術を踏み越えて、土足で舞台に上がる人間は、実はもう受け手でもない。断じて演じ手でもない。

 自分はサイト持ってもう7年か。
 作り手はそれ相応の技術習得、歴史の学習、リテラシーの確立などを学んだ上でようやく舞台に立てます。いや、まあそんなことしたことがないってやつも立てるけれど、大成する人は大抵その辺をしっかりやってるからねえ。もちろん、自分だってそうやってきた。けれど、そんな努力を踏み越えて、受け手が同じ土俵に立って、作り手をいいようにめいめいが動かそうとする文化なんて、先人がそうやって築き上げた舞台の破壊に過ぎない。めいめいが動かそうとするならばその方向性は、ゆくゆくは多数決で決まっていく。万人受け以外のものは、やることすら禁止されるだろう。作り手は顔色を伺うだろう。そこにつけこんで怪しい連中が暗躍するだろう。文化の多様性を真っ向否定するだけだろう。まあ、もうそんな時代は商業的なところでは完成されてるが、ネットというアングラにもその波が来るのか。

 そんな中で何を作る?誰を楽しませる?どんな考えを歌う?どうやっても、多数決の総意の中に飲み込まれて気持ち悪い別のものとして昇華されて喰らい尽くされるのが落ちでしょう。
 何もかも虚しい。やってる意味が欲しい、なんて青年みたいな言い様をこの歳にするなんてとか思うけれど、やっぱりそう思う時だってある。とりあえず言えるのは、7年前ネットにみなが望んだのはこんな空気だったのかってことだろう。
----6/5
【宇宙サービス告知】堕天使23●

企画も二転三転、の今回。テーマは「負け犬」らしいっスよ!という訳でわたしも歌います「負け犬の歌」2番の方。しかして、番組の方ははっきり言って、東方無敗の面子でありますよ!!!

※傷心のジマオさんのリベンジは夏です。
 多分、「堕天使外伝」と銘打ってやります。

<「切り取った耳」堕天使初登場>
◇堕天使ポエティーク23
日時:6月16日(土)19:30〜
場所:うたごえpub「カンターレ(西中洲1−40 MARUGEN 49 207)
 出演)切り取った耳/DJ大将/森耕/宇宙サービス/・・・ほか伝説のあのコーナーが今夜復活!?
乞うご期待!!!!!

●宇宙サービスは今回一度はやってみたかった「ブルース祭り」を開催予定。てっちゃん・風原君による演出(俺には内緒)で、当日俺はどんなブルースを歌わされるんだろ?あ、一曲くらいはちゃんとやります。・・・一曲かよ!
----6/4
大阪道中記(4・最終回)●
 大いなる廃墟・フェスティバルゲート最上階は熱狂の渦!

 で、早速じった君、カジ君に会い大阪ってのを一発で忘れた。ノントロッポでさんざ踊り狂い、「ナイト・オブ・トロピカリア」で名物の胴上げ。ふと足元を見ると眼鏡が落ちてるじゃないか。思わず眼鏡を拾って「こいだいんと!」と叫んじゃった(苦笑)。「これ誰の?」って意味ね。

 その後ハードオフと長崎のバンド(名前失念)で口あんぐり、爆笑。後者は「なぜこんなこと考えつくんだ?そしてやるんだ?」って感じ!ステージ上に円を作ってツインドラム、一人のドラムは客席に背を向けてる!!「勢いだけで、15分くらいで終わっちゃうのよ」というボギーさんの解説通り潔く終了!!

 で、さすがに宿を探そうってんでカウンターで、軽口で「宿探しですわ〜」と話したところ、いきなり「それなら」と安宿を紹介してくれました!!
 その向かった先がスゲエとこで。

 丁重にお礼をした後チェックイン、荷物を置いてコンビニに出ると、高校の時に無理強いして観せられた「時計仕掛けのオレンジ」みたいな世界が広がっておられました。宿の横にはよくわからない(以下自主規制)、なーんか大学卒業後すぐに行った震災後の神戸のドヤ街を思い出しました。まあ、あれに比べたらたいしたことはなかったけど。
 しかし、さすがに畳に布団というのはありがたかった!ありがとうございました!

 一応、何事もなく朝を迎え、次の日は北野君と待ち合わせ。
 朝、チェックアウト後に宿すぐ近くの駅改札口にて北野君を待とうとするも。気配はなんか薄暗くて怪しく、嫌な予感がして周辺地図を見て・・・!!!!!
 恐れをなし、昨日のフェスティバルゲート地下の改札口に移動。丁度開店の時間だったらしく、
 「開店の準備はできていますか?商品は、並んでいますか?フェスティバルゲート、スタートです!」
 なんてアナウンスががらんどうのフロアに鳴り響いて、テナントのコンビニに向かうと地べたに座るあまりよろしくない人々。うーん、昨日人気のないあそこを通ったのって本当はかなりやばくなかったのか?

 そうこうしているうちに北野君到着。
 その後はのんびり新世界〜日本橋〜なんば〜千日前とQMA、散策。
 日本橋では課題図書(苦笑)を購入。あんなにどの店でも店頭でデモやってたら買いたくなるわ、らき☆すた。
 後は・・・内緒だ!!

 ・・・で、ボクは実はですね、期待してたわけですよ。
 福岡に人が来たときの俺たちの一番のもてなしは、地元の人が口コミ情報で知るような、本当にうまいとこにつれていってもらうということに。それも、うどん屋で。

 で、北野君のお薦めとして行った千日前のうどん屋「かすうどん」がもう感動!!
 すじ肉を細かく切ったものを揚げたのが入っているのですよ。
 福岡のうどん屋で肉の入ったものがあたしゃあまり好きじゃなくってね。あまり出汁と喧嘩しない程度の味というのにはなかなか出会えなかったのですが、ここは素晴らしい!!

 そんなこんなでおみやげ買い、タイトースペシャル校に足跡残し、北野君とは梅田で別れた後しんやくんに忘れ物を届けてもらって(多謝)、新幹線で帰福。本当に3泊4日の間人に助けられっぱなし!!ありがとうございました。

 北野君の餃子と、空白さんのあじゃり餅はせりざわ夫妻・ムウマちんとおいしくいただきましたとさ。

ここは大都会の5月

もう二度と笑わない4月

聴きなよおれの歌う3月