バイクバイク、ブンブンいうぞぉ
ブラック岡本太郎4月

ブラボートップ

----4/30
楽しい連休日記1●
 一昨日はまず、午前中に外山さんに電話してオファーを取り付けたあと、gigiに初めて行って文三さん(ポーチソングス)のライブを観に。

 gigiは劇団GIGA時代に芝居をした「FUZZ」というバーをそのまま譲り受けたものだという。何もかも設備がそのままで、すんげえ懐かしい。

 しかしまあ、文三さん。この人の歌ってる姿は何者を寄せ付けず、かつぐっと引き込まれる瞬間が魅力だったりするんだけどそうと思えばふっと素の顔に戻って「適当に何かやっててください、そういう音楽なんで」と無茶をいう。無茶なんだよなあ。つい聞き入っちゃうんですよ。っていうか許してくれないんですよ。

 昨日はQMA大会(年甲斐なし)。今回もさくっと初戦敗退(多答は何と全問不正解・苦笑)で鍍金賢者の心意気を…見せたはずだったが、5セント大会と同様で、アニ線で他3人を恐怖のどん底に+一人だけ93点。正に茶臼芸ってヤツ?あ、これ学タイで出ますよ?対戦した方々どうもありがとうございました。

 帰りにドンの字と大橋の、知る人ぞ知る中華キッチン「CHINA」へ。中華粥とチャーハンを頼む。二人の間で「この店さあ、点数つけるとしたら百点満点で何万点?」が流行する。天神辺りで変なコンサルと組んだら、きっとバカ高い値段を取られるようなスゲエ実力店!!とにかく、仕事が丁寧すぎる!!
 さらに、二度くらいしか行ったことないのに店長が「たまに昼来られますよね?ありがとうございました!」と挨拶までしてくれました。サービスというのは何なんだろう。やっぱりこういうことの積み重ねなんだろう、如何にマニュアルを作ろうが何をしようが、この境地には遥かに及ぶまい…ちったあ見習えよ、あの美野島のバイク屋のオヤジ。
----4/28
二人で飲む●
 昨日の晩。会社は飲みに誘ってるのに、一向に仕事の締めが作れない状況。先方のメール待ちというデッドロックになった方がいて、誰も帰れない感じになってしまった雰囲気。このまま飲みに雪崩れたら終電が逃げちまう時間までだらりと、しかし嫌な緊張感が流れ、仕事は別にあってないようなもの。なんだか、いたたまれなくなって先に抜けてきちゃいました。

 で、ヨドバシに行ったらしんや君が。
 彼は大阪に、転勤になるところだったのですね。

 閉店近くまで一緒にプレーの後、一緒にブラボーに飲みに行ったり彼のマンションの部屋でQMA本読んだり世間話したりと。まあなんだ、一番最初のQMAで出来た知り合いだったりするけれど、さすがに自分も年だから感傷ってのは薄れちまったのかもしれない。だが、やっぱり人との別れってのは辛いね。うん辛い。
 学生時分だったら泣いちゃったりすんのかな。そうなのかねえ。

 大阪に行っても頑張ってください。辛くなったら九州に帰っておいでませ。
----4/21
バイクのその後●

 会社のビルが置かせてくれないので近くの公園に止めているのだが、またライトがつかなくなってました。

 これは・・・うん、いたずらかもね。それともまあ、修理に出されたら助かる人の陰謀かしら?(苦笑)

 どうしても用件があったのでさあ、博多から家まで押して帰ったら2時間掛かりましたよ。

----4/17
生まれて史上最低の店●

 休日出勤帰り、バイクを起動させるもライトが点かない。
 あ、これはアレだ。以前、長旅中にライトが切れて伊万里で一晩過ごす羽目になったときにあった、中の電圧を一定にさせる装置(言葉が思い出せないので仮称)がいかれてライトが切れたアレだな。まあいいや、そんな説明ならバイク屋に持ってきさえすれば彼らはプロ。わかってもらえるだろう。

 職場近くの、美野島商店街の真ん中にあるバイク屋。なんつうかすえた感じのする活気のない工場のようなバイク屋の奥で大型バイクをいじるオヤジ。
 「今日はやってないよ!」
 …。しかも、見下したような表情。
 「いやあすんません、ライトが切れたんですが」

 「電球の交換?」

 で、以前そんな感じで電球を交換して、すぐに電圧がいかれているもんだからすぐ新しい電球が切れて、という出来事があったのでその電圧のことを口に出してみた。まあ、わかるだろう。ところが。オヤジはあざけるような口調ときつい言葉で

 「電圧?わかるか?そんなもんじゃうちは出来ません、ライトしか交換はできませェん」

 …。以下なんかやり取りをしたが、もう覚えちゃいない。不愉快だった。ひたすらに。
 一礼を一応し、去り際に
 「客を怒らせて、いい商売やな」
 と捨て台詞をはいてやったら
 「バカかお前は」と叫んだあと下卑た笑いが聞こえてきた。

 その後地元のバイク屋さんに電話してその話をした。
 ブッフォン似のナイスガイの親父は職場近くまで取りに来ることを了承した上で、
 「何ですか?そんな基本も出来ちょらんとですか?」
 と、俺以上に怒った口調でまくし立て始めた。

 今度のじまラジでもこの話してんだけど、本当に人生でこの上ないくらい不愉快な店(あらゆる業種で)だったなあ。で、家に帰って母親とその話をしたら、こんなとこではとても書けない様な憶測が飛び交って、もういやーん。

 むしろ、アレで商売やっていけるんだということに驚きです。凄いなあ、シャッター商店街の殿様商売は。…いや、没落貴族商売というべきか…。いやはたまたそれともオフクロの邪推どおり、後ろ暗いことに…いやいやそれは多分邪推。そこまで考えるのは酷だろうが、それほどひどい接客をしたということで反省していただきたい。まあ、あの様子じゃ悪いとも思ってないだろうけど。

----4/14
職場にて(2)●
 給料を取りに、ムウマさまが職場に帰ってきました。
 なんだか仕事場に華やかさが戻ってきた気がしました。

 で、手続き中に横の机(その日はたまたま空いてた)に座って、職場にある禁断の書を読む彼女。その書は大変危険で、自分も出来るだけ開かないようにしています。
 その本とは「完璧版 岩石と鉱物の写真図鑑―オールカラー世界の岩石と鉱物500」
 http://www.amazon.co.jp/%E5%AE%8C%E7%92%A7%E7%89%88-%E5%B2%A9%E7%9F%B3%E3%81%A8%E9%89%B1%E7%89%A9%E3%81%AE%E5%86%99%E7%9C%9F%E5%9B%B3%E9%91%91%E2%80%95%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%83%BC%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%81%AE%E5%B2%A9%E7%9F%B3%E3%81%A8%E9%89%B1%E7%89%A9500-%E5%9C%B0%E7%90%83%E8%87%AA%E7%84%B6%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%96%E3%83%83%E3%82%AF-%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%B9-%E3%83%9A%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%88/dp/4529028542/ref=sr_1_22/503-5668322-9579115?ie=UTF8&s=books&qid=1176483997&sr=1-22

 いやー、やばいやばい。
 しばし読みふけったあとまた会社のK氏からツッコミを伝授されてました。間違った方向に目覚めさせてしまったのか…。

 彼女が帰った後、今度は自分が読みふけってしまった。正に悪魔の書!…いや、あの本はなんつうか…萌える。
----4/13
職場にて(1)●
 会社でも達観したと評判の上司が、珍しく自分に声をかけてきた。
 「君は音楽とか演劇とかはやらないのかい?」
 「いやあ、ここんとこ仕事に没頭してたら見事に裏切られちゃって。みんな何やってるんでしょうかねえ、本文を忘れて人間関係だの裏切りだの、いい年して。」
 一瞬考えたそぶりで、不意にこんな答えが返ってきた。
 「いい年だから、そうするんじゃないかな?」

 そうか、そうだねえ。子供じみたことでも真剣にやらなきゃいけなくって、なおかつ手段を選ばない人々は、そりゃそうだよね。自分に足りなかったのは、そこなのかなあ。まあ、もう足りなくてもいいけどね。その辺の必死さは自分なりの芸道に背くから。

 しかしそこに手を染めたらもう、帰り道はないんだなあと思うとゾッとする。

 ※帰宅してから書く(2)はムマちん降臨の話の予定。
----4/5
怒ったら負け●
 仰々しく「TBS開局50周年記念」とか荘厳に書いているが、その実は華麗とカレーをかけたダジャレ企画製品であるというこのくだらなさ。

 あまりにくだらないので食べたあともしばらくパッケージをデスクの上に飾っていたら、前のデスクの人から
 「オウ、なんや。いつまでそれ置いとんじゃ。いつまでも浸っていたいんか。松露饅頭か。」

 そのやりとりに後ろにいたムウマちんが苦笑。
----4/1
女の子になりました●
下水のコーナーでレタスが腐ってる立派なギャルを目指します。

女の子になったのを記念して、素敵なキボンティーヌお姉さまと写真を撮りました。

悲しみを越えて幸せになりたいわ●
 女の子になりました
 「夏場の使用済みブラの谷間の集水地形(仮称)がすっぱい昆布の匂いがする件について」
 についてどんお姉様と熱く語りあいましたわ
 その後二人で紅茶を飲みながら腐女子な話題で楽しみましたわ
 どんお姉様はタイガ(QMA)受けは納得行かないって言うんですのよ

 (写真は二人で「どきどき冒険伊集院島ゲーム」をしてる最中、「このマスに止まったら、押入れや引き出しの奥から出てきた、自分が過去に書いたガチに寒い妄想エロ小説の中で当時の自分が行ったことになってることを、全身に鳥肌を立てながら再現しましょう」の実践中ですわ)

ローソン3月

おばさん2月

長浜御殿1月