ひねりつぶせ!!
ベガスのエルビスになりたい12月

だって凄いんだもんトップ

----12/30
たまの再評価という視点でかなり評価したいイカ天特番●

 イカ天特番見て再認識。

 イカ天世代のお祭りだよなー、ラウンジサウンズ。
 そりゃ、こんなん観てたら地道にやり続けるわ(苦笑)。

 福岡の30代のサラリーマンの皆さんでイカ天見てたよという方々、是非飲みに行く感覚でラウンジサウンズを観に行ってはいかが?去年うちらが出た「ハイコレ新春オールスター」、このエネルギーが注入されてたらもっとイベント全体やばくなった気がします(苦笑)。

 しかし、今年もアルバムを出してるのはBEGINと人間椅子だけか。うーん。

----12/29
どっとはらい●

 昨日買ったスポーツ新聞で、オダギリジョーの経歴にアレが入っていないのを見て、ああ、京本除けなのかな・・・とかうかつに思ってしまった男、ジマオでおじゃる。昨日まで延々続いた飲み地獄もようやく終了。今日はもう、おまけ。

 昨日泥酔した状態でヨドバシに行ってゲームしてたら、仲良くしていた店員が心配して声をかけてくれました。パロディウスの初代が戻ってきたら嬉しいなあ。ああしまった、A−JAX頼んでみるのも忘れてた。ちなみにこの記憶なんかあいまいなんですが、どんだけ職場で俺飲んでたんだ?

 ラウンジサウンズ忘年会は途中で退場。ここんとこの飲みすぎで気分悪くして、挨拶もろくにできないままで本当に申し訳ない。帰りに駅に着いたら森久美子とホンジャマカ石塚のポスターがでかでかとはてあるのと目があってしまい、吐きそうに。

  体調不良で最後まで見られなかったのでレビューは抜きますが、一つだけ感想。漢方先生が本当に凄かった。歌って芸は凄い。歌って表現活動は凄い。本当に凄いよ!!

 自分は森さんからの依頼で「偽ガムテープ男」をなぜか演ってきました。
 森耕「ガムテープ男」のすごさは、芸の最中の動きが日常のそれと変わらないところなのです。ボクみたいに多少なりと訓練を受けた人はどうしても動きが演技チックになっておもしろくなかったかなあ、とか思っております。
 邪魔にならなかったかどうか不安です。
 終わった後感想を一つも頂かなかったところを見ると、自分はいまいちだったのかなあ。だとしたら森さん申し訳ないです。

 今年のステージごとはこれでおしまい、どっとはらい。今年は芸事全般としてはまあ、中休み・ガス抜きの年でした。自分ひとりの裁量で出来る事はこの程度かと思い知るみたいなね。その上で、中国忍者が新しい活路。正月休みは企画していたアレでも作るかな。

 ラウンジサウンズ忘年会でつくづく思ったんですが、あそこに集う人は「生活のなかに音楽を組み込んだ人々」の集まりなんですよね。
 そんな稀有なシーンのなかに身を置けることにもう一寸感謝せねば。 音楽なんてやってない人間からしたら「この年で音楽?メジャーでも狙ってるの?食っていこうとか思ってるの?」だなんていわれるもんでねえ。こういうシーンがあって、僕らは好きでやってる。呼んでくれる人がいる。やりたいといったらブッキングを入れてくれる人がいる。バンドやってる理由って今、そんな感じです。このシーンが好き、に他ならないのかなあ。

 まあ、だからといって身内同士のなあなあじゃないシビアなシーンだけれどね、ここは。
 来年はまあこの中休みを機にもう一寸地味にまじめにやろうかなと。飛躍?そんなに大それようったって、来年八方塞だしな!!結果は後付けでいいように解釈!!

 あ、モノセン川本さんと文三さん「結婚した後の音楽活動について」の講釈まことに参考になりました。がんばります。

----12/28
●暗剣殺仕業人と本命殺仕置屋稼業●

 引っ越し先をここにしようかなー、とか軽く決めていた矢先のこと。
 不動産屋さんには一応、ここかここでと告げていた2箇所のうち一箇所を、周りにも「うーん、こっちにすることにしました」と告げてから、ここんとこどうかおかしい。

 ドンの字にも俺にも、身内でごたごたや怪我人、病人が発生したり、自分の方はいろいろあったりブログで自分の意に反して、あらぬ誤解をさせる表現をしてオクムラさんにご迷惑をかけたり(本当に申し訳ないです)。

 あまりにそういうことが続くので引っ越し最有力候補地の方角を見たところ、来月は俺にとって本命殺、ドンの字にとって暗剣殺の方角ということが判明!!
 ここんとこのなーんかいかんなあってつまづきは、明らかに悪い気に満ちて生命力と集中力を落としていたのが原因でしょう。うーん、方位学って怖い。

 あわてて、もう一件の方の物件の位置を地図ソフトで確認すると、なんとそっちが奇跡的にというか、気持ち悪いくらいに吉方位と判明。それもそれで何か怖い。

 なかなかどうして迷信と侮る無かれ。

 そうそう、それやってて気付いたんですが、博多南駅って春日公園よりも南に位置してるんだねえ。一寸びっくりです。

----12/27
八方塞●

 ドンの字と携帯で話し中、住吉神社でふと「来年の厄年」の看板を見たら、ドンの字厄年、俺八方塞。
 うーん、来年は新しいことはやっちゃだめの年か・・・。
 会社の人がひとつ上の人なんだけれどやっぱり大事故に遭ったりしたんでなあ。恐怖です。

 以前この手の占いを軽視して痛い目に遭ったことがあるからな・・・。

----12/26
博多南駅の声●
 毎日通退勤に使ってる博多南駅。ここ使ってる人はみんな思ってると思うのだが、あそこでかかる電子音声の、繰り返し流れるスローガン(?)。

 「皆さん、落書きは犯罪です。犯罪の前に安心できる町作りを進めましょう」

 文章に起こしてもまず据わりが悪い。犯罪を前にして安全でいる町というのはヘンじゃないのか。目の前で大馬鹿の壁(伊集院光命名)をせっせと作成中の彼らを前に安心する町作りを進めるべきなのか?とまあ、ざーとらしー無粋な揚げ足とり風ツッコミはこの辺においといて。

 この発音が、イントネーションが間違ってるのだ。「らくがき」の「く」にイントネーションが来た後、その強さのままフラットに「がき」と発音すればいいものを、イントネーションの「く」のあとデクレッシェンドをかけてやや強い音の「が」、弱々しく流すように「き」と発音しやがるのだ。近い発音パターンとすれば「はぶらし」か。

 毎日駅の改札口を通る度、なんかこの発音と文章から漂う据わりの悪さに、やる気の何パーセントかを持ってかれる気がする。その上、帰宅時のくたくたな時にもエネルギーを吸われていくような気がするが、もうこの駅を使うのはあと何回なんだろうか、と思うと少ししみじみとしてしまう。そうなんだよなあ。コンビニのない南駅。飯屋が遠い南駅。さらば新幹線通勤の日々・・・。
----12/24
ラウンジサウンズフェスティバル●
 いやー、めっちゃ楽しかったですわ。
 それと同時に初期衝動とか友情とか愛とかいろんなものを見ました。いい刺激になったです。

 …とまあ、ゆとりチックな3行感想は置いといて。

 見たのはフォリカンからで、もうこの人たちの編成が終盤違和感なくなってたくらい昨日はみんな変則なバンドばっかり。よく考えたら昨日はいわゆるギターベースドラムのシンプルな編成のバンドは埋火、WHYSしかなかったんじゃね?(最初の3バンドは未見でノーカウントにしてます)

 Conti、凄かったなあ。シタール+ドラムという編成だけでも目を引くのに、そこにまたあまり聴かないような音楽性がかぶさる感じ。まさに唯一無二のバンド。このバンド、東京みたいなメガロポリス以外じゃ成立しないだろうなあ。好きな人は圧倒的に好きだけど、無縁な人には一生無縁なこの感じが素晴らしい。そしてシタールの弦は何でできているんだろうか。替えの弦の調達は大変だろうなあ、などなど興味は尽きません。

 HOSOMEも物凄くて、ギター・ベースのアクションがスゲー面白い。楽曲も「どうしてここまで詰め込もうとするんだ?無駄に」って感じなくらい転調を繰り返しながらジェットコースターみたいに突き進んでうんざりさせない。そしてさすがに関西人らしいMCとプチコント。くぼひさどん、この人たちおもろいよ!!

 チキュウ人はそういえば、Voodoo初登場時の対バンだったことを思い出す。そういやあん時は松本Kと一緒に踊りまくってたよね。そんなにお客さんはいなかったけど。あれ以上のお客さんの前で結婚報告、観客ワーッ…ゲェ!!俺追い抜かれてる?チンロックのとき流されたよ俺!!(苦笑)

 そしてその松本Kも参加、そして宇宙サービスの出身地大耳ズ。終わったあと「宇宙サービスはここですくすく育ったバンドです」といったら周囲から一様に納得されました、動きがね(苦笑)。この人々はこんなイベントに出られる体力は実はあまり無くって、観れた人はラッキーだったというべきでしょう。カットさんには体を大事にしていただきたいと切に願います。売れて出まくるより、地道に末永い存続を。しかし面子、実際凄い豪勢なんだよねえ。そのメンバーが参加してるバンドを列挙すると切り取った耳、みみみみみつのバンド、盆と正月。演者だとMonster Movieか。宇宙サービスも含めて「大耳系」って言葉をもっと流行らせるか。
 そういやここ→http://tenjin.coara.or.jp/~ohmimi/shinsi0.htmを読むと昨日の面子の大半がだいたい把握できるかも。ここに書いた自分のプロフ文が結構好きです。

 飛び入りサンタことオクムラユウスケと死闘を繰り広げたり、なかなか最高でした。死闘って何?いやストリートファイトのことですよ!!(マジで)のち、ユウスケさんに丁重に非礼を謝ったら丁重に謝り返されまして、それだけでも感激だったのですが。ノッていた自分に対して「自分の曲をよくわかってる方がいて有難かったですよ」と逆にお言葉をいただきまして感激。さあ今度は27日、40人弾き語り大会。楽しみです。

 そういえばチンロック・ハイコレで見損ねた風神雷神をやっと観られました。最高!!この人たちは芸術村に連れてっちゃダメ!!

----12/23
笑ってはいけない警察署DVD●

 昨日ドンの字宅でのんびり鑑賞。

 昨年の大晦日、食い入るように見ていた記憶はあったもののすっかり忘れてて、延々ドンの字に「梅宮辰夫出てたっけ?」「出てたよ!」って感じで。

 前日記に書いた記憶があるんだが、いじめバラエティというやつは存在自体否定的だけれど、この番組(シリーズ)だけは好印象です。ここまで時間と予算とをかけられて、最高のスタッフが行って来られるといじめは笑いに昇華できるなあと。いじめの被験者が普段大物の皆様というところも含めて、ハレの場の無礼講芸の超進化系と圧倒的に納得させられて、いやはやすんげー面白かった。

 ところで今年もやるという話ですね、これ。昨今劣化コピー型いじめバラエティの粗相のおかげで、何かと風当たりが強い中。是非ともそれらの逆風を吹き飛ばしていただきたい所存。ドンの字の話によると被験者がレギュラー全員というところにその心意気が伺えます。

----12/22
宗教大戦争●
 「ゲーム脳はあるよ、ここにあるよ」と平然とトンデモを口に出来る男、ニシジマオでおま(鶴光調で)。やっぱ大谷教授の言ってることって本当じゃねえの?UFOは存在するよ!!なんでこの図面、Dハイフンで始まるCAD製図基準(案)にないおもしろ画層がいっぱいあるのに、D−BMKがないんだ?どういうことだよクソッ!!キレる若者の振りしてみました。

 ちょっとおもろ話があったので報告。

 ドンの字から連絡があって、クリスマスイブに法事が入ったので今年は残念ながら無しとの報告が。あえてイブに法事というのは日本人らしくて実に素晴らしいことだと思います。っていうか仏教徒中の仏教徒なのではないでしょうか、その行動は。
 しかし、ドンの字家は神社の神主の末裔と聞いたことがあります。 ちなみにボクは先日ライブで使ったドンの字の肖像写真を神棚のような場所に飾っておいてるのですが、多分それを崇める原始宗教の信者にあたるような気がします。絶賛間違ったアニミズム。文明からは程遠い。
----12/19
ラウンジサウンズ行った●

 ぼんくら峠を見損ねてブルーになったが、インザアフロ→マクマナマン→一銭めしやのコンボは凄かったです。

 マクマナマンって彼らの初ライブが実は自分らと対バンで、あのときめっちゃ緊張しまくってた彼らが今日はステージの上でもう、ふてぶてしいのな!!あきれるほどの余裕をかませて馬鹿みたいに熱いプレイと変拍子。本当馬鹿でカッコイイよ!!

 一銭めしやは今日はアプローチからして熱かったなあ。前回一緒にやったときに「うちらも踊らせてみたいなあ」という意気込みを語っていただけにきっと全力でかかってくるだろう、と踏んでいたが。やっぱねえ、大人が本気を出すとやばいです(苦笑)。

 そのままラストのバルセロナを2曲見て帰りました。終電タイムアウトってやーね。

 いろんな人に会いましたが、ネットのアレの理由を何人かに聞かれました(苦笑)。アレはいずれライブで報告書形式で研究発表するんで待ってください。

----12/16
人間椅子●

 昨日買ったCD(「真夏の夜の夢」)がとてもいい。ポップチューンからへヴィチューンまで縦横無尽に、聴く人の心を挫き時には鼓舞する訳わからなさ。時々この人たち、挫いたまんまで救いの無いアルバム出すときがあって(「見知らぬ世界」がそうだったなあ)、今度のアルバムを聞いて「多少はメンバーの皆さんの生活も安定してきたのかな?とか思わんでもないのですが、そいつはどうだか知りません。

 しかしメッセージ性を前面に押し出した曲「世界に花束を」を聴いて思った。本音の思いのたけってのは普段であまり出さないほうが良いという話だな。作品にしたときの破壊力が違う。そして、4分ないし5分の曲に、映画なら2時間かけて語るエッセンスを詰め込んで表現する彼らはやっぱり凄い。

 自分の作曲も進行中。一寸作りかけをミクさんに歌わせて公開しようかな。

 リンとレンは買ったら鬼(鬼嫁じゃないくて鬼です)が怒りそうなので見送る予定。

----12/15
●「それではご本人に登場していただきましょう」「えーっ!」●

 昼休み、ミクシィの「あしあと」(訪問者名簿、アカウント名がそのまんま出るので便利)を見て、見知らぬ名前だがいかにも必殺系というアカウントを辿ったら、なんと「必殺!裏稼業の凄い奴ら」のメインライターの一人の方だったという。

 「新必殺仕業人」のコンテンツって、あの辺の必殺マニア本のパロディなもんだから、まさに物まね番組で気持ちよく真似して歌ってる芸人の真後ろに、突然本人が忍び寄ってきてびっくり、ってな感じ?

 おっかなびっくりで、丁重にメールを送りました。「日頃粗相をしでかしてます、何か不愉快な点ありましたら善処いたしますので良しなに、でもあの本のおかげでこんな馬鹿なコンテンツ作ったからかかか勘弁、勘弁してください」的な文章を丁寧に書いて送ったのですがそののち。

 「半年前に見つけまして腹を抱えて笑いましたよ」「粗相なんてとんでもない、むしろ・・・」等の丁寧な返事をいただきました。っていうか、好意的な意見をいただけるとは思ってもみませんでしたよ。おかげで一日、ニコニコでした。

----12/14
すげえよ野口五郎●

 電車の待ち時間中、駅の備え付けのテレビで「きよしとこの夜」をやってた。んで野口五郎がゲストだったんだが、氷川きよしといざセッション、という段になって。野口五郎、エレキギターを抱えスタンバイオッケー。いや、そこでも違和感あるんだけど。

 「五郎さん、バンドの方は?」

 きよしのお約束振りに対し、

 「こちらのパソコンがやってくれます!」

 MACを操作し曲スタート、DTM音源の「黒い花びら」をきよしボーカル・野口五郎ギターで披露。えええええ!なんかイメージが違うよ!

 キャリアも技量もセンスも大物でありながら、普通人のセンスで動いてる感じがする男、野口五郎。落ち目になって「野口老後」なんてコマーシャルに出てた野口五郎。WIKIで調べたら、この人大マジですんげえのな。つか社長って!!「才気あふれる」ってのはこういう人を指すんだろうなあ。

 そういえば曲始まる前にノーパソをいじいじ、というのを見るとどうしても以前ハイコレで見た「ヒゲの未亡人」を思い出します。私の名前はゾラ。

----12/12
考え事が過ぎるとこうなる●
0
----12/8
1〜2月の宇宙サービス●

●2008/1/13(sun)@デカダンデラックス
 「絶頂天」
 共演:さめ(山口)、ミー愛さしみほか

 どうころんでもヘンテコで熱いライブになりそうな面子!!楽しみです。宇宙サービス歌い初めを絶賛目撃しに来て頂戴。

●2008/1/19(sat)@gigi
 「言いつけ その弐」
 ※久々主催イベント、現在出演者選出中

 ゆるーい「大人のオタクの秘密基地イベント」第二弾。現在出演者・プログラムなど鋭意制作中。

●Fantasist@ vs Splash!!!
 2008/2/10(Sun) 13:00〜22:00(予定)
 [email protected]
 Men 1500yen / Women 1000yen

 コスプレダンパVSクラブDJと銘打ったイベントにライブで参加予定。ってかライブで参加できるのはきっと福岡じゃうちらだけ!!

 何気にイベントラッシュです。「呼んでくれる人がいるうちはがんばる」をモットーにしてるのでとりあえずがんばります。

----12/1
思い出せないことがある●

 どうしても思い出せないことが頭のなかで渦巻いていて、それが何なのかネットでも検索不可能、という事態ってあるよね。

 ずーっと前、風呂場で猛烈にあるメロディが頭のなかに流れた。その音楽は何かのファンファーレっぽくあり、登場っぽくあり。ゲームじゃない。頭のなかで流れた音は生音だった。いや、最近のゲームは生音使うよ?・・・いや違うね。俺がやったゲームには無いね。

 結局わからずじまいでいた、ついこないだ。先日の日記で「ミスター梅介」を検索してて、その音楽が「お笑いスター誕生」のチャレンジャー登場ジングルということに気がつきました。

 しかし、そこで新たな課題が浮上。

 お笑いスター誕生の合格のときの音楽がマジで思い出せません!!


ロシヤのパン11月

陰獣10月

幸せであるように9月