宇宙サービス!!
東京に現る5月

Mr.Jのウハウハトップ

----5/28
堕天使大成功●

 ビバ、オタクの王国デラックス!

 てなわけで秋葉原研修の成果をバッチリ見せた宇宙サービスプレゼンツ堕天使がつつがなく終わりました。もう、何もかもが狙った方向に、そして不安だった部分がバッチリと面白い方向に。もちろん反省点もいっぱいあるけれど、これがおれたちのやりたいことだって部分はかっちりと決めてきましたよハニー!

 まずキリーの解説MCが冴え渡ったクソゲー寄席。プレイしながら死ぬかと思った。そして驚愕のバグによる落ち!あんなの狙っても出来ないよ!大将のDJはもう、円熟!そしてMCはやっぱ息が合ってましたよ。森さんのパフォーマンスで息を呑み、大喜利で大衆演芸っぽく落として宇宙サービスの反則ぎみの替え歌構成!最後は「いい大人」できっちりと締めましたよ。実は風原君は立ってるのがやっとだったんですが(ゆえに私服だった)、いやはやいいライブになりました。

 自主イベントは年に一回か二回が限度だけれども、これは本当にいいイベントでした。堕天使の名前をつけるかどうかは未定だけど、森さん曰く年末にやりたがってるよ!次回が早くも、楽しみです。・・・次ゲーム、何にしようかな?

----5/27
数年ぶりのイベント主催●

 今日は数年前二度とやらないと心に決めた、イベント主催の日!

 「堕天使ポエティーク17」

  2006/5/27(土)19:30〜(OPEN19:00)  1000円ワンドリンク
 at うたごえPUBカンターレ 福岡市中央区西中洲1−40 MARUGEN 49 207
 共演)DJ大将/森耕/ジマオ&ネオ/他
 ●サブカルチャー一本勝負!ハードコア?テクノ?そんなモン忘れたなァ〜とばかりに珍盤・70年代歌謡をかけまくる日本一の親孝行DJ大将。果たして多分、福岡初の試み「クソゲー寄席」は成功するのか?ジマオ&ネオ。ご存知堕天使の親玉にして大耳界のサブカルチャー魔王にして必殺日曜詩人「森の会」の元締、森耕。全てを仕切りに三日間の秋葉原研修(苦笑)から帰って気合十分、もはや拠点はニッポンの宇宙サービス。

 東京ライブに行けなかった博多の人は絶対来い!

 再三告知で気持ち悪いかもしれないので某所で書いた小ネタをひとつ。

 先日Webメールの受信設定で、件名に「美人」と入ったメールをゴミ箱に振り分けるように設定しました。

 俺と美人。多分一生、縁はないものという堅い決意表明のような気がしました。ドンの字のことを思い出したら。

----5/22
何様のつもりだろうか●

 http://news.www.infoseek.co.jp/topics/society/job.html?d=22fuji320060522031&cat=7&typ=t

 大学を卒業する年、家庭は不和だった。

 詳しくは書かないが、身内のごたごたに就職の大事な時期に巻き込まれた自分は精神的不安定が延々と続いた。それは秋まで続き、気が付けば就職は全く決まっていなかった。いや、全くそれをするという状況じゃなかった。通っていたバイトでは軍曹的な地位にいて、そういう部分で油断があったとも言える。

 そして、最初の就職の研修と称した、自己啓発で完全に躁鬱病を発症させた自分。以後なんとなく社会に気後れする、しかし社会に依らないと生きていけなく、仕方なく気後れするように生きていく以後10年の、失われた10年の地獄のような社会人生活は始まった。

 そんな風だからいくつもの挫折を味わった。就労ひとつに気を滅入らせつづけて、それを自業自得とののしられ続けてね。時にはそういう目に負けたり、時にはそういう目にがんばりすぎて自滅したりでね。そうあっても、常に前を向き、苦しい時間の余暇として続けてきた、そして唯一胸を張って世の中に貢献する手段としての表現活動においては人を楽しませることを続けてきたつもりだ。そして、なおまだこういろんなことをやっているにしても正の方向を向いたことをしていられていることは自分でいうのも何だが、奇跡だと思うよ。同じ様な境遇の友人は気がふれたり、2ちゃんねるあたりで当り散らして暴れまわったり、まあそんな風でね。

 さっきインフォシークのこの文章を読んで思った。テメエはこの文章で金を貰っているのか。だったらオレ達のような誰もが望まずして底辺にいる人間の、血の味を知ってからモノを書きやがれ!クソッタレ!金を貰って人を傷つけて気持ちよくなってるてめえに負けてなるもんかい!


堕天使ポエティーク17●

告知〜告知だよ〜!

「堕天使ポエティーク17・宇宙サービスと13人の妹たち」
 2006/5/27(土) 19:30〜(OPEN19:00)
 at うたごえPUBカンターレ 福岡市中央区西中洲1−40 MARUGEN 49 207  
 共演)DJ大将/森耕/ジマオ&ネオ/他


 出演者および演目紹介

●DJ大将
ちょっと前までハードコアDJ、それが突然70年代歌謡やGSに目覚め…そしてバカレコードも蒐集癖あり!昔っから選曲センスは怪物(ランド)級!ゾンビ(ロメロの2作目)を語らせるならコイツにまかせろ!

●ジマオ&ネオ「バカゲー寄席」
人んちで飲んでて「俺、こんなゲーム持ってんだけど観る?」とばかりにバカゲーを詳しい解説とともに見せられて、おまけにやたら上手いプレイを見て笑い死ぬ…そんな経験おあり?実験的に行う第一弾、お題目は孤高のカルトバカゲー「T」。解説は切口健(Holebrothers)。そしてプレイヤーはニシジマオ(宇宙サービス)。主催自らが出る!

●森耕
堕天使ポエティークの元締、孤高のカリスマ詩人。「参加型詩の朗読」という他の追随を許さず、かつ分類不可能なパフォーマンスはもはや福岡表現界の至宝…なのだが、何気にオタトークも相当いけるクチ。「仮面ライダー」「必殺シリーズ」話をすると止まらない。

●宇宙サービス
今回のプロデュース&司会進行、福岡一秋葉原の駅前で「ケッ!何がメイドだ!次は巫女か妹だろ?あ、今その姿がツンデレって言ったやつ制裁」という台詞を吐く姿が似合う、あくまでお兄ちゃんと妹という設定コンビのテクノ歌謡ユニット。東京ライブ(ロフトの真上で敢行)の凱旋とばかりに今回のサブカル色全開イベントを仕切ることに。

 今回のテーマは福岡の物好きさん集まれ!です。会場は非常にキャパがないので(20人来たら結構大変)、出来ればお早めにご来場を。しかし本音で、満員にしたいな。せっかくのこんなバカなイベントなんだし。


久留米道中記●

 先日のライブのあと一緒に出ていた「一銭めしや」というバンドのやってらっしゃる、お好み焼きやさん「だるま」に行きました。サイトはここ

 で、多少迷って無事見つけて、そのお好み焼きがうまいのなんのな!

 えーとその店が見つかるまでの間中、ドンの字から「うろ覚えだろ!見つかるわけねえだろそんな手がかりで!」というツッコミを避けるべく、必死にここであってるつもり何だけど・・・という演技をしまくって30分かかって発見した私ですが、土を上下逆さに書いたような地図、六ツ門という地名、二番街の商店街近くらしいの三つだけのキーワードであの店を発見したことをむしろみんなもっと誉めて欲しい。

 えーとだるまの、いや一銭めしやの方々・・・もし、ドンの字の口にあわなくって彼女が渋い顔をしていたとしたら、ボクはどんな目にあっていたかわかりませんが、とりあえず二人ともどもおいしくいただいたお好み焼きありがとうございました。私ひとりのかけがえのない命が救われた、そんな気がするのはなぜでしょうか?


激しくどっきゅん●

 アストロ球団、ついに全話観た。

 その後ドンの字はパソコンのいろんなことを教えて欲しいと聞いてきたので球四郎のモノマネで

 「このフォルダーが青になっとる最中に右のボタンをこう押すんじゃ!」

 バァーン!(効果音)♪ポロポロン(BGM)

 「こんな風に簡単に移動も出来るんじゃ、どやびびったか!パソコン中のもたいしたことないのう!」

 そこでドンの字「よさねえか!」

 しばらく、こんな感じが続くと思います、我らカップル。一デート完全燃焼!キッスでもしたらんかい!

----5/19
●待ち焦がれていた瞬間【今週の喰いしん坊】●

 ずんだ餅30個!
 牛タン定食10人前!
 鮭イクラ弁当10個のこのオレが!

 えーと、土山先生およびゴラク編集の皆さんはきっと、「このタイミングでこれが出たら客が喜ぶ」というコール&レスポンスをやるために、「2chで大人気(爆)」とハシラに書いてくれてる気がします。でもこの話をしたところで質問は一切受け付けんでしょうが一言言わせて欲しい!

 あそこでずんだは卑怯だよ!チクショウ!

----5/18
ぬはの章●

 本棚の奥から筒井康隆の「エロティック街道」が出てきてつい読んでしまいました。「時代小説」「ジャズ大名」・・・この単行本は当たりだよなあ、ニシジマオです。纐纈姫は結局溺死!

 えーと宇宙サービスのライブで怪我した話ですが、じん帯損傷全治3週間、骨には異常なし!奇跡的に軽症なほうですみました。飛び降りるときは左足からやんないといけないね。原因は実はわかっていて、以前骨折した部位を一瞬かばって着地して失敗したのね。テーピングでも治るけどギブスのほうがいいといわれてギブスにしました。

 皆さんも怪我には気をつけよう!

----5/17
イシターの凱旋公演●

 来てくださった皆さん本当にありがとうございました。やっぱVoodooは落ち着きます。

 セットリスト。

1 Mr.Jのウハウハ金塊大作戦
2 中村・宇宙の彼方に
3 月のなか
4 ブルース
(MC)
5 ガリガリ君
6 いい大人
7 ボブスレー
8 ジェット兄ちゃん

 ラスト、ジェット兄ちゃんでダイブして足を捻挫しました(苦笑)。腫れてはいないんだが痛みが続くようなら病院だなあ・・・。しかしま、今回の収穫は「いい大人」!かさいくんから収録してくれたビデオで見たのですが、エアギタープレイっぷりが最高です。何かラインがつながってるように見えるね、ありゃ(苦笑)。

 「いい大人」は宇宙サービスのムービーページにアップしますんで、お楽しみにー。しかし、キリーは本当にいい仕事っぷりでした。

----5/15
CGI!CIA!INN!インジャパン●

 最近うちのサイトのとある場所にURL爆撃犯が居座ってるらしく、いたちごっこが続いています。どうにもプログラムを研究・解析したり、なにかしら手を加えているらしくなんだか

 「・・・で、そこまでしてURL貼るのはわからんでもないが、効果ってあるの?それで食えるの?」

 と素で切り返したくなる今日この頃なんですが、手をこまねいてるわけではない。プログラムは初心者程度しか知らない私、とあるところの初心者専用掲示板みたいなとこに行ったですよ。

 「●●のこの値をgetしてくれません!構文はこうです!」

 (返答例)「で、そこの&〜の意味、わかってる?わかんなかったらダメだね」

 などというおおよそ初心者に教える場というより修羅場ってる仕事場の親方と弟子の会話みたいな掲示板にたどり着いてしまって、スゲー気力が萎えました。・・・あ、一応対策はしたけれど、あれでダメだったらどうしようかなあ・・・。

----5/14
ラウンジサウンズ●

2006/5/16
「ラウンジサウンズ」
at VooDoo Lounge

(福岡市中央区天神3−2−13 天神センターBLD.3F)
料金:1000yen + 1 Drink Order
開場:19:00 開演:19:30

共演:一銭めしや/宇宙サービス/ナンジャカ/teardrop/電気感謝しゃんぺ〜ず

 ●三度目のラウンジサウンズ!バースデースペシャル。特別ゲスト妹として、ヴードゥーラウンジにライダーベルトを巻いたキアヌリーブスがやってくる!福岡演劇界で最も小ネタ笑いの神に愛された男たちが繰り広げる饗宴!そして共演も超が付くほど豪華!そこはかとなくぷち乞うご期待ですっ!

 いやー、今度の宇宙サービスはこうなんというか、完全体セルというかそんな感じで挑みます。ドラゴンボール嫌いなんですけどおれ。あ、5人揃ってスーパーポーズを決めたギニュー特戦隊か?
 正直、キリー・おれ・風原のトリオ編成は夢の共演なので皆さん火曜日の夜は楽しみにしていただきたい!ちなみに3番目に出演。8時くらいに来たら確実に見られるよ!

 そしてキリーと言ってもぴんと来ない人にはこっちの文章で。福岡マトリックスオフ動画で、飛んでくるうまい棒を交わしつつド派手アクションをこなしたあのネオがゲスト出演!と書いておけば客が増えるか?火曜の夜、voodooの窓口で元気よく「宇宙サービス観に来ました!ついでにボクと握手!」と叫んでくれ!絶対だ!


駅という文化●

 東京で圧倒されたのは、駅という最高の文化施設がきっちり根づいているところでしょうか。

 駅は老若男女問わず大量の人が一度に移動できる手段ということで、たくさんの人々が自動的に集まるように出来ている施設です。そこには当然人の交わりが出来るし、駅の前を見越してたくさんの店も出来る。たくさんの人が交わるゆえに、多少ニッチな需要の商売でも、成立する可能性は高まる。そしてその駅前ごとに集まる人、人、人。

 福岡はバスの町。バスは文化を生み出さないのです。学校が終わって、仕事が終わって、イベントが終わって。めいめいがバスの乗り場に向かう。行き先がまちまちならば、乗り場は全く違うところ。天神の30箇所の乗り場。そして向かう先はおのおのの戸口。人が交わらないように出来ている交通システムは、単身赴任に最適と呼ばれるだけはある、ある意味すばらしいシステムの街かもしれません。だけどね。

 文化の拠点がないといわれる福岡。人は多くても、人の交点がないからしょうがないのかもね。しかし、福岡は歩いていてもなんというか、歴史とかそういう積み重ねのある重みを感じない。昭和35年の移転する前の博多駅の駅前通りを知っているだろうか(水道局の前辺り)。ふるーい駅前旅館が現存してはいるは人通りなんて全くない歴史、野ざらしといった感じの街並みは、きっと何年か経ったら全部ビルに変えちゃうんだろう。もう半分変わってるけど。バスで通り過ぎる街の風景なんて愛着がないものだ。箱崎の駅の区画整理っぷりはもっとすさまじく、原形をとどめない破壊っぷりだった。あの街が再生するのにどれくらいかかるのでしょう。思えば福岡に、人の交点として根付いてる駅がどれほどあるだろう?ろくに駅前商店街もない駅ばっかりだ。区画整理に失敗して野ざらしの土地をむやみに増やした駅ばっかし。人は降りても素通りするだけの、人の交点になりえない駅たち。どうなんだろう?それって。

 そういえば自分の最寄駅は福岡には珍しく最近出来た駅で、建ててすぐ駅前に文化スペースを作った。発展途上ではあるけれど。わかってる人はわかってるじゃないか、とも思ったが、そこは福岡市の外だったりするのだ。そしてその辺は10数年前まで田んぼだった。ようやく店は出来たが、全て大型店舗だ。…少し、暗澹たる気分になった。

----5/11
東京道中記(5/6)●

src="gazou/010.jpg" width="100" border="0" style="margin: 0px 5px 5px 0px; float: left;"> …気が付いたらなんでおれ、かしましのOP歌ってるんだ?
 8時間カラオケの幕開けはさすがに2時間近くライブやった後で声が出ねーよ!(苦笑)そしてラジオ収録。いやー使える音ネタ満載!!!ララさんの「チョバムアーマー?」は見事な音ネタっぷりで、16日のvoodooで使います!さすがは俺が育て(てしまっ)たお客さんたち、もう通常の3倍おもれえよユー(複数形)!

 カラオケパートでは無敵スターが延々と外し、いつか説教かまさないとな、と本気で思いました。しかし巫女みこナースやハイエンド・オタクなどを全員で合唱できるカラオケってどんなだよ!せりざわくんが横から…

 「これが、あなたの望んだ世界よ」(葛城ミサト調で)

 「ン、ン〜実にスガスガしい気分だ…」と自分のワールドにハイになりつつ2秒間だけ時を止めて後悔(苦笑)、一応2時間ばっかしその場で寝た後「聖☆おじさん」をせりざわくんと熱唱。

 朝、新宿のカラオケ屋を出ると人通りはまばら!東京で、人ごみのない街を見たのは前日のホテルの神田以来。しかしなんだか、祭りのあとのようなけだるい雰囲気が、おおよそさわやかというのを通り越して空虚に感じた新宿の朝。毎日こんななんだろうなあ。

 東京オフ、ラストは食事会…ってな訳でランチバイキングに行こう!池袋が目的地。2時間ばっかし空白の時間があったのでネカフェで仮眠、mixiでちょっぴり報告。その後池袋GIGOで、おそらくセガの基盤は持ち回りだろうから・・・天神で、voodooの下でさんざお世話になったイメージファイトに再会。連射なしで5面復活に成功。でも、7面で撃ち負けた。あとサラマンダもプレイ、3−3で没。

 東京のゲーセンに行って思ったがどこもパチスロ台に力入れはじめだしてるのが気にかかった。福岡のゲーセンが軒並みその方向性に進んで、進んだ店から先にどんどんつぶれているのです。平尾のラッキーの惨劇は忘れられないよ。どうにか、その流れが止まってくれないかなあ。トライタワーも見てて戦々恐々。

 食事会はハタボーと菊さんのカニ!これに尽きます。そこでまあ最後の機会、ということで色々会話、裏話から得体の知れない話まで…会場の人に「ドン」を作ってもらったり(写真)、ライチアイスをむさぼる飛宮くんが知り合いのミチロさんにそっくりということがわかったり…いやー、人間食事のときに本性が出るってのは本当だね!

 最後は会場前に広がる乙女ロードでドンの字からの頼まれモノ。あっさりありませんでした。マニアックなジャンルだよ!そんなのないよ!といわれたんだけどさー、あの実写ドラマって腐女子萌えを意識してると思ったけどなー…、「アストロ球団」。 

 最後の挨拶は適当でしたけど、なんか泣きそうだったので照れちゃいました。えっへん。また機会があったらやりましょう!

 その後はアキバでお土産買ったり…ま、そんな感じ?もう人ごみにも慣れてきて、福岡に帰ったあと人がいないことに耐えられんのじゃね?とか思ったり。大丈夫だバカ(苦笑)。 写真は、帰る直前の秋葉原。もはや故郷並みに恋しい秋葉原(苦笑)、あんまりにも名残惜しかったのでボギーさんに「ハイコレ東京」連れてって!とお願いしよう!お願いボギーさん!(無理か?)

 帰りの飛行機で発覚したこと。私中耳炎にかかりやすい持病があって、まめに耳内の気圧を整えなきゃいけないのですが飛行機の着陸時にかなり痛むことが判明。行きがけもそういえば痛かったが、帰りがけは肩が凝るほど痛かった。

 そんで次の日、ドンの字にお土産を渡すとうっとりした目でアストロ関係のお土産を手にして…その後二人でアストロ球団5〜7話を観た。…なんで、これの同人誌、誰も作らないんだ?お前作れドンの字!その後食べに行った遠賀町の「黒門」のラーメン(通やね)をすすりながら、やっぱ博多で麺食っとるときがよかバイ、とか思った昼下がり。

----5/10
東京道中記(5/5)●

  パソコンの電源を忘れていた(!)ので秋葉原へ朝から向かう。あんまりにも早く発見!さすが秋葉原!アキバに近い人にこれからいろんなモノが頼めるなあとか思いました。次はこのノートパソコンのバッテリーだな(無理か?)。

 

 

 

 昼、ついにオフ会開始時刻。集合では怪しげな一団(苦笑)とでもいうか、間違ったビタミンとミネラルを摂ってすくすくとバカオタクに育った人たちというか…なんつうか白野江オフ会の様子が面子違いで再現されてしまっている!真ん中の飛宮君が裏方根性を発揮して手製プラカードを!スッゲエ恥ずかしくて他人のフリをしたのは内緒だ!

 早速手土産をみんなに渡し、いったん解散。またトライタワーに出かけA−JAXに没頭中キッチンさんも合流。俺、ゲームに夢中(苦笑)。その後回転すし屋に北ノ君・ボッシュ君・せりざわ・キッチンくんで挑む。醤油がこっちでいうかけ醤油なのがちょっと残念だった。蛤の寿司ははじめていただいたがうまかった。

 その後懲りずに東京レジャーランドに移動。オーダインをあっさりクリアー、ギャラリーなし(苦笑)。そしてメロンブックスで本を物色中に他の面子といったん別れ、ライブ運営組と一路新宿へ。

 ライブは設営に手間取るもそこは元ギガのセッティング隊長。いつも大耳の即興演奏でも持っていくケーブルを間違えて苦戦したりしていて、臨機応変にやってきた男だぜ!10分押したのが癪だったものの開場に成功。さー、アヤトちゃんと風原君、サポートは任せた!PAはせりざわくん、照明は何とハタボー!ビバ某客演集団!(←そういう劇団で照明してるんですよ、彼)うまく行かないはずはないぞ、がんばれオレ。

  終演後、感無量!リッチーさんからは「サイコウダッター!」と熱い目で握手を求められ、俺は風原君の手を握りただありがとう、ありがとうと繰り返し…受付や会計をやってくれた菊さん・スポントさん・クロねこさんにただ感謝、感謝。CDも完売!ただ歌詞カードが入ってない「宇宙ドン」を買った方、メールください。郵送いたします。

 その余韻をかみ締めつつカラオケ会場までのつなぎで肉を食いに行く。あやとちゃんと積もる話をしつつ、ライブの余韻話で大盛り上がり。またやろう、できればあのバーで二年連続ね!しかし新宿、本当に人が多いや。ちょっとこの辺で軽く人酔い。そして舞台は地獄のカラオケ+ラジオ収録へ…続くのでした。

----5/9
●東京道中記(5/4)●

 博多南出発。鉄道オタクにはたまらない駅だが地元の自分には見慣れた風景。まあ、写真でも撮っておくか。博多駅から地下鉄で…そこですぐさませりざわくんと偶然合流。荷物少ねえ、せりざわくん。

 風原君と合流、お土産を物色。めんたいチョコなるチャレンジャーなものをライブ会場でふるまおうと計画。ライブ会場のリッチーさん用に黒霧島を買う。

 空港で搭乗手続きおよび、人生初の飛行機に怯える。何せ前日どこかの国で飛行機が落ちたばかりである(マジ)。せりざわくんと風原くんに散々ウソ情報を吹き込まれる(苦笑)。

 飛行機離陸はさすがに怖かったものの、やっぱり眼下に広がる景色は絶景。まあ、航空測量関係の図面とかも引いてた時期があったし興味深かった。その様子を風原君が東京着陸後「西島さん少年のような目でじっとみつめてましたよ、外の景色」と冷やかしまくり、涙目になる。

 東京到着後いったん風原くんと別れる。神田でホテルにチェックイン、その後神田駅へ。この場所が思えば一番人の少ない東京だった記憶が。風原くんおよびクロねこさん・みだれ雲さん・ボッシュくんと落ち合いいざ、ドンの字に頼まれたものを買いに六本木ヒルズへ。誰が設計したのかは知らないが、最近はこういうショッピングモール+オフィスの複合体的なものは日本中どこに行ってもおんなじで、別に感想はなし。とりあえずあたしゃ福岡の人なのでキャナルっぽかった、と言っておこう。

 渋谷へ。風原くんオススメ…というより大槻ケンヂのファンなら聖地と崇めるカレー屋さんへ。109の前で照明担当のハタボーと待ち合わせ。「どんたくから逃げてきたのに何だこの人ごみは!」が以降の合言葉に。通行人の一人が「何だこのおのぼりさんの数は」という言葉を発してたのが印象的でした。あと、動いてるガングロギャルを発見。東京でもああいうものは少数派ってことだけはよくわかった。

 その後高円寺。円盤に行って挨拶。店内ではなんと4/4のラウンジサウンズの百蚊の映像が!最前列でガンガン踊る俺とボギー氏、同行人一同唖然&苦笑!その後円盤CDやインジャパン東京ライブDVDを購入。百蚊とユニーグウエストが平積みされていました。

 新宿のライブ会場の下見まで時間があるということで、アキバへGO!トライタワーでゲーム、A−JAXに驚嘆!いきなりクリアー!ビックリ!その後パーツ屋などを見て回り、まったりしながら時間つぶし。せりざわくんガイドのアキバ散策は広さと人間の濃さに圧倒されまくり。しかし、次の日には慣れた。

 その後全員で新宿へ。新宿は…感想としてはとにかく店の音がでかい!客引きもうるさい!そうでなきゃ生き残れないのはわかった、わかったから!でも次の日にはなんとなく慣れた(苦笑)!ライブ会場を見るとなんと、新宿LOFTの会場待ちの人々であふれてる・・・そう、地下二階入り口の横のバーだったのですよ(偶然)!なんにも知らずに行ってビックリ!そしてライブ会場にて下見と打ち合わせ完了、現地妹として出演予定のあやとちゃんと待ち合わせ、そしてリッチーさんに黒霧島進呈!さあ明日はやるだけ!

 食事(新宿のお好み焼きや)、ホテル。ホテル前のコンビニで春雨スープを買ったら味がとんでもなく関東仕様!醤油を薄めたような味は確かに個性的…とはいえ、こっちのほうが多数派なのか。寝る前にテレビ見てたらラーメン屋特集の番組をやっていて、その行列を見て東京で麺食う気が失せました。福岡の麺屋は行列するくらいなら別のとこ行こう、が基本だからなー。

----5/8
感無量の気持ちで記す・オフ会雑感●

 福岡演劇界の大物の某氏から言われたことがある。

 「君のやりたいことは『オタクの王国』だよね。」

 あからさまに侮蔑を目的にすえた発言じゃあなく、めいめいの表現方法論について議論してたときの発言中だったように記憶しているのですけどね、その発せられた言葉の端っこの、ほんのちょっぴり見え隠れしたほんの数パーミル程度の斜め下角度で見下げるような視点を感じ取ったとき、ああ、福岡でこんなことをやっていても所詮こういうやからにつつかれるのがオチなんだけどな、などと嘆きながら時を過ごして幾星相。

 あたしゃ、いろんなところで表現活動をして思ったことがあるのです。一番大事なことは客を育てることじゃないかと思うのです。コール&レスポンスというやつですか。お互いのキャッチボールも出来ず、ただ客に自分の思うところばっかしを投げつけるだけの表現活動なんて、客が入れ替わりたちかわりするだけで意味があるわけないじゃん。客を大事にするというのはその代わり、それは大変な作業であり精神力がいる作業です。その重圧に耐えかねて年に一回は「やめちゃいたい」と思うことがありましたですよ。

 思えば十数年前某ラジオ局の人間から散々ファンを突き放す言動の末に自分を指さしで「こういうファンがいるからラジオってのはやりたくねえんだよ」というニュアンスの暴言を吐かれたときから始まった、「本当の意味でファンを育てるメディアを作りたい」という夢が、見事なこのオタクの王国として結実した瞬間を3日間、堪能してまいりました。

 運営は東京の人に任せた理由は、本当にもう「俺の育てた客が面白くないことなんてするわけがねえ!絶対にスゲエことになる」ってことだし、みんな本当に素晴らしい働きをしていただきました。本当に、ありがとう!お客のみなさん、参加者の皆さん、あんたらは最高だァ!『オタクの王国』、上等だよ!日本中から客集めて2時間近くライブを運営してくれたぼくの大事なお客さんたちを斜め下になんて、誰も見れねーよと心の中で自慢げに思ってください。

 でも口には出さないでね。俺が恥ずかしいから(苦笑)

----5/7
東京大成功●

 無事終了!!!

 ブッキング、などは他人任せ、しかも素人だったものの…だったものの!何と行った先は新宿LOFT・・・の真上のバー!!こんな素人的ストライクがあるかい!!またマスターのリッチーさんが最高!!そして設営にやたらとバーとかそういう劇やライブの公演を想定しないとこでばかり上演する劇団GIGA出身の人(つまり、俺)がPA的な設営を担当できる幸運。リッチーさんが「知り合いのDJを呼んで設営させましょうか?」という誘いを断って無事に開場こそちょっと押したけど、ほぼ予定時間ジャストに開演!

セットリスト。

OP 東京に上京(インジャパン)
1 宇宙サービス
2 starfish
3 月のなか
4 ポジティブシンキング(全自動リズム)

(MC)

5 ガラスの羽根
6 独裁者マーチ
7 ブルース
8 ジェット兄ちゃん

(MC)

9 誰電波
10 ダカラナニ?
11 てんとう虫
12 いい大人

(アンコール)

13 ゆめ
14 ボブスレー

(アンコール2)

15 仮面ライダーニビシ

 今回コンセプトは会場がバーだけに「ラウンジサウンズの、あの空気を東京で再現」。「お酒飲んで音楽楽しんで、てやってもらわないとボギーさんに怒られるんでー」という前説からオオクボTのモノマネ。そしてインスト「てんとう虫」ではお客さんに楽器を配ってウッドストック状態に!ラウンジサウンズオーケストラで使った鍋とペットボトルも使用!ここんとこの観た・聴いた・演ったライブのいいとこどりを、奇跡のようなバランスで遂行できた気がします。

 北は北海道・南は久留米から客が集まったすげーライブでした。また来年もあのMain Street Barでやれたらいーなー、と思いました。ボクらの拠点は「福岡」じゃありません。もはや、「日本」です。世界は相手にする気はそんなにないけど(歌詞とか日本語好きだしね)、日本中から集まった皆さんに失礼な気がするので。

----5/3
オフ前●

 いよいよオフ+ライブで東京ですよ。

 4/30の宇宙サービスはまあ、勝手が違うハコで精一杯やって、だだすべりもあったけど観た人は面白かったーっていうライブになった・・・かなあ?とちょっと首をかしげる出来になってしまって。帰りがけにうめこ先生と飲みに行ってそこでライブ・ラジオのダメ出しとアストロ球団話で大盛り上がりをしたんですが、やっぱそういうわけで軽い鬱に入っちゃったのですよ。

 で、今日。ラウンジサウンズ・アンプラグドスペシャルということで飛び入りオッケーの即興演奏をやるというので行って加わってきました!もう、最高!ライブ活動における「ホームグラウンド」の有難さが身にしみました。パワーがもらえるし、自分が何をしたいかという初心が思い出せるから。

 おかげでいいテンション。そして文三さんから「がんばって」という有難い激励をいただきました。待っててください東京。いろんなものを持っていきます。


いい大人4月

だからナニって3月

月のなか2月