発進移動原子力発電所
助けを求める民間人ケリー12月

無念トップ

----12/31
2006年総括●

 毎年恒例、うちのサイト的に今年を振り返る。
 日記もあまり書いてねーよな今年は。
 ちょっとみくしにかまけすぎかと思って来年は、できれば両方に同じ文章を載せることにします。

 5月・ぢま丼東京オフ会

 初めての飛行機はおっかなびっくりでした。そして初めて出会った人々はみんななんだか、予想通りだった感じがしました。そして初めての東京は人、人、人って印象だったですねえ。
 あの日出会った人々はみんな自分の宝だと思うとスゲー照れますね、えへへ。来年はドンの字を連れて行けたらねえ…。 

 宇宙サービス!

 秋口までのラウンジサウンズ半レギュラー化・新ユニット「テンション上がってきた」、やりたい放題宇宙プロデュースバージョンの「堕天使」など、今年はなかなかよい活動が出来ました。おおむね好評だったぶん、来年も続けるんだったらお客さんも増やしたいですね。

 「お父さんのための芸能通クイズ」5周年

 このサイトがこんなに、長く続くだなんて。
 最初にCGIを置いて稼動させたとき、「このサイトには大喜利における円楽(当時はね)の存在が要る!」とばかりにああいうスタイルにしたんですが、それと同時に「こいつは先の長い、大変な仕事になるぞ」とも感じたのも覚えています。 
 膨大な過去ログはもうこりゃ、宝です。参加、手伝いなどしていただいた方々に本当に感謝、感謝。でも相変わらず私は芸能に弱いです(苦笑)。

 いじめ自殺頻発

 ちょうど、再就職失敗で「ケッ!何が再チャレンジ政策だよ!世の中そんなに俺みたいな非主流な人間を受け入れるほど度量が広いなんて思っちゃいないけど、ここまでとは思わなかったよ!」ってな出来事があって(わりと本音)、鬱で落ち込んでたときにバンバン流れていたニュース。何のことはない、子供は大人がそうだからそうする、だからそうなってるだけだろ。議論する前に自分たちを何とかしやがれ。

 クイズマジックアカデミー3

 12月にドンの字が大ハマり、感染して異様にハマる。先日月間の九州の地域ランキングを見たら30位くらいにいてビックリした(苦笑)。ちなみにエントリー名は「ドンさま」。登録時横にドンの字がいたのでという非常にわかりやすい理由と、うちのサイトの人々が非常にわかりやすいだろうと思ってつけたカードネームです。

 じまラジ

 ほぼ土曜日の部活動として自分たちに定着。結構見えないところの努力もあって最近は音質も安定してるんだけれど、番組のクオリティ的にはどうなんだか(苦笑)。相変わらず人気は横ばい、増えも減りもしてないZe!・・・それってやっぱりどうなんだか(苦笑)。苦笑が似合うラジオ、じまラジ!
 それからこれのおかげで、福岡のインディーズに詳しくなりました。インジャパンとオクムラユウスケはヘビーローテーションだったなあ…。

 必殺仕業人V激闘編

 史上最も早いスピードで盛り上がった仕業人シリーズ。動かしやすいキャラを並べたらそりゃあ上手くリレーになるでしょう!「自分たちだけで盛り上がってるけど他の人間にはついていけてねえ」って世界観は今になってネタバレするけれどあれは確信犯です。旋風編はやるかどうか相変わらず未定だけど、やるなら14話打ち切りを俺が一人で書くというのはどうだろう?とか思いつきで書いちゃった。

 今年はまあ、いいことと悪いことの差が大きくって大きくって翻弄された年で、この年に得たものがきっとこっから先につながるんじゃないかなあと予感させられました。来年はしょっぱなに大きな仕事が待ってます。みなさんヨロシクです!

 では、来年もよろしく!よいお年を。

----12/30
発狂中●
 よくわからない演歌が凄い音量で隣の部屋から鳴り止まない(この時間に)。オフクロがCDラジカセを止め忘れて寝てるっぽいんだが、止めに行くと「昔のアンタだって」とかスゲー顔で言い返されそうで止めにも行けない。つーか、行きたくもない。

 明日仕事なんだけどなあ。
----12/28
40人弾き回し●
 無事終わりました。いやー、飲み倒した。
 あんなに楽しい酒は何年振りでしょう!
 宇宙サービスの認知度が上がってることに恐縮しまくりました。皆さん本当にお世話になりました。

 自分は「寿歌」をやったのですが、ギター一本だとホント恥ずかしいですね。プチ・オクムラユウスケさんくらいにやろうとか考えましたが、この方向性は修行が要りそうです。

 ヤマノイズ君が凄かったなあ。パオーン関係者だけわかる比喩だけど、ペーター&おんじの年間ベストテンでの名言(「これいつ頃作ったんですか?」)「今さっき」を彷彿とさせる素晴らしさでした。そしてなぜ沖田浩之のレコード!

 しかしまあギターの表現方法って本当にたくさんあるもんだと再認識。ホントみんなすげえ。ノンチェ君、すげー反則。

 打ち上げでは移動前に余裕でサラマンダ一周したり、たまの話で延々盛り上がったりといい年しててもこんな現場は楽しいもんだね。ウフフ、人生なんてそんなもんさ。
 今ネカフェだしもう出なきゃいけないので家に帰ったら、あそこで出会った方々にマイミク申請しよう。うん、しよう。

 年明けたらハイコレです。皆様よろしくお願い申し上げます。
----12/27
歯医者●
 ・・・ものすっごく痛かった。
 めっさ痛かった。がば痛かった。

 まあ、それもこれもそこまでひどくしたおれの責任。

 で、その歯医者は職場の人々御用達の名医らしく、紹介してくれた人のほうはいったん歯を抜いてもう一辺差し替えるだかしたとかいう手術を受けたらしい。
 俺の歯も多分医者が医者なら、抜かれてたろうなあ。

 ドリルを受けながら目を閉じた。
 QMAのマラリヤとドンの字が肩を組んで、「いい気味だわ」とささやいてきた幻影を見た。

 職場に帰って12時まで仕事。
 12時半に帰ったらじまラジ作業が待っているが、こりゃあ更新は一日延期だな。
----12/25
メリーQMAS●
 ドンの字と一日クリスマス・イブという予定だった。
 昼前にケーキとか食って、昼12時から・・・

 7時半までず〜っとQMA!!!
 ほとんどドンの字の意向(苦笑)。
 もう、やめないやめない。

 今、脳みそがボーっとしてます。
 「タイガージョー」「バンダ星人」「アルカノイドの自機」を少数正解したので気分は最高です。

 サッカー問題で襲い掛かるライバルに対して最近自分も自爆する可能性もある荒業・地理問題を覚えました。野球ももう少し甲子園問題が多く出たらいいのに。

 あ、「京都二中」の単独正解も最高だったなあ。
----12/22
 しでかし●

 最近、よく対バンする知り合いの人がしでかした。
 共演者の方、心中お察しいたします。

 恥を忍んで書くのですが、昔役者をやっていた頃、芝居で客を怒らせた事があります。
 迷惑になるので詳しくは書きませんが、無意識のアドリブで軽口を客に向けたのが、ご本人の尊厳を大変損ねたとの事だったのです。その表現は振れ幅なんて大きくもないはずなのに、その一人にとってはとてつもなく大きなことだったのでしょう。思い出そうにも、ちっとも覚えていません。

 それ以来ぼくは一切役者はやらない事に決めました。
 そしてうざがられても、怒られるような事をしたお客様には謝る事にはしています。

 ぼくは振れ幅の振り切れた表現が大好きです。
 だがね、やっぱりそれは振り切った先で人を傷つける事もある。
 傷ついた人に「耐性がないやつだなあ」なんて身勝手な事をのたまう自称前衛芸術家の心構えも、覚悟の上から発せられたらそりゃあもっともらしく聞こえます。だがね、そうやって失った客は、もう二度と戻りません。そして、振れ幅の大きい方法で、レスポンスをくれるのです。
 その時のお客様が間接的に自分に向けた言葉と言動は、僕にとってあまりに尊厳を損ねる事でした。

 そういう修羅場をくぐって、なお客の前に立っている自分。ぬるいだのなんだのといわれようが、あたしゃ矜持を持って表現に臨んでいくつもりです。そしてそれがそのお客様への今できうる、真摯な回答ではないかと思っています。

 彼がしでかした話を聞いて、どうももっと、そういう自分の体験や、その時の気持ちを伝えるべきじゃなかったかなと思いました。
 ぼくはそういったぶっちゃけ現場の上司的な観点で、警告を発していたつもりだったのですが、威厳のない自分の悲しさか。なんか調子に乗ってメーター振り切ったまま行っちゃったかな。
 メーターを振り切った表現は嫌いじゃなくって、以前自分たちのライブに出た時の彼の言動も実は口で言うほど(=文章で書くほど)本音では怒っていないのですが、あれより上まで暴走しかねない彼の興奮っぷりと周囲の賛美には辟易していた感があります。

 フランクな文章で端的に書くとさあ、たまにやるからすげえおもしろいんだよ、ルール破りは。毎回それやってみろ、お縄を頂戴するぜ?ってことがずっと言いたかったのですけどね。不快に思われた方々の振れ幅の大きいレスポンスは、即ちそういう事になるんじゃないの?正直呆れてついていけませんね。

 私は上の話では、結構現実に屈辱と試練を味わいました。もちろん臥薪嘗胆の気持ちで宇宙サービスを何とかここまで持っていけたのは、この経験があるからと自負しています。
 あまりネット上の日記で感情的な意見を書くのは嫌いなのですがあえて書きます。ちょっと考え直して欲しいです。

----12/20
シンクロニティ!●
 今日はそういえば、亀田対ランダエタの再戦の日だったっけ。
 今頃両選手とも、互いの相手に対する恐怖を打ち消すべく精神集中に励んでいることだろう。
 さぞ、怖いだろう。
 満員のスタジアムの中で、それに恥じない試合をしなくてはいけない己との恐怖。

 …で、僕のほうも今ものすごい恐怖と戦うべく精神集中に励んでいます。
 19:30から、壮絶に年季の入った虫歯の治療に行ってきます。

 ボクもがんばるから、絶対チャンピオンになってね!ランダエタさん!(←そっちかよ!)
----12/18
開通式●
オフ忘年会、非常に楽しかったであります。
本当にみんなありがとう。

でもね、昨日おとついと何かおかしかったと言われ続けたのはそれもそのはずで、奥歯にトンネルが完成致しましてオフ会の間中ミュータンス菌の皆さんによる落成式が行われてたんですね。
昨日の晩から今日の朝にかけて本気で、死ぬかと思いました。

オフレポはゆっくり書きます。
----12/15
会社面白トピックス(1)●
 「君の名前は小梅太夫な」

 異様に滋賀の人とは馬が合う私ですが(ちなみにサンプル個体数は二人)、突然机越しに何の脈絡もなくこんなボケを投げてくる人はやっぱり凄いと思う。

 その後君のコードネームは「小梅」「太夫」のどっちがいい、という話に終始して残業は11時半近くまで及んだ。

 これから3〜4月までこんなトピックスが続々増える予定。昼QMAも含めて、楽しみだー(苦笑)。
----12/14
急に多忙●
毎日まあ残業三昧のアットホームな職場なんですが、困った事が。
27日のラウンジサウンズのギター練習が時間がありません!
うまくやれなかったらやですねー、ちゃんとした曲やる予定だし。

ちなみに唯一自分で弾ける自作の曲「ほぎうた」をやります。二年前に芝居でつくった曲ですが、人前で歌った事は余り無いのでは。出番は5〜6番目です。

後、ハイコレもタイムテーブルなど決まりました。
ここは忙しいけれど、パワーがもらえる職場だからな。がんばります。
----12/11
チャーリーとチョコレート工場●
 この前堕天使の打ち上げにと勇んで行ったブラボーの2階に、微妙な人数の先客がいて。
 で、しばらくすると2階から、その集団の一人が連れてきてた子供の泣き声が。しかもこれが尋常じゃない。もう、大泣きというか何かに怯えた泣き声だ。

 ブラボーという店は居心地がいい上になぜかDVDが上映されているのですが、その日は「チャーリーとチョコレート工場」。たらみ氏が観に行って、同席した子供のほとんどが泣きべそをかいていたという優れた教育効果のある映画だ。

 チョコレートが、その子のトラウマになりませんように。ラーメンが、その子のトラウマになりませんように…いや、っていうかそもそも深夜に3〜4歳くらいの子供を飲みの席につれまわすのはどうかとも思わんでもないけど。
----12/10
【堕天使】とりあえず、ありがとう●
 いやはや、大成功でした。

 大将がブースにいて、俺がMCってスタイルがもう息が合いすぎてるね。もう、客前ってことを忘れるくらい素で話してるもの。
 暴れん坊なアレはきっちりクリアを果たしたんだけど、何気にこっちもキリーと俺のMCの相性がバッチリだったってこと。こっちは面白いMCという点における相性かな。

 らんちゅうくんは出る前から最初のうちはやや緊張してたんだけれど、あのパキスタンの歌に入ったときの狂気は凄かった。あのぐいぐいと引き込まれる流れは、是非活かして頂きたい。

 UNIT AAの上演会もキリーと俺の掛け合いメイン。っていうか、ジョジョネタのマニアックな話して笑いが取れる客層だよ?やっぱあの芝居面白いわー。次はエノさん・キリーで呼ぼうかな?(苦笑)あの客層はみんな、次の芝居は見たいと思ったろうね。

 大将+マリィさんでお客さんもゆっくり出来る感じだったか。そこまでがオタクなジェットコースターに乗っかって訳わからないところへと連れ去って行ってる感じだったしね。しかしマリィさんの絵もやっぱりどっかしら引っかかるところがあって、不思議な空間だったなあ。そして大将の選曲と森さんのリアクション!

 で、森さん。いつもと客層の違う、初体験の人が多い中でのガムテープ男はやっぱり何度も見ている中で起きないことの連続で、その起きないことにきちんと対処しながらも自分の表現を曲げない。出来るこっちゃあないし、堕天使という自分のイベントの切り番がこの俺主催の毛色の変わったイベントでもそりゃあ変わらないさ。ブラボー森さん。

 で、宇宙サービス。
 大将のバカレコパートで流すはずだった面白画像の使い道がなくなっちゃって、宇宙サービスでかけたのだけれど前半はまあ結果あっちに多少食われた感じが否めないね。だからこそ燃えた。

 1 宇宙サービス
 2 中村・宇宙の彼方に
 3 (新曲)asahaka
 4 (新曲)Unuseless GABBAR Kick
 5 ブルース
 6 starfish
 7 ボブスレー
 8 いい大人

 最後、「いい大人」で合唱が起きたときはもう燃えたね。このバンドもいいバンドになったなあ、と思いました。ハイコレに向けて、いい感じでいけそうです!

 一時期はもう、イベント主催なんてしないとか思ってたけれど今日は、やっぱしやってよかったと思いました。そう、やる前は二度とするかと思うもので、やった後にはまたやりましょうってなっちゃう、そんな感じかな。
 今日来てくれた物好きのみなさん全てに感謝!
 最高にハッピーです。
----12/8
【堕天使】いよいよ明日!●
■堕天使ポエティーク VOL20
「宇宙サービスと森さんとおっきいお兄ちゃんたち」■

12/9(sat) OPEN19:00 Start19:30
 at うたごえライブPUBカンターレ 
 福岡市中央区西中洲1−40 MARUGEN49 207
 1000YEN + ONE DRINK
 
なお、店内はかなり狭いのでメッセ又は出演者へ携帯・メールで予約してください。ある程度人数が確認できたら立ち見になるかもよって予告します。

☆DJ大将+韮山マリィ(DJ+アート)
福岡が誇るゾンビ級レコードコレクター大将が、大将名義最後で大暴れ!プロジェクターではイラストレーター・韮山マリィ氏の作品を上映。古レコードを漁る古本屋の、古紙の匂いを思い起こさせるそんなひととき。

☆ジマオ&ネオ「バカゲー寄席」
人んちで飲んでて「俺、こんなゲーム持ってんだけど観る?」とばかりにバカゲーを詳しい解説とともに見せられて、おまけにやたら上手いプレイを見て笑い死ぬ・・・大好評第二弾お題目は伝説のカルトバカゲー「暴れ・・・」(←微妙にシークレット)。プレイヤーはニシジマオ(宇宙サービス)と切口健(Holebrothers)。

☆森耕(ガムテープ男の詩)
堕天使ポエティークの元締。孤高のカリスマ詩人。「参加型詩の朗読」という他の追随を許さず、かつ分類不可能なパフォーマンスはもはや福岡表現界の至宝。ガムテープの裏に秘めた狂気さらに奥に秘めるのは・・・

☆UNIT AA(演劇)
切口健(Holebrothers)率いる伝説の劇団ユニット。今回は去年3月行なわれた「雲虎」のダイジェスト映像を上映予定。おびただしい数のカルトなパロディーの横溢!君はいくつ元ネタがわかるのか?

☆らんちゅう(お笑い)
前回「新旧ガムテープ男対決!」とばかりにオファーを出したパフォーマー。その時は事情で果たせずも奇跡のような縁で再オファーに成功!現在はお笑いに転進、新進気鋭!

☆宇宙サービス(テクノ歌謡)
今回もプロデュース&司会進行、福岡一とらのあな福岡店で「ハルヒ?知らないよ?みくるビームなんて知らないよ」という台詞を吐く姿が似合う、あくまでお兄ちゃんと妹という設定コンビのテクノ歌謡ユニット。来年1月にはハイコレ80・新春オールスター大新年会にも出演決定、がんばって波に乗っちゃいます。
----12/7
キャラ萌え論●
 ヤバイ、ハマった。
 完全にQMAにいかれちまったらしい。
 マラリヤのぬぼーっとした声が頭から離れない。
 天神でキリーにチラシ渡せないものかとGIGOに行ったはずなのに、気付いたら「水土は予習倍増!TS天神店」でカード差し込んでたよ(苦笑)。ドンさま大活躍。

 ふっと考えた。
 マラリヤは今までの自分のキャラ萌え暦(そんなのあるのかよ、って突っ込みは後ですること)では割と自分の中では王道なのだが、キャラ萌えというのは基本的に非現実的な愛であるが故、非常に自己愛に近いもので。
 自分が女性だとしたらこうありたいという具現化とクロスオーバーしたキャラクターが、大抵萌えキャラとなることが多かったりするのでは、と考えた。

 ちょうど大耳の宮下君が面白いことを書いていたのだが、あふりらんぽというバンドのライブ評で「男というものはかっこよく、可愛いものにあこがれるのです」という名文があって、世の萌えキャラと呼ばれる女性キャラクターたちのプロフを読んでいくと実はどっかしらに、男性が自分に求めるかっこよさがあったりするんです。

 そう考えるとさらにだ、現実に付き合ってるドンの字は…(以下、あえて略)。
----12/5
QMA・俺だけ正答●
 「データイースト社のゲーム『トリオ・ザ・パンチ』のプレイヤーキャラの忍者の名前は?」
 …ってのが出た。
 正答は俺だけだった。そりゃ、ねえ。

 今日は天神にチラシまきにいったのですが元ギガのうめのともっちんに遭遇(!)堕天使来て欲しいなあ、うめの。
 ついでにゲーセンに行くつもりだったのに、ついでの比率が8くらいになったのはいうまでもなく。
 結局QMAとサラマンダ三昧でした。久しぶりに3−5到達。目指せ、3周。
----12/3
ドンさま来日・イン佐賀●
 マジアカのカードを作りました。

 で、早速いっちょう2度ほど優勝してきましたが、作ったのがなぜか遊びに行った佐賀でねえ。
 佐賀って遭遇率低いだろうから、きっといろんなモニター越しから「佐賀はないだろ!初めて見たよ!」ってツッコミがきたんじゃないかとか思いました。

 モニターの中のドンさまを操って、俺をほっぽって回答しまくるリアルドンさまは、どっちも変わりませんでしたねえ。何か、雰囲気が。
 実物がもうちょっと体型が細くなってくれたらと思いました。
----12/2
曲作り+演出プラン練り●
 宇宙サービスって難しいバンドなんだなあとか思った。

 音楽的にはダンサブルと思えば変な歌謡チックにも進み、時折シリアスな曲をやって、だね。
 と思えばステージングでは新加入のてっちゃん含めて演劇的パフォーマーの組み立てが出来る面子が二人いるから、やっぱりそっちの要素を考えてある程度作らなきゃいけない。

 何曲か歌詞が出来たんだけれど、使えそうなのは半分かなあ。曲→歌詞→パフォーマンスって順番で出来てくれると楽しいけれど、自分って曲は曲の脳じゃないと出来ないし、歌詞は歌詞の脳じゃないと出来ない。そしてパフォーマンスは舞台上じゃないとできない。(ついでにいうと絵も絵の脳じゃないと出来ない・苦笑)

 麺と具材とソースが別々に出来上がったパスタみたいなもので、さあてどう絡めようかと思案してるところです。

 今度曲だけ持って行って、秘密の場所でまた練習しなきゃな。

 てっちゃんと二人で演出プランを練っているのですが、二人で爆笑しています。風原君はいつもどおりで、てっちゃんはディフォルメされた裏方キャラをやろうと計画中です。よく考えたらあの照明の色替えパフォーマンスなんて極めつけだよね!さすが照明家協会!(本人曰く実務だけあって試験受けてないらしい・苦笑)
----12/1
アイタタ●
 メタルラックを組んでたら、支柱の一本が落下して足の小指に直撃。打ち身ならいいけどヒビ行ってるかも知れない。粉砕骨折までは行ってなさそうだ、曲げられるから。

 足を怪我するときは、自分の進む道が間違ってる警告と先人に教えられている。

 いつもそうだが足を怪我すると転機が来る。そして、何かをよく失う。
 今度は何を失うのかしら。

 しかし寒がりでよかった。靴下はいてたから。

自由の女神11月

ポール・バニヤン10月

金星ムカデ9月