さよならぼくはもういなくなるよ
さよならぼくはもういないよ8月分

夜のトップ


 8/31

 メールアドレスが変わることになりました。いやーんです。
 さようならライコス、きみのことは忘れない。微妙に検索結果が揺らぐことが多かったライコス…。
 
 ***解散決定記念たまコーナー(解散まで)***
 たまコーナーにばっちり入れ忘れてる『パルテノン銀座通り』。半分わざとです(あの音がなあ…)。


 8/30

 ライブやってきました。
 いやー色々とあったのですが、打ち上げの話がかなりおもろかったのもあり、えのきの話もあり。
 ライブのほうは静のライブをやろうと思って、宮崎健司くんと一緒にやったのですが…やっぱ上手い人と組むと楽です。あれこれ指示しなくて済むしねー。キドイチとかあれとかさー。ゆったりした曲や歌詞がほとんど出来てなかった曲とか(苦笑)中心だったのですがまあ、いいライブだったのではないかと。結構高く評価していただいて、くうき以外の別のブッキングに入れてくれるかもという淡い期待がそこに(苦笑)。
 まあでも、「汽車には誰も乗っていない」のカバーはいい仕上がりでありました。あのライブでオープニングに何故「ソウル・コックリさん」をかけたかは永遠の謎です。
 んで、この日のくうきのワンコインシアターはえのき岳。
 万丈さん・キリーが出てるので、観に行きましたよ。
 なにげに照明のブースに、件の人(3月と4月の日記参考)もいて、ドキドキもの(苦笑)でしたが。
 ツッコミどころがいちいちマニアックなところがここの持ち味だとは思うんですがねー。楽屋ネタやるにせよ、ツッコミどころがやっぱ深すぎるし。つーかさ。あの三月の公演のときの没曲をここで使うかね(苦笑)。
 その後、打ち上げに突入。
 プロシュート兄貴(生ハム)なんぞをいただきつつ、万丈さんやえのきの人々といたってマニアックな方向性のお話を繰り広げ…。
 菊がやってきて、「なんか話したいらしいよ、ファンの人なんだけど」と二人連れの方を紹介してきました。
 そっからがもう。
 たまに酔っぱらって、変にリミッターが無くなったまま訳のわかんない事を思いついてはしゃべり散らすプログラムが作動するのですが、まさにその状態。
 そして、ブルースを作る約束(永遠の)をしてきました。うーん。
 そうそう、しこたま酔っぱらって気持ちよさそうにしてたように思えたあの打ち上げ会場でしたが、件の人のほうを見ないようにヒヤヒヤしてたのは内緒です。
 
 ***解散決定記念たまコーナー(解散まで)***
 「石のまこ…あ、間違えちゃった、『石の街』」あんたこの小ネタどう思う。


 8/28

 ギガ路上芝居。
 キドイチが書く脚本はやっぱりドライで、そのくせ世界に向けてなにかを叫ぼうとする時は必要以上に自分をアピールしようとする。今日はその辺が冗長過ぎたかなー。なんか、集中力が切れちまったよ。
 終わったあとだべるという雰囲気は久しぶりだったでありますが、もし次回があれば是非という話に。まあ、ようは欲求不満溜まりまくりって訳やね。お楽しみに。
 
 ***解散決定記念たまコーナー(解散まで)***
 「鐘の唄」が一曲目だったライブがあったなあ。地方ファンには珍しくってさあ。


 8/26

 ライブの練習と称して、深夜にセッティング。
 車で20分かかるところまで、眠気をおして出かけると…
 携帯忘れてやがった。
 まちあわせはパーな上、練習が潰れちまったよ…どうなんだか。
 
 ***解散決定記念たまコーナー(解散まで)***
 他人の受け売りなので信憑性がどうかは知らんが、イカ天3週目は本当は『かなしいずぼん』をやるつもりだったらしい。


 8/20,21,22,23,24

 ぞっとするくらい不調。
 しかしまあ、押尾祭りは凄いものがあったですな。
 そんなこんなで、このサイトも3周年です。
 アクセス数はもう、気にしてないんですが「身内感」がなれあいになりかかってる現状は何とかせねばいかんかな、とかぼんやり思ってたりしますが、まあ焦る必要もなく。
 まーこのサイトの基本(っていうか書きこんでいただく人とかの基本)に、「まず自分を含む一人の人間におもしろいと伝わるものを」ってのがあって、まあそれでやってきたのですが。その真実は見失っておりません、今。まあ、正直に言えばマニアックなものをやっていながら、なにも知らない人を巻き込むことが可能じゃなきゃあ、と思うのですよ。
 ただこの場合、はなっから「マニアックなものなんてわかる人しかわかんないだろ?」とこちらの意図に見向きもしない御仁も現れるのですが…。
 ごめんなさい、そんな御仁はとっととお帰り下さいませコンチクショウ(BGM:負犬の唄)。はなっから負け犬ムードだったのだ(サンタナ談)。
 まあ、こちとらもマニアックなことで引きつけるという手法はあくまで『その先の本質に触れていただくための手段』といいますか、いそぎんちゃくの触手のような役割であるのであります。もちろんこれが主役になってしまっているのなら本末転倒でありますが、そんなところまで解釈出来るかどうかという方々には確かに難しい命題かもしれませぬ。ちょこっと、身内(ネット外)の自分に対しての批判のなかにそういうのがあったので、あたしゃこういうスタンスでやってるという事で。ちなみに本質はって?内緒だ。
 
 ***解散決定記念たまコーナー(解散まで)***
 「しおしお」の『かなしいずぼん』は、結構気が狂いそうになる。


 8/19

 ハチに、例の本を貰ってせりざわくんに渡したりしたのですが…。
 そりゃ、俺なんざシスプリ触りもしてませんからねえ、そうなる事はアンダースタンドしてましたが…俺だけ見事に、妹への愛がなさすぎ(苦笑)。
 同じ要領で、鍵ものの本を作ってみるというのはどうか。いやだめだ。
 
 ***解散決定記念たまコーナー(解散まで)***
 「猫をならべて」がなぜか大好き。


 8/18

 いやはや、コミケでハチのブースに来てた方々、誠にサンクスです。
 是非クロねこさんは、ゆかりんが出てたか確認のうえレポートお願いします。
 あのビデオには実はハチとおれが出演してたりしますが…。
 まー、結論としては、いつか江戸に出て「江戸さ出てこねばえがった…」とからくり人のモノマネをせねばならんのでしょうが。
 
 ***解散決定記念たまコーナー(解散まで)***
 「冥王星」のアコーディオン抱えながら必死にピアノのほうに向かう柳原さんはすてきだった…気がする。


 8/15

 柳川行は、どんちゃんとの共通意見でまれに見るバイオリズムの悪さ。
 理由がやっぱりあったようで、世の中やっぱそんなもんかと思いましたとさ。
 正直ぞっとしたよ…。
 
 ***解散決定記念たまコーナー(解散まで)***
 さよなら人類の間奏のアドリブ歌詞は、たまに着地が微妙な回があったなあ。


 8/14

 雨のおかげで、予定していた遠出を大幅に予定変更。
 んで昨日のこともあるってんで、少しばっかし柳川で堀川バスの路線図を見て帰りました。
 いやー、存命中に乗ってみたかったなあ、沖の端線。
 あんなクソ狭いとこ通ってたのか!
 そこで、あげまき(おつな二枚貝)買って帰りました。からし酢みそで檄!健康!いそぎんちゃくもありましたが、えらい大量に入ってたので流石にパス。
 
 ***解散決定記念たまコーナー(解散まで)***
 「ウララ」のピアノバージョンは、すっごく音源化して欲しい。カセット版がどっかいっちまったよう。


 8/13

 ライブのブッキングをしてきました。くうきプロジェクトの10月ということなので、あくまで構想なのですがキドイチ以外の人を呼んでたまの曲4曲をやろうかなと思っていたりします。一緒にやりたい人がいたら、生楽器でやってもいいんだが…。ちなみに『どんぶらこ』ならギターが弾けるぞ(苦笑)。
 んでギガですが、まずここで速報の告知。

 劇団ギガ第13回公演「ハレルヤ!」
 場所:甘棠館Show劇場
 日時:11月14日(金)19:30〜
     11月15日(土)14:00〜18:00〜(二回)

 福岡ではわりかし小劇団に使われることも多い(ホールブラザーズもやってた)甘棠館。ここはいい劇場ですよー、本当に。まー何と言っても福岡たま、というのもありますが。足達ヒデヤさんバンザイ。
 そんなこんなでギガの打ち合わせと菊ちゃんの誕生会をこなしたあと、会社の人が天神で飲んでたので合流。色々有意義な話をしておりました。おれのひそやかな研究仮題「バス路線変遷史学(仮名)」は相当のものであるということを知りました。一辺論文形式にまとめてみようかなあ…。
 
 ***解散決定記念たまコーナー(解散まで)***
 ナムコの「ピストル大名の冒険」というゲームの初期ネーミングの1位は「らんちう」である。


 8/12

 「みんなきてKOIKOI」見て不安になったので、スパイウェアを駆除してみました。もちろん3桁いたのには笑いましたが…今まで全然残らなかったキャッシュ分のファイルが激増。どれだけ容量食ってたんだか。そういやウイルスには本当にみなさん参ったようで、福本サイトの方面は軒並み大変のようでお見舞い申し上げます。
 「みんなきてKOIKOI」といえばこういう経験はみなさんも経験があるかと思いますが、「いいサイトがあるぜ」とばかりに教えたサイトで友人が荒らしたり、宣伝厨やったりするというアイタタな事柄に近い出来事があって、私めもとんと書きこんでませんねー。洞窟の間には結構いるんだが…。ちなみにキドイチには、絶対におもろいサイトなんぞ紹介する気になれません。
 
 ***解散決定記念たまコーナー(解散まで)***
 一番最初に携帯の着メロにしたのは「『夏です』と一回言った」だった。


 8/11

 この俺の「ムーディー・ブルース」で謎を解くッ!
 てな訳で、フランクの歌の謎を解いてきました。
 やっぱり、店員さんの手製でした。
 ドリフの替え歌になる辺りのセンスが最高にすてきなので、皆さん是非行って聴きに行くように、セブンイレブン太宰府吉松店。太宰府コミュニティバスまほろば号吉松共同施設前バス停そば。
 
 ***解散決定記念たまコーナー(解散まで)***
 昔知り合いが「まちあわせ」の替え歌「げりあわせ」という最低な替え歌を披露し失笑を買った。


 8/10

 久々にブルースを録音しました。
 その時、体にある異変が。
 あれだけ職場でも汗をかかず、熱中症に陥って大変な俺の体が、汗でびっしょり。
 いつも舞台上だけしか汗をかかない故に健康管理も兼ねていた舞台に、登る数も激減した以上。これは大変だなあとか思っていたのですが。
 そんなわけでこれをブルース健康法と名付け、これからも定期的にがんばりたいと思います。
 
 ***解散決定記念たまコーナー(解散まで)***
 「ひげのある暮らし」はチープだがよくできた名曲だと思う。


 8/9

 いや、沙奈川さんから頼まれた原稿を書かなくちゃならなくって。
 電源入れて、一番最初に開いたのが「ベストプレープロ野球」。
 …じゃなくって、今度こそ原稿。
 …次は、「たまのある暮らし」データ作成。
 …じゃなくって、次こそ原稿。
 …次は、どんちゃんに電話。
 …じゃなくって、次でなんとか完成。
 …しかし、シスプリ一回もプレイせずに書いた作品に仕上がりましたが大丈夫なんだろうか…。
 
 ***解散決定記念たまコーナー(解散まで)***
 イカ天の五週目のビデオ見せてもらった時、真っ青になったなあ。何で「まちあわせ」ここでやるかァ〜?


 8/8

 キドイチ、無事アクセス禁止。
 っていうか、最初からわかりきってたシナリオでしたが。たくさんの人が集まる中で野放しにするってのはやっぱり危険な賭けでしたねー。っていうかねえ。
 彼が昔「福岡演劇の今」という独断と偏見による批評サイトで、自作品がこき下ろされてるのを観て「こいつらはこんな所でワーワー好き放題に勝手にやってろって言いたいですよね。もう馬鹿じゃないかと」的なことを言っていたのですが…。
 自分の署名をして、何らかの文章を発表する。その発表するの目的がなんであれ、それは「表現物」として扱われる訳です。たしかどこかの裁判の判例にあったよな、ってなうろ覚えですが、「掲示板の書きこみ」もそれに含まれるそうであります。
 さて、便所の落書きだろうがなんだろうが、署名した以上は「表現物」として少なくとも、自分以外の人間一人以上にに何かしら働きかける義務が発生するってことを、忘れてはいないかしら?それも、君は自称表現者とかいう人種のうちでないと言い切れて?悪趣味な息抜きに耽るサラリーマンのような、はたまた本分を忘れた悪ふざけの過ぎる学生のような。彼らには許される言い訳は、きみには通用しないと知ることが君をステップアップさせるであろう…にやそ。
 自分の署名でホームページを作ったり、ネタを投稿したり、その他。一見ルールに則ってやっていて気持ち悪い連中に見えるかもしれないネットの人々、ひいてはお客さんと呼べる人々は、明らかにきみの居る次元のはるか上にいることを思い知っておくべし。
 
 ***解散決定記念たまコーナー(解散まで)***
 酔っぱらって聴くとたまは最高に効くぞ。ぐにゃあ〜(福本調)


 8/7

 職場での話。
 「いやーアイツがさあ、蟻が好きでな?」
 「へえ、それ結構意外ですねえ」
 「毎日休み時間になっても現場で蟻眺めてるんだよ。」
 「あれ、結構見飽きませんもんねえ」
 「んでずーっと蟻ばっか眺めててさあ、現場の終わりの日に…」
 「あー、かわいそうですもんねえ、埋め戻されるもんですし」
 「いきなり殺虫剤とライター持って来て全滅させてなあ。
 ホット・ショット2を思い出してしまった。「全部爆破するんだ。」
 
 ***解散決定記念たまコーナー(解散まで)***
 大昔たまの替え歌で「ラジアメ」に出たことがあります(実話)。


 8/6

 現場にものすごく綺麗な虫の死骸を発見。なんだろうなあと思ってたら、なんと銀蝿のでした。
 …侮ってはいかんなあ…。
 夜、出会い橋に行ってルースマンの芝居(路上ゲリラ芝居)を観に行きました。
 やたら歌の上手い人が混じってるなあとおもってたら、先日のくうきプロジェクトの時に対バンした人だったことが判明。…あの時そそくさと帰ったからなあ(ミニオフしたかったし)。ちなミニ芝居のほうですが、五味くん(焼酎を探していた声の人)の動きがいいなあ。
 そして万丈さんと色々と裏話取り混ぜて語り合う。就職先が忙しくなければ、の断り付きで吉川さんとルース芝居の楽隊で仕事させてもらえるかも。うれしいであります。しかも西鉄ホール…大丈夫か、おれ。
 
 ***解散決定記念たまコーナー(解散まで)***
 おれが観に行くと必ず「はこにわ」でギターの弦が切れてたなあ(苦笑)。


 8/5

 万丈さんから言われた事ですけどねー。
 「君の演技は…一言で言えばヘタウマやね」
 といういつもの一言のあとこんなことを言われたのです。
 「なんか普通の役者さんってのは『俺を愛してくれーっ!』的な感じでやるんだけど、きみの場合は『愛して…くれるかな?』って一歩引いてるんだよね。その枯れた感じがいい」
 そう言われれば人生、俺引きすぎです(苦笑)。
 コミュニティー型サイトをやってるのに宣伝をほとんどしない我がサイト。そういう控え目さが良いのか、はたまたもっと努力すべきなのか、ああ。
 そうそう、キドイチが書いた脚本が部屋から出てきました。
 やっぱ天才ってのは社会的な何かをおっことしてるものである事を痛感しましたが(要は面白かった)、とりあえずネットマナーをこれから身に付けるように。
 
 ***解散決定記念たまコーナー(解散まで)***
 一時期の九州北部のたまのライブには、たこてんの常連さんが大挙して来てたという事実。


 8/4

 昼休みに、いつもはいかない方向のコンビニに行ったですよ。
 ATMに行かなくちゃならなかったし、カイジが見たかったので。
 んで、行ったらえんえんと後で、素人のお笑い芸人の掛け合いみたいなのが流れてるんですよ。
 「さんね〜んB組〜、フランク先生〜!」
 なんだこりゃとか苦笑して聞いてたら様子が何か変。
 「♪好き好き好き好き好きっ好きっ、ふっらんくっ♪「原曲:一休さんOP」)」
 「フランクさま〜お元気で〜す〜か〜♪「原曲:一休さんED」)」
 「とにかく飛びきりのフランクさ♪(「原曲:ロマンティックが止まらない」)」
 しかも曲が終わると「ブツッ!」という懐かしい音が。
 これって…もしや…とか思って音源のほうをみると、なんとラジカセのエンドレステープ。
 …。
 ……。
 ………。
 セブンイレブン吉松店の方、もしここを見てたら、今度「フランクのブルース」作るので、それを店内で流して頂けないでしょうか。
 
 ***解散決定記念たまコーナー(解散まで)***
 例の人にキチガイみたいに言葉の暴力で追いたくられていたあの時期、心の支えにしてたのは「学習」でした。きみをゆるしてあげるよ、ぼくのために。


 8/3

 一日トップをいじくってました。
 ジュリアに傷心で。
 そういや2日は浮羽町と星野村に遊びに行きましたが、凄くいいところでした。星野村といえば高級茶葉の産地で、至るところにグリーンティーが売ってありワタクシ何度「グリーンディ!」とかモノマネしたやら(苦笑)。
 
 ***解散決定記念たまコーナー(解散まで)***
 きっかけは12年前。うめこ先生がはまっててさあ…。


 8/2

 たま、解散らしいとのこと。
 去ってしまった者から受け継いだものはさらに先に進めなくてはならない。
 ただ、こんな時くらいしか、クールな立ち振る舞いと何事にも深くいれこまず、平穏に生きることをモットーとするような生き方を選ばなかったことを悔やむ瞬間はないのです。
 悔やまないはずはありません。
 しかし『覚悟』はしてましたがね…。それはさびしい強がりですけど…。
 しかしまだたまが活動中のうちにあの芝居『学習』をやってよかったかな…。


 8/1

 やっと夏が来ました。
 そういや以前クイズでみだれ雲さんから「KBCラジオのイベントで田村ゆかりが出てたやつ(1996年のオールナイト3P)の詳細を気にしてます」とかクイズで書かれてたことがあったのですが…あれのビデオが何故かあるんですよ。…要返却ですが、ハチに託して貸そうかなあ…。


こんなきれいな夜のなか7月分

こんなきれいな夜なのに6月分

さよならってだれにいうの5月分