俺は下水溝の住人
ザリガニと世界の汚物と4月分

ネズミやらアヒルやらトップやら


 4/30

 今回の芝居はキリーがまたしても客演で来ておりまして。
 色々と小ネタを話す機会が多いのですが。そこで話してた話。
 マライアキャリーのラジオCMってありますよね。
 「マライアキャリーが日本の皆さんにメッセージを」ってやつ。
 んでマライアキャリーが英語で話しだすんですが…
 「Hello yellow jap, my name is Michael Jackson」
 吹き替えの声がそこに綺麗にかぶさって「はい、マライアキャリーです。」とか言ってたらおもろいだろうなあ。


 4/29

 ええと、先月の日記を一言二言手直ししました。事実誤認のやつね。
 っていうか蒸し返すのはどうかとは思うんですが、あのとき日記にまで書くに至ったのはやっぱり…
 嫌がらせが、本当に関係ない受付に手伝いに来てたうちの劇団の女の子にまで至ったという事実なんだな。
 些細な事でも、逆恨みに基づいた行動は過ちを招くということですな。教訓。
 ちなみにこの事実を書かなかった理由はなんといっても彼本人の名誉のためだったりしたんですが、考えて見たら俺武士でもないのに武士の情かけてどうするって気になったので、書いちゃおう。


 4/26

 はるばる行ったぜ、呼子町。
 あんまりにもあんまりだった(でも19日にも書いたけどおれはそこまではないんだが)というあの飲み会のショックを引きずってはいかん、ということで、せりざわ・baneちんを引き連れどんちゃんを音響担当にして行ってきました。
 んで、持ってきたテープがここんとこのコサキンなんですが。
 かかった曲が。
 「大巨獣ガッパのテーマ」。
 ガァッパァ〜〜〜〜〜
 ガァッパァ〜〜〜〜〜
 ガァッパァ〜〜〜〜〜
 ガァッパァ〜〜〜〜〜
 なんだこれは!
 つーか特撮おたくのこのおれがなんでこんな素晴らしい楽曲を知らんのだ!
 まさに登山家の恥!
 そんなわけで行き帰りはずっとこの歌が頭を離れず、どんちゃんをして一言
 「聴かせなきゃよかったよ」
 というくらいせりざわくんと歌いつづけましたとさ。
 ところでここの隣の隣町(玄海町)で、昔の知り合いが駄菓子屋をやってまして。近くまで来たというので、足を伸ばしてみました。
 原子力発電所の横を抜け、ガイガーカウンターがガーガーいう中(注・悪質な冗談)玄海町メインストリートに突入。駅こそないのですが(未成線ならある)、まるで「AIR」のようなたたずまいの町のまんなかにあったですよ。駄菓子屋。
 早速突入。
 顔を出す店主。
 「まあ、なんてことを!」
 飲んでるし〜(昼間から)!
 うまい棒をしこたま買って、ラムネ飲んで帰りましたが、よくもまああんなところから出て来たんだな…と思うとビックリです。コカンチョコチョコズ。また、たまのライブで逢おうぞなもし。


 4/25

 免許の更新に行って来ました。今度の写真はマシなのが撮れてひと安心(苦笑)。
 ゴールド免許ゲットだぜ!


 4/24

 久々に出席、ギガ。なんか欠席したアップルはギャラが出たそうで、断らなきゃよかった(苦笑)。しかしまあそんなこんなで、また怒涛の日々が押し寄せそうであります。ただ5月なので不安は一杯ですが。毎年なんかあるからなあ…。
 大名の青年センターで、あのキドイチが写真展を開いております。
 おれの写真も四つくらいあって、なかなかいい感じ。
 是非見に行ってくださーい。(5月中旬まで)


 4/23

 遠まわし遠まわしで書いてたのですが、やっぱしどうもなんだかと思う訳で。
 …っていうか、あんまりにもみなさま怒ってるサイン出し過ぎなんで…。
 事が起こらない内に釘を刺しておこうかと思うのですが(当事者全体に)。
 なんでもやって許されるという訳じゃない。
 その辺を自省することこそ肝です。
 禁忌を侵す、羽目を外す、規範を笑う、などなど。
 何故そういったことを誰もやらないのかを、先に考えてからそれをしましょうね。
 そしてそれが自分にしか出来ないことだと感じたなら、その道を突き進みましょうぞ。
 それから単純な話ですが、好き放題なことをしたあとは結果が良かろうが悪かろうが慎重にね。


 4/19

 いやはや、ふさぎこみがちかつなんにもせずのんべんだらりんと過ごしてる西島さま(いきなり不遜な態度)。この引きこもり精神状態から脱却すべく、飲みを敢行したわけですよ。
 参加者は大将・せりざわ・bane・DJみかん・ハチ。
 これにどんちゃんと一緒に望んだわけですが。
 いや〜…
 凄かったですよ。
 ハチの酒乱っぷり。
 いちいち覚えていないんですが、マイケルジャクソンのモノマネが標準装備になってるというところで、まずお察しいただければと思います。
 そして、芸能通クイズで見せるアッラーアクバルの絶叫。
 そしてからむ!食う!叫ぶ!叫ぶ!からむ!のみまくる!
 みるみるうちに引く周囲!他の客の注目!
 …いやー、いいもの見させて頂きました。
 おれ的にはOKですが、周囲は完全に引いてたようでハラハラドキドキしっぱなし。
 なんか、悩んでたのが馬鹿らしくなってきたので、まあ自分的には成功です。
 …みんなは怒ってるみたいだったが…(苦笑)。
 そうそう、おれの方もオフラインでは流石にぶっちゃけ話し過ぎ(苦笑)。あの人のあんな話やこの人のあんな話やらあれの裏事情やら…。聞きたい人は是非、次回のオフ会で。


 4/11

 そんな空いた時間ということで、地下帝国に行った帰りのサブカルで何故かグラディウスWにチャレンジ中。
 しばらくやってなかったので不安でしたが、泡をコンスタントにクリア出来るようになりました(絶賛低レベル)。モアイ面は上に向かうのがよいのか、ふむう。平日の夕方にやってるので、上級者の方でアドバイス出来る方がいらっしゃったら声をかけて下さい。(いるかなあ)
 そういやここにはゼクセクス(横シュー・1993年コナミ・コンシュマー未移植)があるのですが、昨日久々にあのクラブもどきまで到達。やっと色々と思い出したが…6面の隠しアイテムってどこだったっけなあ…(高速スクロール中に二つあったはず)。
 サブカルでいつもGGXXリロードを観戦してるのだが…入る余地は次に新キャラが増えてからかなあ…。
 そういやサブカルの裏にあるカフェは、ギガ御用達の店だったりします。前ここでやった「サロメ」の打ち上げの半分以上を寝てしまった苦い経験が…(苦笑)。


 4/10

 日記を書いてて、やっぱし本音というのはその日のうちに書くのが基本かなあと痛感したわけで。
 そう考えるに至った発端は四日にほうにも書いたバンドメンバーの日記だったりするのですが。
 「今になってあの時のあのひとの気持ちがわか」ったって、ちっとも幸せにはなれないのです。
 せいぜい、「きみを許してあげるよ。ぼくのために」とつぶやく事しか出来ないのですよ。
 うーん。そんな感じで日記を書く気分になれないまま一週間近く経ってしまったのですが、まあ、それもよし。
 雑餉隈のバラモンラーメンの新味・キムチラーメンが凄絶に美味かったり(本当)、色々なことがあったのですがそれはさておき。
 日記モチベーションもそうですが、まあいろんな挫折も含めて「自分は何に駈り立てられてきたのか」感に満ちてきたようですわ。ええ。しかしまあ「この時が永遠に続け」…と思える瞬間が確かにあるうちは、それを守るためにもう一踏ん張りしなくてはならないのですがね。
 そんなわけで表稼業に精を出しております。やってる事はまあ測量なんですが。地下帝国は自然が相手なので、原始的な測量をいっぱいやる機会があって勉強になりっぱなしです。
 そう、最近周囲では「女難」が続いてるようで、この女難というやつはやっぱし厄介だなーと痛感してみたりしたわけですが。変に燃え上がってしまうと、人間関係取りかえしのつかない事にしちまうもんなのだねー。しかも当の本人たちはその異常さに気が付かないまま暴走しちまうわけだし。ちょっと最近色々とあった事象ですが、なんか結局そこに行きつくんだよなあ。どんなに言い訳を繰り返したり、強がりを言われたりしたとしてもね。自分も気を付けねば。
 さて、劇団ですが5月公演は出るかどうか、まだ半々。「学習」みたいに是非ともやろうって気分にならなきゃでないかも…今、やっぱモチベーションが。制作の人が仕事をほっぽって休団しちゃうみたいなので、やる気も出ないってもんです。所詮、ボランティア気分だったか。…原因は多分おれなのだが(苦笑)。


 4/4

 いやー、昨日現実のことをつらつら書いたあとなんですが、昔のバンド仲間のHPをのぞいて見たんですよ。そしたらいっぱい昔話が書いてあって…
 昔のバンド時代の自分に赤面。
 だめじゃん、俺。
 っていうかだめだろ、それは。
 つい三週間前の自分にすら赤面するのに、どうもなんだか。
 もう、おなかいっぱい。
 …やっぱ現実かな(苦笑)。
 今だに、希望は何一つないのですが。最小限すら立ちまわれないほど、凄絶に不器用なもんで。動き回るたびに敵が増えるさまはまるで、ガントレットの最高レベルのごとし。(知らんだろ、それは)
 …あ、そうそう敵が増えると言えば、えのきでの話なんですが…
 俺的にはキリーのあのすてきブラックジョークは…よくやるよなあ、あの場所でっ…!(何を言ったかは掲示板2のほう参照)彼にはもっとすごい前科があったりするのでキャラ的には全くOKというのがまたすごいのですが。


 4/3

 うーん、そろそろですかねえ。
 ちょこっと、悩むことにします。
 大したことはやれてないのですが、やることやっちゃった気分がここまで高まっちゃってると、厳しい。しかも失敗で終わっちゃった気分が高いしねえ…。
 …まあ、いいでしょう。結果的に失敗したとはいえ、厳しい評価を与えられる場所でやったということは大きいものです。アマチュアにありがちな、どっかしらに「○○にしてはすごい〜」的な、作り手に逃げ口上が存在する場所でぐだぐだやり続けていた自分への戒めと致しましょうぞ。ええ。
 …んで、ここで止めたら逃げかなと思うが、現実的には厳しいのである…まあ、そんなところですか。まあ、戦って斬り死にしたんだからいいんじゃないか説もありますがね。うーん、現実。ぎゃふん。っていうかやっぱりそうだろ、現実。うーん。


 4/2

 そうそう、先月のあの件といえば(苦い思い出が甦る…ぐっ…)さやちゃん。受付を手伝っていて嫌がらせを受けるという活躍っぷりの彼女との会話。
 「ニッシーのホームページ、おかあさんが爆笑しとったよ」
 (おれ)「…どこで?」
 「有名人の顔がいっぱい描いてあるところ」
 …すごい審美眼だ…ナイス母親!
 えのき、ネット上の評判が…で私としても心苦しい限りです。
 今回の失敗は必ず血となり肉としなければ、榎本さんに申し訳が立ちません。
 立ちあがれ、ガンダム(二番)。


 4/1

 黒猫の桜井さん(仮名)がおなかが大きくなってることが判明。
 メスだったのかという驚きとともに一言。
 「やっぱ12匹産むのかなあ…(注・無理)」


ザッツ・ライト3月分

常夏の国の2月分

男なら女一人に1月分